keen_together_mask_main

KEENのマスクは調整も洗濯もできるタフなマスク!【最速レビュー】

アメリカのアウトドアフットウェアブランドのKEENより、洗濯して何度も使えるマスクが登場しました。アウトドアブランドが手掛けるマスク。気になりますよね?

はじめまして!プチ世界一周したWebデザイナーのHojo Hikaruです。

一般的な感覚でKEENのマスクの着け心地、使用感等どうなのか、客観的な目線でレビューしてみました。購入したいマスクなのかどうか検討できます。

KEENのマスクは調整も洗濯も可能でタフでエコ!なマスクです!

KEENのマスクをレビュー!

keen_together_mask_img22
運良くブラックのM/Lサイズを1つ購入できました。私はKEEN公式オンラインストアから購入しました。

2枚入りで1,540円。1枚770円の計算で「マスクとしてはちょっと高いかな」と思いましたが、洗えて繰り返し使えるなら元は取れそう。

KEENのマスクは日本語記載なし

keen_together_mask_img21
KEENのマスクは日本仕様というわけではなく、外箱は全て英語表記。

世界的なマスク不足を解消すべく、各国向けに作ってる場合では無かったのでしょう。

KEENのマスクはタイ生産

keen_together_mask_img20
KEENのマスクタイ生産と表記されています。タイってアメリカや欧米諸国と比較してもコロナの患者数少ない国の一つですよね。タイ生産のアウトドアアイテムは今は一般的なので問題ないでしょう。

KEENのマスクはエコ包装で入っている

keen_together_mask_img19
外箱から開けてマスクを取り出してみましょう。

keen_together_mask_img18
マスクはビニールに包まれていないいわゆる“エコ包装”でした。

最近はエコ包装が普及してきていますが、マスクは口に触れるものなので一度洗濯はした方が良いでしょう。

KEENのマスクはコットン素材100%の素材

keen_together_mask_img9
マスクと一緒に簡単な説明書が付いています。KEENのマスク部分はコットン100%。

keen_together_mask_img12
コットンといっても色んな生地感がありますが、キャンバス生地に近い雰囲気のコットンです。面裏共にコットンで縫製されていて、おそらくコットンの二重構造。しっかりしてます。

KEENのマスクは転売禁止の記載がある

keen_together_mask_img8
説明書にはマスク転売を警告する文言が記載されています。
コロナ蔓延からマスクの供給不足と同時に、マスクや生活用品の転売も問題とされてきました。今はメルカリなどのフリマアプリもマスクの転売は禁止されています。

マスクの説明書に転売禁止と記載されているのは1年前は考えられなかったですね。。必要な分のみ購入しましょう。

KEENのマスクはアウトドアブランドらしいタフな雰囲気

keen_together_mask_img15
「おお、カッコイイ!」

主張しすぎないモノトーンのロゴも良い感じ。無駄な色が無いシンプルなデザインが使いやすくて良いですね。

マスクは白い使い捨てのマスクしか使ってきませんでしたが、これはカッコイイ。

KEENのマスクのサイズ感は大きめ

KEENのマスクのサイズ感ですが、MLサイズは大きめな印象でした。

大人の男性でもほとんどの人は紐の調整が必要でしょう。グローバル展開できるよう身体の大きな欧米人も使えるような設計なんだと思います。

後述しますが、マスク本体は洗うと少し縮みます。

KEENのマスクはぴったりつけると正直苦しい!

keen_together_mask_img11
しっかりしたキャンバス素材なので正直通気性はイマイチです。

ぴったりつけると正直苦しいです。高所トレーニングでもしてるような気分。逆手に取れるアスリートの方は向いてるかもしれませんが。笑

KEENのマスクは紐を調整すると快適に使用できる

keen_together_mask_img13
KEENのマスクがフットウェアを手がけるメーカーのプロダクトらしいところは紐が調整できることですね。

大人の男性でもほとんどの人はクリアの筒のパーツで調整が必要でしょう。

ポイントはちょっと緩めに調整すること。

伸縮性のあるゴム(スパンデックス)の伸縮も想定してちょっと隙間ができる程度に調整するのが良いでしょう。

長時間着用しても耳が痛くならないよう、調整できるのはのは嬉しいですね!

もちろんクリアの筒や結んだ箇所が耳に当たることも無いので心配無用。快適な着け心地に調整できるのがKEENのマスクの最大の魅力と言えるでしょう。

KEENのマスクは洗うと苦しさも軽減!

keen_together_mask_img5
KEENのマスクは洗濯するとコットンキャンバス生地が少しくしゃっとなります。

このくしゃっと縮むおかげなのか、細かな隙間ができて洗う前に比べ呼吸しやすくなりました!

KEENのマスクは洗うと結構縮む!

keen_together_mask_img1
一つを洗濯して、洗濯前と比較してみましたが、KEENのマスクは洗うと結構縮む印象です。

keen_together_mask_img2
一度洗わないで外で使ってみて、洗濯後のものを着用してみたら着用感がだいぶ変わりました。

keen_together_mask_img4
洗濯前と洗濯後の比較。これ同じサイズのはずなのですが、5mm前後サイズが縮んだ気がします!

keen_together_mask_img3
顎側の端を合わせて重ねてみると一目瞭然。縁のスパンデックス1本分近く縮んでいます。

KEENのマスクの洗濯方法

keen_together_mask_img10

KEENのマスクの洗濯は服と同じでOK

洗濯方法は普通に洗濯機で洗えば問題ありません。

私は日々の服の洗濯と一緒に洗濯しました。気になる方は手洗いの方が良いかもしれませんね。

KEENのマスクを買うメリット

keen_together_mask_img7

・繰り返し使えて環境にも良い
・マナー用兼ファッションアイテム!
・幅広くサイズ調整できる
・ひとつでローテーションできる

KEENのマスクを買うメリットは繰り返し使えること。マナーにしつつファッションアイテムとしても使えること。顔の大小を問わずサイズ調整できること。ひとつで2枚入りなのでローテーションして使えること。がメリットかなと思います。

私個人的にはアウトドアブランドのKEENが出してるマスクというテンションへの影響が1番大きいです。笑

KEENのマスクのマイナスポイント

・マスクとしては高め
・呼吸がしづらい
・体調が悪い時は使用しない方が良いかも
・ブラックは色落ちの可能性あり

KEENのマスクのマイナスポイントというか気になる点を述べます。

まずはマスクとしては少し高いですよね。二枚入り1540円で一枚770円換算です。

洗濯して多少呼吸がしやすくなったとはいえ、普通の使い捨てマスクよりは呼吸がしづらいです。運動時は高所トレーニングになると考えてください!

あと使ってみて感じたのが、KEENのマスクはあくまでマナー用で、自分が体調が悪い時は向いてない印象。

少し隙間を作る=菌が外に出てしまう恐れがありますから。飛沫を飛ばさないためには有効ですが、自分が体調が悪い時は医療用のマスクを使う方が周りにも良い選択だと思います。

最後にキャンバス素材ということもあり、ブラックのカラーは使ううちに色落ちしそうかな〜と少し懸念しています。

ナチュラルホワイトやグレーの方が色落ちを気にせずに長く使えるかもしれませんね。

KEENのマスクはどこで買える?

keen_together_mask_img6

購入できる場所
KEEN公式オンラインストア
楽天市場
・KEENを取り扱っている実店舗

KEENのマスクは人気に供給が追いついておらず、入荷してもすぐ売り切れの状態が続いている様子。KEEN公式オンラインストアのほか、楽天市場で数少ない店舗が取り扱っている様子。Amazonは今は取り扱いが無いようです。

近隣にKEENを取り扱うアウトドアショップがある場合は、もしかしたら実店舗の方が入手しやすいかもしれません。

KEENのマスクレビューまとめ

keen_together_mask_img16
KEENのマスクは調整も洗濯も可能でタフでエコ!なマスクです!

マナーとしてのマスクの着用をファッションとして取り入れつつつ、繰り返し使えるマスク。

KEENのマスクはノンメディカルマスクなのでウイルスを除去する等の効果はありませんが、withコロナ時代の新しい相棒として使えるアイテムだと思いました。

ゲットするのは少々大変ですが、入荷を見逃さないようにアンテナを貼り続けましょう!

【閲覧ありがとうございました】
「この記事参考になったよ!これからも頑張って!」と思って頂けたら、Twitterをフォロー、又はいいね・RTをよろしくお願いします!

HHOJOアウトドア一覧へ