patagonia_los_gatos_fleece_main

ロス・ガトス・クルーはコスパ◎のパタゴニア秋冬の新定番!【レトロXと比較も】

パタゴニアの秋冬(FW)モデルで人気急上昇中のハイパイルフリースプルオーバー、ロス・ガトス・クルーをレビューしたいと思います。デザインが近く不動の人気を誇るレトロX・ジャケットとの比較も少ししたいと思います!

パタゴニア・ロス・ガトス・クルーとは?

patagonia_los_gatos_fleece_img1
ハイパイル・フリースのクルーネックプルオーバー。パタゴニアのフリースとしては手頃な価格と、プルオーバーフリースというシンプルなルックスで登場してからすぐ人気商品に。

ポリエステル・ハイパイル・フリース(リサイクル・ポリエステル30%)素材は熱を閉じ込めながら水分を吸湿発散し、ユースホステルのシンクで洗ってもすばやく乾きます。ジッパー式ハンドウォーマーポケットとジッパー式チェストポケットは小物の収納に便利で、襟ぐり、袖口、裾は伸縮性の縁取りを施しました。引用:パタゴニア公式サイト

スペック

フリース素材 8.6オンス・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル30%)※ブルーサイン認証済み
ポケット 平織り3.4オンス・ナイロン100%・DWR(耐久性撥水)加工済み
重量 380g
価格 12,960円(税込)

リサイクルポリエステルを30%使用したブルーサイン認証済みのフリースです。秋冬のパタゴニア製品の定番になりそうな人気急上昇中のフリースです。

“ロス・ガトス”ってどんな意味?

patagonia_los_gatos_meaning_img
「このフリース気になるけど”ロス・ガトス(Los Gatos)”ってどんな意味なんだろ??」

気になった人も多いはず。調べてみました!2つの意味が出て来ました!

“ロス・ガトス”の意味は?
・カリフォルニア州の地名
・スペイン語でネコの意味

ロス・ガトスはカリフォルニア州の地名?

カリフォルニア州にある地名として一つ目に出て来ました。

ロス・ガトスはテック企業が集まるシリコンバレーと呼ばれる一帯の街のひとつ。裕福な街らしく、有名どころではNetflix本社のある街のようです。確かに毛足の長いロス・ガトス・クルーは裕福な街並みにも似合いそう。

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ群ロス・ガトス(Los Gatos)

ロスガトスは、アメリカ合衆国カリフォルニア州北部、サンタクララ郡に位置する都市。サンフランシスコ・ベイエリアに属し、サンノゼの南西に位置する。人口は30,391人 。ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌による、アメリカの裕福な市町村ランキングの33位にランクされている。
参考:wiki

スペイン語で猫(ネコ)の意味も

Los Gatos = 猫(ネコ) ※スペイン語

別の意味もあり、”Los Gatos”はスペイン語で猫(ネコ)の意味だそう。

パタゴニアもサンフランシスコ発のアウトドアブランドなので、カリフォルニアの地名を取ってもおかしくないですし、ネコと言われてもネコっぽい毛足の長いフリースなので、どちらにルーツがあってもおかしくない名称ですね。ルーツを辿るのも面白いですね。
※あくまで一個人の見解です。

ロス・ガトス・クルーの細部をチェック!

細かい部分を見て見ましょう!

パッチ型ポケットが最大のアクセント!

patagonia_los_gatos_fleece_img3
レトロXに近い胸ポケットが大きな特徴のひとつロス・ガトス・クルー!プルオーバータイプなのでジッパーもなくシンプルな雰囲気。こりゃ人気が出るのも分かります。笑

patagonia_los_gatos_fleece_img8
3.4オンス・ナイロン100%のポケットはDWR(耐久性撥水)加工済み。

保温性はどう?

patagonia_los_gatos_fleece_img7
レトロXはワープニット・メッシュという防風性・吸湿発散性・防臭性に優れた裏地がありますが、ロス・ガトスは厚いフリースのままです。防風性は落ちますが、「フリースを着ているモコモコ感」ロス・ガトス・クルーの方が圧倒的。

ロス・ガトス・クルーは防風性はないですが、この上にアウターを着るとなると豊富なエアポケットができるのでだいぶ温かそう。冬に大活躍しそうです。

左右のハンドウォーマー兼ハンドポケット

patagonia_los_gatos_fleece_img4
左右のハンドウォーマー兼ハンドポケットはロス・ガトスがセーターやトレーナーと違うポイントのひとつ。手を入れると暖かく、簡単にオフモードに気持ちが変わってしまいます、、!

patagonia_los_gatos_fleece_img5
フリースでもポケットはナイロンで手が冷たい製品もありますが、フリースをしっかり感じる温かさ。体側は通気性の良いフリース生地が使用されています。

patagonia_los_gatos_fleece_img6
裏から見るとこんな感じです。

ロス・ガトスのサイズ感は少し小さめ

patagonia_los_gatos_fleece_img11
参考に私のサイズを。

身長170cm・体重66kg体型普通:Mサイズ

私はパタゴニアはMサイズを着用してますが、他のレビューを見ても少し小さめという意見が多いです!
内側のフリース生地がモコモコしている&滑らないので少し小さく感じます。ロス・ガトスの下にシャツを着たら少し窮屈に感じるサイズ感です。
参考にしてみて下さい。

ロス・ガトス・クルーとレトロXは比較して違いはある?

patagonia_los_gatos_fleece_img2
差はあるものの、似ているものとして候補に上がるだろう代名詞的なジャケット、レトロX・ジャケットと比較してみました。

ロス・ガトス・クルー、レトロXジャケット比較表

ロス・ガトス・クルー レトロX・ジャケット
フリース素材 8.6オンス・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル30%) 12.9オンス・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル50%)
フリース裏地 3.2オンス・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル50%)ワープニット・メッシュ。防風性・吸湿発散性・抗菌防臭加工済み
重量 380g 774g
価格 12,960円(税込) 29,160円(税込)
やはり目が行くのは、レトロX・ジャケット2分の1以下の価格というコスパの良さ!
防風性・吸湿発散性・抗菌防臭加工済みのワープニット・メッシュの裏地といい、レトロX・ジャケットのフリースが手の込んだ作りということが伺えます。価格も重さも倍以上なので、近い雰囲気ながら用途が違うかと。

レトロX・ジャケットは厚みもありアウターとしての要素が大きいですがロス・ガトスはどちらかというとセーターに近い感覚。
肌に近い分、洗濯の頻度も増えそうですが、乾きやすい素材なので使い勝手も◎。

こうしてレトロX・ジャケットと比較すると似て非なるものなのかな〜と感じました。

・アウターとして着用したい→レトロX
・セーターのように着用したい→ロス・ガトス

パタゴニア・ロス・ガトスの関連アイテム

ロス・ガトスはクルーの他にもフーディやベストもあります。レディースサイズやガールズサイズもあるので、ご家族のいる方は家族でお揃いにできるのも魅力。

パタゴニア・メンズ・ロス・ガトス・フーディ

こちらはフーディタイプ。パッチ型ポケットは採用されていませんが、フード付きでより防寒性が上がったタイプ。こちらの方が脱ぎ着が容易ですね。

パタゴニア・メンズ・ロス・ガトス・ベスト

ベストもパッチ型ポケットは採用されていません。レトロXベストよりこちらの方がモコモコ感は感じられるので好みの問題かと思われます。

パタゴニア・ウィメンズ・ロス・ガトス・ジャケット

レディースはジャケットタイプがありますが、フーディ付きのものはありません。

パタゴニア・ウィメンズ・ロス・ガトス・ベスト

レディースのベストは5色展開。

パタゴニア・ガールズ・ロス・ガトス

特徴で面白かったのが「おさがりの履歴を残せるIDラベル付き」。長く着て欲しいというパタゴニアの姿勢が伺える機能ですね!

パタゴニア・ロス・ガトスの買い方

パタゴニア
パタゴニア公式サイトで購入しましょう!
数年前までは楽天やAmazonで購入できたのですが、今はネットで購入するなら公式サイト以外取り扱いが減ってしまいました。

パタゴニア公式サイト
パタゴニア

公式サイトは売り切れるのが早いので、公式サイトで売り切れの場合は近隣のパタゴニア直営店や取り扱っているセレクトショップがあれば駆け込みましょう!!

パタゴニア・ロス・ガトスのまとめ

patagonia_los_gatos_fleece_img1
ロス・ガトス・はデザインもみるに、ロス・ガトス・クルーに人気が集中しているように感じます。SやXSで女性にも人気のようですね。

パタゴニア公式サイトもサイズがなくなってきているので気になる方は早めのチェックをおすすめします!!

Translate