outdoor_waterproof_shoes_recommended_main_img2_cmp

街でも使える!おすすめアウトドア防水シューズ12選。

「ブーツは歩きずらく、スニーカーは雨に濡れてしまう。防水で快適なシューズはないの?」

日本は世界平均の約2倍と雨の多い地域。梅雨を含め、雨の日のシューズに悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
プチ世界一周したデザイナーのHOJO HIKARUです。

バックパッカーでミニマリストでもある私が防水性能だけでなく、デザインと歩きやすさも考慮した防水シューズを勝手に厳選しました。

雨天時の靴問題を解消する使える防水シューズを12足厳選してご紹介。

街でも使えるおすすめアウトドア防水シューズ12選

KEEN シティズン エヴォ


メーカー KEEN
商品名 シティズン エヴォ
防水素材 KEEN.DRY
カラー ブラック,ブラック/グレー
サイズ展開 25.0cm~30.0cm
税込価格 17,600円
おすすめ度 ☆☆☆☆
KEEN シティズン エヴォはこの記事にある防水・デザイン・歩きやすさを兼ね備えた欲張りなシューズで実際に私が購入したシューズ。価格は17,600円で、スニーカーのように歩きやすいのにKEEN独自糖質素材のKEEN.DRYが採用され、しっかり防水。適度な重さと安定感もあるので街中はもちろん低山ハイクやキャンプの足元にも使えます。ミニマリストにも良さそう。購入して不満が無い、良いシューズですが、2021年4月現在は廃盤なのが少し残念。ミッドカットも存在します。気になる方はECサイトの在庫を探しましょう。良いシューズですが廃盤なのでおすすめ度は星4つ。

KEEN グリーザー オックスフォード

メーカー KEEN
商品名 グリーザー オックスフォード
防水素材 KEEN.DRY
カラー ブラック,ブラック/グレー
サイズ展開 25.0cm~30.0cm
税込価格 13,200円
おすすめ度 ☆☆☆
KEEN グリーザー オックスフォードはKEENのロングセラーモデル・HOWSERを防水バージョンにアップデートしたモデル。上のKEEN シティズン エヴォをより街履き向けにしたような位置付けの防水シューズで、バンジーシューレースで脱ぎ着が楽なカジュアルなシューズ。アウトソールや防水透湿素材は同じなので、低山ハイクなどをしない方はこちらが少し安価でおすすめ。税込価格は13,200円です。上のシティズン エヴォの方がデザインは好みなので星3つ。

ダナー TRAIL 2650 GTX


メーカー ダナー
商品名 TRAIL 2650 GTX
防水素材 GORE-TEX
カラー ブラック,ベージュ,カーキ
サイズ展開 25.0cm~29.0cm
税込価格 17,600円
おすすめ度 ☆☆☆☆☆

ダナー TRAIL 2650 GTXはアメリカカリフォルニア州からカナダまで続く、パシフィック・クレスト・トレイルを走破できるシューズとして作られたトレイルシューズ。2650マイル(約4,260km)の長距離を走破できるシューズとして”TRAIL 2650″の名前が冠されたのも魅力的。カラーはブラック、ベージュ、カーキとどれも単色でカッコイイ。アッパーはGORE-TEX、ソールはビブラムソールとスペックも文句無し。税込価格は17,600円と、安くはないものの素材を考えると高くは無い価格。最もおすすめなシューズです。最高点の星5つ。

ダナー RIDGE RUNNER 2.5


メーカー ダナー
商品名 RIDGE RUNNER 2.5
防水素材 DANNER DRY
カラー オールブラック,ブラック/ホワイト
サイズ展開 24.5cm~29.0cm
税込価格 14,300円
おすすめ度 ☆☆☆

ダナー RIDGE RUNNERはシューレースが特徴的なデザインのダナーの防水シューズ。上で紹介したダナー TRAIL 2650 GTXよりはスニーカー寄りなボテっとした雰囲気。こちらは街寄りな位置付けでしょうか。一方アッパーはダナー独自の防水透湿素材のDANNER DRY、ソールはビブラムメガグリップ、インソールはオーソライトと、信頼性のある素材が採用されていて機能面も良さそう。スニーカーライクにコーデしつつ防水な足元にするなら良さそう。価格は14,300円と少しリーズナブルな価格設定。デザインの好みが分かれそうなので無難に星は3つ。

ホカオネオネ CHALLENGER LOW GTX


メーカー ホカオネオネ
商品名 CHALLENGER LOW GTX
防水素材 GORE-TEX
カラー ブラック,ベージュ
重さ(片足) 364g
サイズ展開 25.0cm~30.0cm
税込価格 27,500円
おすすめ度 ☆☆☆
ホカオネオネ CHALLENGER LOW GTXはホカオネオネの名作ボンダイと近い雰囲気でGore-Texを採用した防水モデル。ホカオネオネのマシュマロの様な履き心地でかつ、完全防水は最強なのではないでしょうか。ワイドで日本人の足のラストにも合わせてあるのもポイント高し。価格は27,500円(税込)。ブラックとベージュの2色展開ですがブラックは少しネイビーよりな色味でした。おすすめはベージュ。おすすめ度は星3つ。

ホカオネオネ KAHA LOW GTX


メーカー ホカオネオネ
商品名 KAHA LOW GTX
防水素材 GORE-TEX
カラー ブラック,チャコールグレー,ベージュ,ホワイト
重さ(片足) 448g
サイズ展開 25.0cm~30.0cm
税込価格 31,900円
おすすめ度 ☆☆☆
ホカオネオネ KAHA LOW GTXはホカオネオネの防水モデル・KAHAのローカットモデル。価格は3万台とここで紹介している防水シューズの中でもトップクラスに高価。さすがホカオネオネな価格ですが、ここまで高価ですと雨の日に履くのが少し抵抗ありそうですね。アッパーは耐水ヌバックレザーとGORE-TEXメンブレンで構成。ミッドソールはホカのマシュマロクッション、アウトソールはビブラムメガグリップと、ハイキングにも使える機能がてんこ盛りな一足です。価格がお高めなのもありおすすめ度は星3つ。

ホカオネオネ TOR ULTRA LOW WP


メーカー ホカオネオネ
商品名 TOR ULTRA LOW WP
防水素材 GORE-TEX
カラー カーキ,ブラック,ベージュ,ネイビー
重さ(片足) 420g
サイズ展開 25.0cm~30.0cm
税込価格 31,900円
おすすめ度 ☆☆☆☆
ホカオネオネ TOR ULTRA LOW WPはホカオネオネの防水シューズで最初に注目されたモデルではないでしょうか。私もカッコイイ!と思ったものの値段が3万以上しなかなか高価なシューズなので渋っていた挙句、廃盤に。ECサイトなどで探せばまだ在庫があるかもしれません。上のCHALLENGER LOWやKAHA LOWとはまた違った無骨な雰囲気が男心をくすぐるアイテム。カーキ、ブラック、ベージュ、ネイビーと4カラーありますがどれも綺麗で悩ましい。定価は税込価格で31,900円です。廃盤で高価ながらも個人的に憧れのシューズでもあるので星は4つ。

ノースフェイス ベロシティ ニット GORE-TEX インビジブル フィット


メーカー ノースフェイス
商品名 ベロシティ ニット GORE-TEX インビジブル フィット
防水素材 GORE-TEX
カラー ブラック,グレー
重さ(片足) 225g
サイズ展開 23.0cm~29.0cm
税込価格 19,800円
おすすめ度 ☆☆☆
ノースフェイス ベロシティ ニット GORE-TEX インビジブル フィットは都会的で洗練されたデザインと防水機能が魅力のシューズ。アッパーはストレッチニットにGORE-TEX INVISIBLE FITメンブレンを接着し防水性能を確保。XTRAFOAMミッドソールとビブラムソールもついて街からちょっとしたお出かけにも便利なアイテム。カラーはグレーとブラックの2色展開ですがどちらも合わせやすそうです。ユニセックスモデルなので女性の足元にも。アーバンアウトドアな雰囲気のシューズですね。おすすめ度は星3つ。

ノースフェイス シャトル レース ウォータープルーフ


メーカー ノースフェイス
商品名 シャトル レース ウォータープルーフ
防水素材 TEKWPROOF防水メンブレン
カラー ブラック,ケルプタン,グレー
重さ(片足) 264g
サイズ展開 23.0cm~29.0cm
税込価格 17,600円
おすすめ度 ☆☆☆☆

ノースフェイス シャトル レース ウォータープルーフはオーソドックスなスニーカースタイルにウォータープルーフ機能を盛り込んだモデル。都会での生活に使いやすそうなモデルです。アッパーは軽くて強いCORDURAナイロンを使用し、防水透湿素材はノースフェイスオリジナルのTEKWPROOF防水メンブレンを使用。トウ部分にラバーマッドガードや、アウトソールは悪天候でもトラクションを発揮するAMPHI-GRIPラバー、立体成型のインソールなどシンプルながら快適な機能が詰め込まれた一足。ユニセックスモデルで23.0cmからのサイズ展開となっています。日々の足元にさりげなくウォータープルーフで安心したい方におすすめできそうなモデルです。カラーはブラック、グレー、ベージュの3色展開。各色使いやすそうですね。日常で使える防水シューズとして優秀そうなのでおすすめ度は星4つ。

※ベース キャンプ レース ウォータープルーフは除外しました。

ノースフェイス シャトル スリッポン ウォータープルーフ

メーカー ノースフェイス
商品名 シャトル スリッポン ウォータープルーフ
防水素材 TEKWPROOF防水メンブレン
カラー ブラック,ケルプタン,グレー
重さ(片足) 247g
サイズ展開 23.0cm~29.0cm
税込価格 15,950円
おすすめ度 ☆☆☆

ノースフェイス シャトル スリッポン ウォータープルーフは日常で使いやすいスリッポンタイプの防水シューズ。ノースフェイス シャトル レース ウォータープルーフと同様にアッパーは軽くて強いCORDURAナイロン、防水透湿素材はノースフェイスオリジナルのTEKWPROOF防水メンブレン、悪天候でもトラクションを発揮するAMPHI-GRIPラバーのアウトソール、立体成型のインソールなど快適が約束された一足です。ユニセックスモデルで23.0cmからのサイズ展開。カラーはブラック、グレー、ベージュの3色展開でこちらも各色使いやすそうですね。スリッポンの定番・バンズと比較してしまうと高価ですが、雨天外出時の靴選びのストレスを考えると検討の余地あり。この値段出すなら上のレースタイプのが良さそうなのでおすすめ度は1つ下げて星3つです。

アークテリクス KONSEAL FL2 GORE-TEX


メーカー アークテリクス
商品名 KONSEAL FL2 GORE-TEX
防水素材 GORE-TEX
カラー ブラック,カーキ,ブラウン,ブルー
重さ(片足) 264g
サイズ展開 25.0cm~31.0cm
税込価格 24,200円
おすすめ度 ☆☆☆☆

アークテリクス KONSEAL FL2 GORE-TEXはアークテリクスらしいミニマルなデザインと機能美が魅力的な全天候シューズ。トレイルを快適に動けるようアッパーはGORE-TEX、アウトソールはビブラムメガグリップとあらゆる地形に対応するサポート力など、妥協のないモノ作りを感じますね。カラーは旧色も含めるとブラウン、ブルー、カーキ、ブラックとありますがブラックが一番使いやすくカッコイイ。価格は24,200円とアークテリクス価格ですが、楽天市場なら少し安く手に入りそう。おそらく購入して満足できるシューズなのでおすすめ度は星4つ。

サロモン OUTLINE GORE-TEX

メーカー サロモン
商品名 OUTLINE GORE-TEX
防水素材 GORE-TEX
カラー ブラック,カーキ,アーバングリーン
重さ(片足) 330g
サイズ展開 25.0cm~32.0cm
税込価格 14,300円
おすすめ度 ☆☆☆☆

サロモン OUTLINE GORE-TEXはトレイル向けシューズに強いサロモンのハイキング向けのシューズ。サロモンは以前にセンスライド2というモデルを履いていましたが、硬すぎず柔らかすぎず、悪路を走りやすい良いシューズでした。このOUTLINE GORE-TEXはサロモンのお家芸クイックレースシステムはついていないものの、アッパーには信頼のGORE-TEX、アウトソールは悪路に強いContagripとサロモンらしさもあり、価格も14,300円とGORE-TEXs採用のモデルとしてはリーズナブル。価格は安くてもGORE-TEXのシューズを選びたい方にはおすすめです。サロモンは防水シューズは多いものの街でも使えるのを考慮しOUTLINE GORE-TEXのみ選びました。カラーはカーキかブラックがカッコイイですね。GORE-TEX採用ながらコスパ良いので星は4つにしました。

街でも使えるおすすめアウトドア防水シューズ12選まとめ

outdoor_waterproof_shoes_recommended_main_img2_cmp
街でも履ける防水シューズはジャンル的に魅力的ですが廃盤になってしまうケースが多い気がします。防水シューズはブーツともスニーカーとも異なる安心感。一度手に取ると病みつきになるはず。

コロナ渦中で外出しづらい世の中ですが、雨問題のストレスを削減して少しでも快適な日常・アウトドアライフの参考になれば幸いです。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
閲覧ありがとうございました。
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします^^
Twitter,Pinterest,Instagram
ブックマーク・お気に入りに入れてまた来てくださいね。
Translate