backpack_matome_main

私がバックパッカーでプチ世界一周した旅の記録まとめ。

東京で消耗していたwebデザイナーの私が会社を辞めた2日後にバッグひとつで旅にでた記録をまとめました。

日本を東に出発して38日間で7ヶ国を旅し、西から帰って来た記録です。

旅での学びやアドバイスをnoteに書きました。
会社員を辞め旅に出た私の学んだこと、これから旅に出たい人に伝えたい8つのこと | note

日本出国(初日)

最初の目的地のハワイには関西国際空港から出てるSCOOTで行くことに。
ピーチで関西国際空港にトランジットして出発しました。(ピーチは割愛)
関西国際空港 → ハワイ旅券メモ
kix_hnl
関西国際空港→ハワイ
航空会社 SCOOT
便名 TR700便
出発地 関西国際空港(KIX)
出発時間 18年10月2日7:50PM
目的地 ダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)
到着時間 18年10月2日9:00AM
フライト時間 8時間10分
時差 -19時間
料金(総額) 26,075円
予約で使ったサイト スカイスキャナー

アメリカ編

この旅の約2/3はアメリカ。ハワイからニューヨークまで、合計24日間の滞在です。

ハワイ・ワイキキ

ハワイ関連記事

時差:-19時間
ハワイにまず寄りました。
ワイキキビーチ近くにAirbnbのキャンピングカーで泊まる!というイケイケなことをしましたが実際は、、笑
3日滞在し、深夜便でロサンゼルスへ。

ハワイ → ロサンゼルス旅券メモ
hnl_lax_img
ハワイ→ロサンゼルス
航空会社 ユナイテッド航空
便名 UA534便
出発地 ダニエル・K・イノウエ国際空港(HNL)
出発時間 18年10月4日8:46PM
目的地 ロサンゼルス国際空港(LAX)
到着時間 18年10月5日5:10AM
フライト時間 約5時間30分
時差 3時間
料金(総額) 27,830円
予約で使ったサイト スカイスキャナー

カリフォルニア

アメリカの中でもカリフォルニアは行ってみたい場所が多かったので多めに日程を割きました。
自分が好きなものってカルフォルニア発のものが多い。住みたいです。

ロサンゼルス

ハンティントンビーチ
ラグナビーチ
ベニスビーチ・サンタモニカ

時差:-16時間
ロサンゼルスは行きたい場所が多かったのでタイトなスケジュール。ほとんどビーチでダウンタウンやハリウッドには行ってません。
移動はほぼUber。もう少し長期でいくならレンタカーの方が良いかもしれません。
6日目にロサンゼルスからシリコンバレーのお膝元、サンノゼまで飛行機で移動。

ロサンゼルス → サンノゼ旅券メモ
lax_sjc_img
ロサンゼルス→サンノゼ

航空会社 デルタ航空
便名 DELTA5683便
出発地 ロサンゼルス国際空港(LAX)
出発時間 18年10月11日11:25AM
目的地 ロノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港(SJC)
到着時間 18年10月11日12:40PM
フライト時間 1時間15分
時差
料金(総額) 約6802円($60.20)
予約で使ったサイト スカイスキャナー

サンノゼ以降、ニューヨークまで陸路で移動です。

サンノゼ(シリコンバレー)

シリコンバレー関連記事
言わずと知れたシリコンバレーを抱えるサンノゼ。
ロサンゼルスから北上してサンフランシスコに入る前に位置しているので、サンノゼ空港に降りてシリコンバレーを見ることに。

サンフランシスコ(前半)

サンフランシスコ関連記事

サンフランシスコ空港で高校の友人と合流し、1週間弱一緒に旅をします。

ヨセミテ国立公園

日本のツアーを友人が予約してくれ、2泊3日のツアーに参加しました。
ヨセミテ国立公園はサンフランシスコから車で4時間の位置にあります。東京と長野ぐらいの距離感です。

サンフランシスコ(後半)

友人を送り、ニューヨークまで大陸横断する準備をします。

アムトラック大陸横断

サンフランシスコから3900kmを陸路で移動するカルフォルニア・ゼファー号でシカゴまで。ネバダの砂漠やロッキー山脈を抜けるめまぐるしい絶景を楽しめる名物列車。この旅の山場のひとつです。

アムトラック旅券メモ
californiazephyr_route_img
サンフランシスコ(オークランド)→シカゴ
鉄道会社 Amtrak
便名 CALIFORNIA ZEPHYR
出発地 Emeriville Station
出発時間 18年10月17日9:10AM
目的地 Chikago Union Staion
到着時間 18年10月19日14:50PM
運行距離 3,924km!
乗車時間 51時間20分!
時差 2時間
シートグレード Coarch Seat
料金(総額) 約37,177円($329)
予約で使ったサイト Amtrak公式サイト

飛行機よりは高いですが、レンタカーと比較すると安いかと。

時差:-15時間

時差:-14時間

シカゴからニューヨークまでは直行便はなく、ピッツバーグで一回乗り換える手段で行きました。

アムトラック旅券メモ
chikago_pittsburgh_img
シカゴ→ピッツバーグ
鉄道会社 Amtrak
便名 Capitol Limited
出発地 Chikago Union Staion
出発時間 18年10月19日6:40PM
目的地 Pittsburgh Amtrak Station
到着時間 18年10月20日5:05AM
乗車時間 約9時間半
時差 1時間
シートグレード Coarch Seat
料金(総額) 約8,136円($72)
予約で使ったサイト Amtrak公式サイト
4日間シャワーを浴びれずたどり着いたニューヨーク。感慨深いものがありました。
アムトラック旅券メモ
pittsburgh_new_york_img
ピッツバーグ→ニューヨーク
鉄道会社 Amtrak
便名 Pennsylvanian
出発地 Pittsburgh Amtrak Station
出発時間 18年10月20日7:30AM
目的地 New York Penn Station
到着時間 18年10月20日16:55PM
乗車時間 約9時間半
時差 1時間
シートグレード Coarch Seat
料金(総額) 約9,153円($81)
予約で使ったサイト Amtrak公式サイト

ニューヨーク

ニューヨーク関連記事

時差:-13時間
皆の憧れの地ニューヨークには6日の滞在。
現地在住の知人にお会いしたり観光したりヨーロッパに入る準備したりで意外と忙しかったです。
ニューヨークには6日間滞在。ヨーロッパのスケジュールはニューヨークに来てから全て立てました。JFK空港から北欧ノルウェーはオスロへ。

ニューヨーク → ノルウェー旅券メモ
jfk_osl_img
ニューヨーク→ノルウェー・オスロ
航空会社 ノルウェー・エアシャトル
便名 DY7002便
出発地 ジョン・F・ケネディ国際空港(JFK)
出発時間 18年10月25日22:05PM
目的地 オスロ空港(OSL)
到着時間 18年10月26日11:25AM
フライト時間 約7時間20分
時差 6時間
料金(総額) 21,609円
予約で使ったサイト スカイスキャナー

北欧編

ノルウェー・オスロ

時差:-7時間
笑えるぐらい物価が高い&イタリア人のルームメイトに日本語を教えたのが思い出のオスロ。

オスロ→隣国スウェーデンのストックホルムは飛行機で移動。電車で移動が一般的のようですが直前すぎて空いてませんでした。

オスロ → ストックホルム旅券メモ
osl_arn_img
ノルウェー・オスロ→スウェーデン・ストックホルム
航空会社 ノルウェー・エアシャトル
便名 DY4112便
出発地 オスロ空港(OSL)
出発時間 18年10月28日11:00AM
目的地 ストックホルム・アーランダ空港(ARN)
到着時間 18年10月28日12:00PM
フライト時間 約1時間
時差
料金(総額) 9,962円(77.83€)
予約で使ったサイト スカイスキャナー

スウェーデン・ストックホルム

ストックホルム関連記事
ストックホルムから隣国フィンランドの首都・ヘルシンキには初めての船での国境越え。
タリンクシリアライン旅券メモ
スウェーデン・ストックホルム→フィンランド・ヘルシンキ
フェリー会社 タリンクシリアライン
便名
出発地 ストックホルム: Värtahamnen
出発時間 18年10月30日16:45PM
目的地 ヘルシンキ: Olympia Terminal
到着時間 18年10月31日10:30AM
航行時間 約16時間45分
時差 1時間
シートグレード エコノミー
料金(総額) 18,360円
予約で使ったサイト ダイレクトフェリーズ

フィンランド・ヘルシンキ

時差:-6時間
北欧でもフィンランドは1時間時差が。ヘルシンキのホステルで日本人の方達と話してなかったら時差1時間に気づかす次の日のフェリーを逃すところでした。

ヘルシンキ→エストニア・タリンはまたフェリーで移動。バルト海はフェリーでの移動が結構メジャーなようです。

バルト三国編

エストニア・タリン

タリンでは1泊ですが移住した日本人の運営してるホステルに滞在。エストニアの事情を教えてくれました。
タリンからリガまではLUX BUSで移動。

ラトビア・リガ

夜までどんちゃん騒ぎだったリガ。ナイトライフが楽しめそうな街でした。

リガ→ヴィリニュスもLUX BUSで移動。

リトアニア・ヴィリニュス

ヴィリニュスのみ、帰国前の準備も兼ねて少し長めに滞在しました。
先進的な部分・世界文化遺産地区・退廃した建物が散見される街でした。

帰国編

トランジット(ベルリン・ウィーン)

時差:-7時間

トランジット(インド・ニューデリー)

時差:-3.5時間
1日ありましたがチキって空港で大人しくしていた1日。

日本

時差:0時間
無事大きなトラブルもなく帰国。

この旅に関連する記事

旅の持ち物

シーズンが秋だったので東南アジアなど暑い地域に行く方には要らないものもあるかと思います。

一眼レフを持って行く時の注意点

海外旅行保険は楽天カード付帯のものを

何も起こらなかったので使いませんでしたが、海外旅行保険は楽天カード付帯の海外旅行保険を掛けて出発しました。

旅の予算

旅の予算は総額約80万円でした。
現金17万を都内でドルに両替し、現金の減りと残りの日程を考慮しながらカードを併用して使いました。

この旅に関連する記事を更新したらこのまとめページにも掲載して行きます。

Translate