mysteryranch_urbanassault_main

ミステリーランチのアーバンアサルトは名作。【魅力を大解剖します】

ここ最近のミステリーランチブームの火付け役といっても良い、ミステリーランチのアーバンアサルト

旧型アーバンアサルトでミステリーランチに入り、3Zipの使いやすさに惚れ、ミステリーランチと共に旅にでた私が現行アーバンアサルトの魅力を大解剖!したいと思います。

結論からいうと「都会でのバックパックには非常に優秀」だと思います!

マイナーチェンジした最近のモデルはより使いやすく、オススメです。

この記事のもくじ

ミステリーランチとは?

mysteryranch_logo_img
ミステリーランチってなに?と疑問な方に簡単にご紹介します。

アメリカ合衆国・モンタナ州ボーズマンで発祥したバックパック専門ブランド。バックパックデザイナー・デイナ・グリーソン氏が立ちあげ、米軍にも採用され実績はお墨付き。ミリタリーや消防隊などの“最も過酷な環境”で任務を遂行するプロフェッショナルから認められた機能性が魅力のブランド。快適で安定したキャリーシステムを開発し、耐久性、機能性共に最高品質を求め日々改良が続けられている。厳しい品質管理のためメイドインアメリカを貫き、ファンも多い。

上記の説明でもわかる”“なバックパックブランドです。コアなファンに愛されてきましたが近年方向転換をして、トレッキングやデイリーユース向けのプロダクトを多く出すようになりました。生産拠点をアジアに移し、値段もリーズナブルになり手頃に。ですが徹底された品質管理と培われた機能性は生かされてモノづくりが続けられているので、機能性は非常に優れています。私はそんな方向転換した後のミステリーランチがお気に入り。

今まで使用したことのあるミステリーランチのバッグがこちら。

ミステリーランチ使用歴
アーバンアサルト
Java
クーリー40L
インアンドアウト
スリック
ブーティバッグ(リップストップ)
ブーティーデラックス
3Day Assault CL
ゾイドバッグ(S,M,L)

アーバンアサルトから入ったのですが、アジア産でも機能は十分だしアーミー過ぎても日常で使えないし、、と、最近の丁度良いラインがお気に入りです。

ミステリーランチ・アーバンアサルトのスペック

容量 : 21L
重量 : 1.3kg
寸法 : 58cmx34cmx25cm
素材 : 500D Cordura
生産国 : ベトナム
使用例 : デイパック
カラー : 現在16色
引用:ミステリーランチ公式サイト

mysteryranch_urban_assault_img5
今回紹介するアーバンアサルトは現行モデルでカラーは“TPUブラック”です。ブラックで探していたらたまたま発見したのでTPU素材の方を買ってみました。並行輸入品ですが、日本の正規取り扱いにも入るのかも?
ちなみに旧型のアーバンアサルトは手放してしまったので手元にはありません。(後悔中)

mysteryranch_urban_assault_img18
ベトナム製です。

ミステリーランチ・アーバンアサルトのおすすめポイント

私が考える都会での生活でおすすめなポイントを挙げていきます。

アーバンアサルトはシンプルな外観で都会にマッチ

mysteryranch_urban_assault_img31

ミステリーランチ・アーバンアサルトは他のミステリーランチと異なり、とにかく外側に余分な機能がありません。これが非常にスタイリッシュ。一般的にミステリーランチのモデルは外側に拡張性のあるウェービングベルトや、コンプレッションハーネス、ハーネス類が充実していますが、アーバンアサルトはほぼ省かれています。

mysteryranch_urban_assault_img6
唯一ボトム部分にウェービングベルトがついていますが、ボトム部分は見られることがないため、外観はとにかくシンプルです。
3Zipの機能のみが伺えるシンプルなデザインで洗練されています。

アーバンアサルトはPCスリーブで都会での生活が快適

mysteryranch_urban_assault_img14

発売当初のアーバンアサルトにもPCスリーブはありましたが、なんとも言えないゆるいPCスリーブでした。ですが、最近マイナーチェンジが行われてPCスリーブが改良されました!

PCがマストアイテムな私にはかなり重要な機能だったのでこのマイナーチェンジはだいぶ好印象。アーバンアサルト初期のモデルはミステリーランチらしいさはあるけど、アーバンライフにはあと一歩、、という印象だったのでより地位を確固たるものにしましたね。

mysteryranch_urban_assault_img17
PCスリーブの前にはドキュメントスリーブもあり、iPadなどのタブレット端末、書類、充電器など多用途に使えるスリーブがあります。A4サイズの雑誌が入るぐらい、深めのスリーブがあります。

アーバンアサルトは3Day譲りのポケットで小物を収納!

mysteryranch_urban_assault_img10
上部に小物ポケットが一つ。これはミステリーランチの3Zipのモデルにはほぼ付いてます。

mysteryranch_urban_assault_img20
左右にジッパー付きのメッシュポケットが二つあり、多くなりがちな小物類を収納できます。これ、意外と他の3Zipモデルにはついてないです。アーバンアサルトよりはるかに高いスイートピーでもメインコンパートメントにはポケットがありません。
似たようなクーリー25L、スクリーなどにも付いてません。フラッグシップにあたる3Day Assault CLには付いてるので、上位モデル譲りのポケットです!

アーバンアサルトはリフターストラップで微調節可能

mysteryranch_urban_assault_img7

流石にエントリーモデルなのでミステリーランチのお家芸でもあるフューチュラヨークシステムは採用されていませんが、代わりにリフターストラップというショルダーハーネスの上部に設置されたストラップで、背面に合うように調節ができます。
これで調整するだけでもだいぶ快適になります。スリックやJavaには無い機能です。

mysteryranch_urban_assault_img26
ショルダーハーネスは厚みがあり、肩への負担がかかりにくいです。しっかりメッシュなのも嬉しい。

アーバンアサルトの評価で見かける「細長い」はメリット?

mysteryranch_urban_assault_img5
結構レビューで見かけるのが「縦に細長い」という意見。確かに縦に細長く、”さなぎ”みたいな形をしています。笑
ですがこの細さが都会の通勤・通学ラッシュで前に抱える時、スリムなので幅を取りにくいと思います。

実際に満員電車で通勤していた頃に実感した、個人的な感想です。

アーバンアサルトは18Lもあり小柄な方にも◎

最近アーバンアサルトには弟分的な18Lのモデルが出ました。縦長っぽさがなくなり、コンパクトで可愛らしい。荷物が少ない方や、女性・お子さんには適したモデルです。ポケットやPCスリーブなど機能はそのままに少し小さくしたモデルです。3Zipモデルの使いやすさを体感できるはず。

ミステリーランチ・アーバンアサルトの残念ポイント

欠点は少ないのですが、外側の機能を省きすぎてボトルポケットもない、ということぐらいでしょうか。あとは21Lは1泊以上の外泊、出張には少し小さいかな、といった印象です。

とはいえ3Zipでガバッと下まで開けられるので、パッキングの工夫&その人の日常の荷物によるかもしれません。

あくまで都会での移動を想定したシンプルな作りです。

ミステリーランチ・アーバンアサルトの使い勝手Q&A

アーバンアサルトのY字ジップの使い方は?

mysteryranch_urban_assault_img21
開け方ですがまずY字のジップの真ん中を掴み、上に引いていきます。「そんな雑なやり方なの!?」と最初は思いますが正しい開け方です。笑

mysteryranch_urban_assault_img22
個体によっては生地同士の裁縫部分で少し開けにくい場合があります。

mysteryranch_urban_assault_img23
これで蓋はあけられました。小物を取り出す場合はこれで十分な場合がほとんどです。

mysteryranch_urban_assault_img12
そして真ん中を下ろせば、ガバッと開いてザックの下部に詰めたものも容易にアクセスできます!

アーバンアサルトはアウトドアやハイキングには使える?

私見ですが外側に何も機能がないので何かあるたびにバックパックを開く必要がありそう。ウェービングベルトがあれば暑くなった時にソフトシェルを外側に軽く取り付けたり、ボトルポケットがあれば飲み物もすぐ取り出せたりしますが、少しシンプルすぎる気がします。

「どうしてもアーバンアサルトがいいんだ!」という熱狂的な方はアウトドアユースも考えているなら旧型がおすすめ。3L多い24Lですし、別売りですがウエストハーネスを取り付けることもできるので、山行中もより軽快な足取りで前に進めそうです。

アーバンアサルトはビジネスやスーツ・仕事で使える?

黒をはじめとした落ち着いたカラーであれば問題ないと思います。ウェービングベルトが付いてるような、アーミーなモデルだと合わなそうなので、アーバンアサルトぐらいスッキリしたデザインですとビジネスユースも全然行けそう。バックパックを背負ってるスーツ姿の人も多く見かけるようになりましたよね。

アーバンアサルトはチェストストラップを外せる?

mysteryranch_urban_assault_img28

アーバンアサルト購入時、チェストストラップは付いていますが、取外し可能です。「都会ではいらないかな〜」と思い私は外しています。

アーバンアサルトはメルカリでいくらで売れる?

7,500~14,000円の価格帯が多そうです。(メルカリざっくり調べ)

綺麗な状態ならメルカリなどのフリマアプリで1万円前後で手放せると考えて良いでしょう。

ブラック・コヨーテ・カモ柄など定番カラーはリセールの値段がつきやすいのでオススメ。

ミステリーランチ自体、良いバックパックブランドとして認知されているので売りやすいですが、その中でも圧倒的に知名度が高いので手放す時も売りやすいと思います。

特に旧型のオレンジタグは今では希少。綺麗な状態で持っておくと値段がつくかもしれませんよ〜。最低でも14,000円〜で売れると思います。

旧型アーバンアサルトとの違いは?

旧型と現行モデルはいくつか違いがあります。

オレンジタグ

旧型アーバンアサルトの大きな違いとして最初に挙げられるのが、オレンジタグです。主張の少ない現行のタグも悪く無いですが、所有感は旧型のオレンジタグの方がありますね。

容量が24L

旧型アーバンアサルトは容量が現行モデルより3L多い、24Lです。マイナーチェンジ後の現行モデルを手にした時に「小さくなった?」と感じたのは勘違いではなかったようです。

ウエストハーネスのスリーブ

mysteryranch_urban_assault_img9
旧型アーバンアサルトには背面下部にオプションで取り付けられる、ウエストハーネスのスリーブがあります。現在はこのウエストハーネスも販売してないので中古で手に入れるしかありません。

現行モデルはスリーブがなくなっているので取り付けることはできません。

mysteryranch_java_img9
画像はJavaの背面ですが、旧型アーバンアサルトには同様の隙間が設けられています。

PCスリーブ

旧型の方が良い意見も多いアーバンアサルトですが、PCスリーブに関しては現行モデルの方がしっかり作られています。

ミステリーランチ・アーバンアサルトに近いバックパック

アーバンアサルトに近い、アーバンユースのモデルも紹介しておきます。
良いバックパックがたくさんあります!

ミステリーランチ・アーバンアサルト18L


アーバンアサルトの小型版です。記事内でも紹介しましたが、女性や荷物の少ない人にぴったりなモデル。

ミステリーランチ・アーバンアサルト24L


19年FW登場の新しいモデル。21Lのアーバンアサルトを容量拡大したモデル。PC側コンパートメントはデイバックのスリックやリップラックに近い構成。
PCコンパートメントを大事にしつつ3Zipの使いやすさを堪能できそうなモデルで気になってます。

ミステリーランチ・ワンデイアサルト


ミステリーランチの小型バックパックの代表格。値段はびっくり5万円台と非常に高いですが、Made in USAでフューチュラヨークシステムが採用されたかなり攻撃的なモデル。アーバンアサルトはこのワンデイアサルトをベースに開発されたといって良いでしょう。

ミステリーランチ・フロント


19Lで27000円とアーバンアサルトより小さく高いですが、フューチュラヨークシステムが採用された無骨さが残るバックパックです。
ウェービングベルトやボトルポケットがついた、アーバンアサルトよりアクティブなモデルです。PCスリーブは残念ながらありません。上のワンデイアサルトとアーバンアサルトの間にいるようなモデルです。

ミステリーランチ・クーリー25L


アーバンアサルトより大きくてトレッキングにも使えるモデルとしてまず選択肢に入ってくるクーリー25L。最近モデルチェンジしましたがモデルチェンジ前の方がハーネスもオールブラックなので使いやすそう。

ミステリーランチ・スリック

アシンメトリーなジップところっとしたシルエットが特徴的。PC側コンパートメントが分けられ、ビジネスユースにもいける都会的なバックパック。

スリック

ミステリーランチ・リップラック


スリックに比べてミリタリーテイストの強いデザインが特徴的。こちらもPC側コンパートメントはスリックと近い構成です。都会的な使い勝手だけど無骨な雰囲気のアイテムを探してる方には良さそうです。

ミステリーランチ・Java


風呂敷型に調節できるPCスリーブや、Y字Zipを進化させたT字型のZipが採用されているバックパック。スリックの前身とも言えるアーバンバックパックです。
もう販売してないですが探せばまだ新品を購入できるかも。価格は29,000円と高めですが、made in USAの無骨さが残るアーバンバックパックです。私のお気に入り。

アークテリクス・アロー22


アーバンバックパックとして市民権を得ているアークテリクスのアロー22。アークテリクスはカナダのアウトドアブランドで、コストを度外視した最高のプロダクト作りで定評のあるバックパック。こちらも非常に人気なモデルですね。

クレッターワークス・ドライジップ 21L


クレッターワークスはミステリーランチの創業者・Dana Gleasonが最初に作ったバックパックブランド。リメイクされて登場しました。Y字Zipを採用しつつ、クラシックな雰囲気を纏うバックパックです。Made in USA。

ミステリーランチ・アーバンアサルトのレビューまとめ

アーバンアサルトはヒットしたのも頷ける、都会生活に適した良いバックパックだと思います。値段は安くは無いですがミステリーランチとしてはお手頃な値段。まずアーバンアサルトでミステリーランチのプロダクトの世界観を味わってみてはいかがでしょうか?

Translate