mysteryranch_zoid_bag_main

ミステリーランチのゾイドバッグは1000円台で哲学を体感できる!

1,000円台で購入できるミステリーランチのバッグインバッグ・ゾイドバッグ。リーズナブルでシンプルな作りに関わらず、過酷な状況で使いやすい意匠を感じる、隠れた名作をご紹介します。

S,M,Lそれぞれのサイズ感も記載しました!

ミステリーランチとは?

mysteryranch_logo_img
ミステリーランチってなに?と疑問な方に簡単にご紹介します。

アメリカ合衆国・モンタナ州ボーズマンで発祥したバックパック専門ブランド。バックパックデザイナー・デイナ・グリーソン氏が立ちあげ、米軍にも採用され実績はお墨付き。ミリタリーや消防隊などの“最も過酷な環境”で任務を遂行するプロフェッショナルから認められた機能性が魅力のブランド。快適で安定したキャリーシステムを開発し、耐久性、機能性共に最高品質を求め日々改良が続けられている。厳しい品質管理のためメイドインアメリカを貫き、ファンも多い。

上記の説明でもわかる”“なバックパックブランドです。コアなファンに愛されてきましたが近年方向転換をして、トレッキングやデイリーユース向けのプロダクトを多く出すようになりました。生産拠点をアジアに移し、値段もリーズナブルになり手頃に。ですが徹底された品質管理と培われた機能性は生かされてモノづくりが続けられているので、機能性は非常に優れています。私はそんな方向転換した後のミステリーランチがお気に入り。

今まで使用したことのあるミステリーランチのバッグがこちら。

ミステリーランチ使用歴
アーバンアサルト
Java
クーリー40
インアンドアウト
スリック
ブーティバッグ
ブーティーデラックス
3Day Assault CL
ゾイドバッグ(S,M,L)

アーバンアサルトから入ったのですが、アジア産でも機能は十分だしアーミー過ぎても日常で使えないし、、と、最近の丁度良いラインがお気に入りです。

ミステリーランチ・ゾイドバッグとは?

mysteryranch_zoid_bag_img11
ゾイドバッグは簡単に言うとポーチです。中には仕切りはありません。シンプルな作りですが、開け閉めしやすい意匠となっています。左からS,M,Lサイズと並んでいます。

mysteryranch_zoid_bag_img12
側面から見るとわかりやすいですが、台形の形をしています。なので上下が明確に存在するポーチです。

カラーはミステリーランチらしい、アーミーなカラーリングで4色展開。
フォリッジとチャコールが無骨な良い色だと思います。オリーブのみ、ジッパーのカラーが少し明るいグリーンです。ブラックはちょっとネイビーっぽいブラックです。

mysteryranch_zoid_bag_img4
素材は160デニール×320デニールナイロン。裏面から見るとポリウレタンコーティングがされているように少し光沢があります。防水までは行かないにしろ、多少撥水してくれる素材のようです。バッグインバッグとしては防水はなくても良い気はしますが、単体で使うなら嬉しいですね。
なお、厚みはないので電子機器などを衝撃から守る防御力はありません。

mysteryranch_zoid_bag_img3
閉めた状態から開ける時、グラブハンドルを掴みながらジッパーを引くと非常に開けやすい。

mysteryranch_zoid_bag_img5
グラブハンドルと逆側に配置されてるミステリーランチのタグは閉める時にタグをつまみながら閉めると非常に閉めやすい!ただのブランドタグではなく機能の一部として存在しているところがポイント高め。

mysteryranch_zoid_bag_img6
ジッパーコード(ジッパータブ)は他のミステリーランチと同じ仕様。ジッパーコードが長いので細かいジッパータブを掴む必要なく「ガバッッ!」と開けられます。悪天候の中やグローブを着用しながら・急いでいる時の開け閉めで特に使いやすさを実感できるかと思います。

mysteryranch_zoid_bag_img9
必要なものをバッグインバッグにまとめておくと、セカンドバッグに荷物を入れ替える時などスムーズで忘れ物防止にも。

ミステリーランチ ゾイドバッグの使い方

mysteryranch_zoid_bag_img10
ポーチなので使い方はその人次第ですが、バックパックに収納する際は少しコツがあります。バックパックに収納時にグラブハンドルが上に来るようパッキングすると取り出すときに引っ張って簡単に取り出せます。3Zipはなおのこと、他のバックパックでも荷物が多い時により使いやすさを感じられます!

ミステリーランチ・ゾイドバッグSサイズのサイズ感や用途は?

mysteryranch_zoid_bag_img15
Sサイズはメガネ比較だとこんな感じの大きさ。小物の収納に向いてます。値段は1,296円(税込)。カラーはチャコール。

■サイズ:13cm×21cmn3.5cm
■容量:1.4L
■重量:35g
引用:ミステリーランチ公式サイト

mysteryranch_zoid_bag_img20
小さい&値段も安いですがミステリーランチのタグは一人前。Made in Philippines(フィリピン)でした。

mysteryranch_zoid_bag_img21
私はMacbookの充電器をはじめ、USBハブ、携帯バッテリーなどを入れてます。最近の日常ではPCを開くことが多いのでSサイズが一番使っているかも。

旅の間はシャンプーなどの日用品を入れてました。女性でしたら化粧ポーチにも向いてそうな大きさです。

500mlペットは縦幅がギリギリ足りないかな、といった大きさです。

ミステリーランチ・ゾイドバッグMサイズのサイズ感や用途は?

mysteryranch_zoid_bag_img16
Mサイズは多用途に使えそうなサイズ感です。一番活躍する機会は多そう。500mlペット2本は楽に入る大きさです。使っているカラーはフォリッジ。値段は1,404円(税込)

■サイズ:17cmx29cmx9cm
■容量:3.5L
■重量:70g
引用:ミステリーランチ公式サイト

mysteryranch_zoid_bag_img13
MサイズはTシャツやインナー、薄手のアウターなどの薄手の衣類のパッキングに向いてそうなサイズ感。
財布や文庫本、メモ帳、タブレットなどを入れてそのままポーチとして持ち歩くにも適しているMサイズ。クラッチバッグとしても使えるサイズ感です。クラッチバッグとしては破格の値段ですね。笑

mysteryranch_zoid_bag_img14
こちらもMade in Philippines(フィリピン)でした。迷ったらMサイズがおすすめ!

ミステリーランチ・ゾイドバッグLサイズのサイズ感や用途は?

mysteryranch_zoid_bag_img17
Lサイズは大きくかなり収納できます。値段は1,836円(税込)。アウターやパーカー、パンツなど厚めのものも入るキャパシティがあります。ネイビーに見えますが”ブラック“です!ちょっと青っぽいブラックですね。撮影条件や光の当たり方でネイビー寄りに見えることも。

■サイズ:19cmx38cmx14cm
■容量:7L
■重量:100g
引用:ミステリーランチ公式サイト

mysteryranch_zoid_bag_img18
大きさを例えるなら、「メンズスニーカーが入る大きさ」です。シューズバッグなどと大きさは近いのかな。シューズバッグとしても使えそう。お風呂セット入れるのにも使いやすそうです。笑

写真は「New Balance 997CH」に入ってもらいました。

mysteryranch_zoid_bag_img19
こちらもMade in Philippines(フィリピン)でした。サイズが大きい分、使い方は様々です。

ミステリーランチ・ゾイドバッグまとめ

mysteryranch_zoid_bag_img
ゾイドバッグはシンプルなのに使いやすさが追求されたバッグインバッグで、ミステリーランチの姿勢が体感できるアイテムです。この小さなバッグインバッグで使いやすさを体感してしまうと、いつの間にかミステリーランチの虜になっているかもしれません。笑

薄い商品なので、ECサイトから購入する場合も送料が安い場合が多いです。

3サイズとも1,000円台という圧倒的なコスパでかつ機能的なバッグインバッグのゾイドバッグ。ぜひ試してほしい隠れた名作です!