mysteryranch_matome_main

ミステリーランチのレビュー記事まとめ【注目のバックパックも!】

堅牢なバックパックとして高い評価を得ているミステリーランチ。ただ値段は安くはないので購入前にしっかり検討したいですよね。

はじめまして!プチ世界一周したWebデザイナーのHojo Hikaruです。ミステリーランチのクーリー40と旅に出た私が、シビアな目線でミステリーランチのバックパックをレビューした記事をまとめました。

個々のバックパックの概要と、今注目してるバックパックもまとめました。またミステリーランチが登場してる記事も記載したので、ミステリーランチの関連記事をこのまとめから一気にたどることができます!

ミステリーランチとは?

mysteryranch_logo_img
ミステリーランチってなに?と疑問な方に簡単にご紹介します。

アメリカ合衆国・モンタナ州ボーズマンで発祥したバックパック専門ブランド。バックパックデザイナー・デイナ・グリーソン氏が立ちあげ、米軍にも採用され実績はお墨付き。ミリタリーや消防隊などの“最も過酷な環境”で任務を遂行するプロフェッショナルから認められた機能性が魅力のブランド。快適で安定したキャリーシステムを開発し、耐久性、機能性共に最高品質を求め日々改良が続けられている。厳しい品質管理のためメイドインアメリカを貫き、ファンも多い。

上記の説明でもわかる”“なバックパックブランドです。コアなファンに愛されてきましたが近年方向転換をして、トレッキングやデイリーユース向けのプロダクトを多く出すようになりました。生産拠点をアジアに移し、値段もリーズナブルになり手頃に。ですが徹底された品質管理と培われた機能性は生かされてモノづくりが続けられているので、機能性は非常に優れています。私はそんな方向転換した後のミステリーランチがお気に入り。

今まで使用したことのあるミステリーランチのバッグがこちら。

ミステリーランチ使用歴
アーバンアサルト
Java
クーリー40
インアンドアウト
スリック
ブーティバッグ
ブーティーデラックス
3Day Assault CL
ゾイドバッグ(S,M,L)

アーバンアサルトから入ったのですが、アジア産でも機能は十分だしアーミー過ぎても日常で使えないし、、と、最近の丁度良いラインがお気に入りです。

ミステリーランチのレビュー記事まとめ

使ってきたミステリーランチのレビューをまとめました。(順不同)

記事にしていないものも入っています。

ミステリーランチ アーバンアサルト21

mysteryranch_urbanassault_main

容量 21L
重量 1300g
PCスリーブ
価格 19,250円(税込)
特徴 ミステリーランチを普及させた名作。
言わずと知れたミステリーランチを普及させた名作のアーバンアサルト。今は派生モデルが出てきているのでアーバンアサルト21Lが正確な名称でしょうか。新型は当初はなかったPCスリーブも付き使いやすいバックパックに。ミステリーランチのお家芸であるY字ZIPとシンプルな外観、ミステリーランチならぬリーズナブルさで大人気。カラーバリエーションも豊富。”ミステリーランチの沼を作った名作”と言えるでしょう。笑

ミステリーランチ・3Day Assault CL

mysteryranch_3day_assault_cl_img69

容量 33L
重量 2100g
セキュリティ
PCスリーブ
ウエストハーネス
価格 77,000円(税込)
特徴 ミステリーランチのフラッグシップモデル
3Day Assault CLはミステリーランチの顔とも言える代表的なバックパック。CLはクラシックです。とにかく高価で重量もあるバックパックですが、堅牢な作りは作戦に従事する兵士が使っていたのも頷けるバックパック。非常に頑丈で、かゆいところまで手が行き届いてるプロダクトです。背負うと重さを感じさせません。こちらは実際にタイに行く時に使用しました。とにかく、値段と重さ以外申し分ない素晴らしいバックパックです。「予算は関係ないからとにかく頑丈で素晴らしいバッグを!」という方におすすめ!

ミステリーランチ インアンドアウト

mysteryranch_in_and_out_main

容量 19L
重量 400g
PCスリーブ ×
価格 10,450円(税込)
特徴 パッカブルながら強度・ポケットも充実
ミステリーランチのインアンドアウトは私がバックパッカーで8ヶ国行った時にセカンドバッグとして持ち歩いたバックパックです。軽量でパッカブルながらポケットや耐久性に優れ機能性は申し分なし。ミステリーランチの隠れた名作です。

ミステリーランチ ゾイドバッグ

mysteryranch_zoid_bag_main

ゾイドバッグは旅にも日常にも使用しているバッグインバッグ。ミステリーランチの機能性を楽しめるクオリティでありながら、わずか1000円台で買えちゃうという魅力的なバッグインバッグです。S,M,Lと3つのサイズがあり、小物の収納から着替えやシューズバッグとしても幅広く使えるアイテムです。

ミステリーランチ スリック

mysteryranch_slick_main2

容量 23L
重量 1100g
PCスリーブ
価格 18,700円(税込)
特徴 アシンメトリーなジップ
スリックはアシンメトリーなジップが特徴的な都会的なバックパック。コロっとした外観ですがPCスリーブ、内部コンパートメントが充実しており、都会での生活に役立つバックパックとなっています。

ミステリーランチ ブーティーデラックス

容量 21L
重量 600g
PCスリーブ
価格 13,200円(税込)
特徴 ブーティバックをより使いやすくしたモデル
ブーティーデラックスはPCスリーブ、小物ポケット、前面にも大きなポケットが配置されるなど、ブーティバッグをより使いやすく改良したモデル。

カーキを持っているのですが、カラーが綺麗です。レビュー記事は後々作成予定です。

ミステリーランチで注目してるバックパック

実際に購入してレビューはしてませんが、「このバックパックは良さそう!」と注目しているバックパックをご紹介。

そのうちレビュー記事に載る可能性のあるバックパック達をご紹介します。笑

ミステリーランチ 2デイアサルト

容量 27L
重量 1400g
PCスリーブ
価格 29,700円(税込)
特徴 3デイアサルトCLをスケールダウンさせたモデル
1番の注目はこの2デイアサルト。ミステリーランチの代表的なモデル、3デイアサルトCLをスケールダウンしたバックパック。現在品薄が続いてるそうです。PCスリーブは横からも開閉でき、お店で触った感じ、3デイアサルトCLより使いやすいかもしれません。今ミステリーランチで一番注目されてるモデルです。

ミステリーランチ・ギャラゲーター

容量 19L
重量 600g
PCスリーブ ×
価格 12,650円(税込)
特徴 Y字ジップを採用
19年に新しく登場したギャラゲーター。人気モデルのアーバンアサルトが人気ですが、アーバンアサルトより軽量でリーズナブル。ショルダーハーネス等は下で紹介してるインアンドアウトに近い軽量モデルです。軽量ですが背面にパネルはあるので背負い心地は良好です。

ミステリーランチ リップラック

容量 22L
重量 1100g
PCスリーブ
価格 19,800円(税込)
特徴 リップジップを都会的に
リップラックはミリタリーテイストのリップジップを都会的に落とし込んだバックパック。一見クラシカルながらPCスリーブを装備&ポケットも多く使い勝手が良さそうなモデル。

ミステリーランチ ストリートゼン

容量 25L
重量 1100g
PCスリーブ
価格 17,600円(税込)
特徴 調節可能な前衛的なバックパック
ミステリーランチのストリートゼンはアナトミックシルエットのバックパック。PCスリーブもあり、左右にコンプレッションもついてるので荷物の量で幅の調節が可能。25Lですが結構入りそうな形してます。

ミステリーランチ・スクリー32L

容量 32L
重量 1300g
セキュリティ
PCスリーブ ×
ウエストハーネス
価格 25,300円(税込)
特徴 マウンテンラインの軽量Y字Zipモデル
ミステリーランチのマウンテンラインから。スクリー32スイートピーに近いですが、素材をより軽量なものに変更したもの。フューチュラヨークシステムとY字ジップのミステリーランチらしい機能を搭載しつつも価格はリーズナブルに。
ハーネスがグレーなのが残念ですが、旅用としてはおすすめできるバックパックです。ウエストハーネスは紹介してる中ではしっかりしていて、着脱可能。

ミステリーランチが登場してる記事まとめ

個々のレビュー記事の他にミステリーランチが登場してる記事もまとめました。

ミステリーランチのレビュー記事と注目してるバックパックまとめ

mysteryranch_matome_main

ミステリーランチはひとつひとつが丈夫で長持ちするバックパックなので、ご興味のある方はゾイドバッグかアーバンアサルトから試して見てはいかがでしょうか。

またミステリーランチのレビュー記事を更新次第このまとめも更新します!

【閲覧ありがとうございました】
「この記事参考になったよ!これからも頑張って!」と思って頂けたら、Twitterをフォロー、又はいいね・RTをよろしくお願いします!記事更新をお知らせしています。

HHOJOアウトドア一覧へ