patagonia_retro_x_vest_main

パタゴニア レトロXベストは憧れの定番フリースベスト。

レトロXベストは寒くなってくると気になってしまう、秋冬のパタゴニアの看板アイテム。とても気になりますよね。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
プチ世界一周したデザイナーのHOJO HIKARUです。モノ選びにシビアな私が実際に購入し徹底レビューしました。

この記事でレトロXベストの魅力と使用感、マイナスポイントを掴め、じっくり検討できます。

パタゴニア・レトロXベストは一度は着たい、憧れの定番フリースベストです!

パタゴニアとは?

patagonia_retro_x_vest_img3
パタゴニアは1965年にアメリカ・カリフォルニア州ベンチュラで創業したアウトドアブランド。環境や労働者に配慮したプロダクト作りで日本でもファンの多いアウトドアブランドです。企業の理念や生産背景を含め、私もお気に入りのブランドです。

私のパタゴニア製品のレビューをザッとチェックできます↓

パタゴニア・レトロX ベストとは?

patagonia_retro_x_vest_img15
パタゴニア・レトロX ベストiconは秋冬のパタゴニア製品の目玉の一つ。90年代頃から続く、ロングセラー商品です。パイル地のフリースながら非常にしっかりした裏地付きのフリースで、ビンテージ品も絶大な人気を誇るパタゴニアの看板アイテムのひとつです。

パタゴニア・レトロX ベストの価格

定価:21,780円(税込)

パタゴニア・レトロX ベストiconの価格は21,780円(税込)。フリースのベストとしては高価です。
秋冬のフリースベストはパタゴニア以外にも多くのメーカーから出ていますが、ほとんどのメーカーもこのレトロXにインスパイアされた”似た”製品が非常に多いのも事実。

パタゴニア・レトロX ベストの魅力や特徴をレビュー!

patagonia_retro_x_vest_img1
パタゴニア・レトロX ベストは知らない人も一度は見たことある形ではないでしょうか。特徴的なボアフリースは防風性と吸湿発散性を備えたボンデッド・シェルパ・フリース。

patagonia_retro_x_vest_img9
まずは外観から。ボンデッド・シェルパ・フリースで全身を包み、DWR(耐久性撥水)加工済みのナイロン素材の胸ポケットと襟のナイロンでの切り返しが特徴的なデザイン。

“クラシック”と名のつく永遠の定番モデルといえる雰囲気。ナイロンはジッパーストラップも差し色でカラーが入るので多くのレトロXは3色構成なのも印象的です。

patagonia_retro_x_vest_img10
背面も非常にシンプルでありながら、わかる人にはすぐわかるデザイン。使いやすいですね。

patagonia_retro_x_vest_img13
内側は防風・吸湿発散性を備えた3.2ozポリエステル100%のワープニット・メッシュ。リサイクル・ポリエステルが約半分の50%使用され、丈夫でありながらリサイクル素材というパタゴニアらしい哲学が光ります。内ポケットはないのでポケットは外側に3つです。

patagonia_retro_x_vest_img11
デザインにも映えるDWRナイロン素材の胸ポケットはiPhone11は入るサイズ。マチもない作りなので小物しか入らなそうですが、薄いものを入れるのがベターでしょう。

patagonia_retro_x_vest_img12
左右のポケットの内側にもワープニット・メッシュが採用されています。

patagonia_retro_x_vest_img4
首元からフルレングズのジッパー。見えづらいですが、内側にウインドフラップが付いてるので防風性能は外見より良好です。

patagonia_retro_x_vest_img5
脇と裾に付いてる縁取りは伸縮性があり、体の熱を逃さない構造。この縁取りはパタゴニア製品で多いですがコンパクトながら機能的でお気に入り。

patagonia_retro_x_vest_img6
首元のロゴはサイズと生産国が記載されてるタグ、ストラップもあります。

patagonia_retro_x_vest_img7
首元のストラップはこのように吊るすことも可能。家ではあまり使うことがないストラップですが、旅先では意外とあると助かるストラップです。

patagonia_retro_x_vest_img2
内側のタグにもベトナム製は記載されていますね。

patagonia_retro_x_vest_img8
しっかりして”固め”な素材なこともあり、コンパクトにまとめるというのは合わないですが、丈夫で長く使用できるフリースの代表格でしょう。

patagonia_retro_x_vest_img14
クリーンカンティーンの800mlの水筒と比較しても、ある程度大きさ、厚みはあります。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
細かなスペックも見ていきましょう。

パタゴニア・レトロX ベストの生産国は?

パタゴニア・レトロX ベストはベトナム産

パタゴニア・レトロX ベストiconの生産国はベトナム。このレトロX ベストは18年のモデルなのですが、今年2020年のレトロX ベストもベトナム生産。ロングセラー商品なので古いものはアメリカ製、コスタリカ製などあるようですが、最近はベトナム製が主流のようです。

パタゴニア・レトロX ベストを製造するYoungone HungYen Co.,Ltd


現行のパタゴニア・レトロX ベストiconの製造を担当しているのはベトナムはハノイの近く、キムドン県にあるYoungone HungYen Co.,Ltdで製造されてるそうです。
パタゴニア公式サイトでも紹介されていますが、製造工場まで公開してあるのはさすがパタゴニアですね。公正で安全な就労条件や労働環境、そして環境的責任を促進・維持する適性評価活動を精力的に行なっているそうです。

パタゴニア・レトロX ベストのサイズ感はどう?

patagonia_retro_x_vest_img10
パタゴニア・レトロX ベストiconのサイズ感は胴回りが意外とタイトです。
そして良くも悪くもパイル地のフリースと裏地は伸縮性はないので、サイズ選びは慎重に。

レトロXジャケットと異なりベストはジャストか少しタイト目のサイズにするのが長く使う秘訣です。

170cm体型普通であればジャストで着るならS。少しゆったり目に着たい場合はMがちょうど良いサイズ感です。
(※写真のレトロXは以前サイズを誤って買ってしまったものです)

パタゴニア・レトロX ベストの手入れや洗い方

ネットに入れて洗濯でOK!

パタゴニア・レトロX ベストiconの洗い方ですが、洗濯はネットに入れて普通に洗濯OKとのこと。パタゴニア取り扱い店の店員さんが教えてくれました。

より大事に使いたい方はぬるま湯で手洗いが1番良いでしょう。とはいえメンテナンスしやすいのはありがたいですね。

パタゴニア・レトロX ベストのスペックまとめ

表素材 ボンデッド・シェルパ・フリース
12.9ozポリエステル100%(50%リサイクル素材)
裏素材 ワープニット・メッシュ
防風・吸湿発散性を備えた3.2ozポリエステル100%(50%リサイクル素材)
収納 ハンドポケットx2
胸ポケットx1
重量 507g
価格 21,780円(税込)
生産国 ベトナム
レトロXベストのスペックを表にザッとまとめるとこんな感じ。
重量は507gと、ある程度重さはあります。

パタゴニア・レトロX ベストのマイナスポイント

・約500gと重さがある
・生地に伸縮性はない
・見かけの割にはぬくぬく感はない
・価格が高価である

パタゴニア・レトロX ベストiconのマイナスのポイントをあげるとしたら、重量があり、生地も伸縮性がないこと。価格が高価なこと。
私も日頃軽量なものに目がいきがちですが、レトロX ベストはその真逆を行ってます。しかしながらこのマイナスポイントは全て”丈夫で長く使える”という裏返しでもあると思います。

あとはボアフリースのぬくぬくした外見の割には着てる本人はぬくぬく感はなく、じんわり暖かいという感じ方も好みは分かれるでしょう。

パタゴニア・レトロX ベストと比較されるモデル

パタゴニア・レトロX ベストiconと比較に上がるモデルを一部紹介します。20年の注目は大幅アップデートされたメンズ・ロス・ガトス・ベストでしょうか。他にもパタゴニアはフリースベストの種類が豊富で悩ましい。

パタゴニア・レトロXジャケット

patagonia_retro_x_jacket_main

まずはジャケットタイプのレトロXジャケット。一度は着てみたい憧れのフリースジャケットですよね。ただジャケットかベストかではなく、胸ポケットの位置など異なる部分も意外とある両者。

パタゴニア・ロス・ガトス・ベスト

patagonia_los_gatos_vest_main2

20年秋冬のマストバイアイテムと言われているロス・ガトス・ベスト。デイリーからビジネスカジュアルまで着回しのしやすさで”傑作”とも名高いフリースベスト。レトロXベストより7480円安い価格設定です。

パタゴニア・ロス・ガトス・クルー

patagonia_los_gatos_fleece_main

上のロス・ガトス・ベストのベースとなるロス・ガトス・クルー。価格差は8580円とやや離れていますが毛足の長いハイパイルフリースと着こなしやすいアースカラーで人気のフリースですよね。

ロス・ガトス・クルーは別記事でレビューしました↓

パタゴニア・レトロ・パイル・ベスト

レトロ・パイル・ベストはレトロXに近いですが内側もフリースなので着心地が良さそう。レトロXベストと比べて5,280円リーズナブルです。

パタゴニア・ベター・セーター・ベスト

メンズ・ベター・セーター・ベストは外側がリサイクルポリエステルを使用したセーター素材が使われたベスト。内側はフリースのようなので、セーターとフリースの中間のようなベスト。こちらも雰囲気が良いベストです。レトロXベストより8,000円近くリーズナブルな価格です。

パタゴニア・クラシック・シンチラ・ベスト

クラシック・シンチラ・ベストも比較対象に上がりそうなフリースベスト。この中では薄手なので最も安価で、レトロXベストとは1万円以上価格が離れています。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
どのフリースも魅力的ですね!

パタゴニア・レトロX ベストはどんな人におすすめ?

patagonia_retro_x_vest_img8

・長く付き合えるフリースが欲しい
・丈夫で暖かいフリースが欲しい
・似たフリースではなく”レトロX”が欲しい方
・重ね着しやすいベストが欲しい方
・環境に配慮した製品を選びたい方

パタゴニア・レトロX ベストiconの魅力は丈夫で長く使えること。毎年買い換えるよりは1枚を長く使った方が長期的に見れば意外と安いという考え方もできますよね。

また他メーカーの追従がある中でのレトロXの”ホンモノ感”は堪え難い魅力と言えるでしょう。

裏地はメッシュ素材なので生地の厚めなセーターやネルシャツでも袖を通しやすいのは意外な魅力なのではないでしょうか。

もちろんパタゴニアらしい環境や労働者への配慮というバックグラウンドも魅力ですね。

値は張っても“意味のある消費”を選びたい方におすすめです。

パタゴニア・レトロX ベストを最安値で買うには?

レトロXベストはパタゴニア公式サイトから購入しましょう。レトロXベスト一つでも送料無料になります。人気商品なので安く買うどころか、定価でも気づいたら売り切れです。しぶしぶフリマで買うのは嫌ですよね。

気になるカラー・サイズの在庫があるなら早めに行動しましょう。あなたが欲しいなら他の人もきっと、狙っているはず。

パタゴニア・レトロX ベストのレビューまとめ

patagonia_retro_x_vest_main
パタゴニア・レトロXベストは一度は着たい、憧れの定番フリースベストです!

他のフリースとは別格の丈夫な素材感。ホンモノ感。長く愛されるパタゴニアの哲学を感じることができるアイテムです。
値は張りますがきっと後悔はしない買い物だと思います。興味ある方はお早めに!

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
閲覧ありがとうございました。
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします^^
Twitter,Pinterest,Instagram
ブックマーク・お気に入りに入れてまた来てくださいね。

私のパタゴニア製品のレビューをザッとチェックできます↓

撮影機材:LEICA X VARIO

Translate