patagonia_los_gatos_vest_main2

パタゴニア・ロスガトスベストで街にビジカジに。傑作フリースベスト

パタゴニア20年秋冬のマストバイアイテムに入ると言われるロスガトスベスト。細部やサイズ感など実際どうなのか、気になりますよね。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
プチ世界一周したデザイナーのHOJO HIKARUです。モノ選びにシビアな私が実際に購入し徹底レビューしました。

この記事でロスガトスベストの魅力や使用感、マイナスポイントが掴め、じっくり検討できます。

パタゴニア・ロスガトスベストは街にビジカジに使える傑作フリースベストです。

パタゴニアとは?

patagonia_retro_x_vest_img3
パタゴニアは1965年にアメリカ・カリフォルニア州ベンチュラで創業したアウトドアブランドです。環境や労働者に配慮したプロダクト作りで日本でもファンの多いアウトドアブランドです。企業の理念や生産背景を含め、私もお気に入りのブランドです。

パタゴニア製品のレビューをザッとチェックできます↓

パタゴニア・ロスガトスベストとは?

patagonia_los_gatos_vest_img1
パタゴニア・ロスガトスベストは人気ハイパイルフリースのロスガトスクルーのベストタイプのモデル。昨年もありましたが、今年のロスガトスベストは首回りがVカットになり、よりレイヤリングしやすくなったことでも注目されるモデルです。

パタゴニア・ロスガトスベストの価格は?

定価:14,300円(税込)

パタゴニア・ロスガトスベストの価格は14,300円(税込)。普通のロスガトスクルーは13,200円なので、1,200円高い価格設定ですね。

スナップ立ての前立てなど、ロスガトスクルーより凝った作りになってます。

パタゴニア・ロスガトスベストの魅力や特徴を詳しくレビュー!

patagonia_los_gatos_vest_img4
ロスガトスベストの細部をチェックしていきましょう。今回入手できたロスガトスベストはブラックのMサイズ。私はパタゴニアのトップスはだいたいMを着てるので今回もMをチョイス。

patagonia_los_gatos_vest_img2
安定のP-6ロゴが左胸にあります。

patagonia_los_gatos_vest_img5
分類でいうとシングルのノーカラーベストの形になるのでしょうか。アームホール、衿など全体的に伸縮性のある縁取りが使用されています。

patagonia_los_gatos_vest_img7
ロス・ガトス系のハイパイルフリースは伸縮性もあり、アームホールも伸縮性のある縁取りで、動作を阻害しない作りです。

patagonia_los_gatos_vest_img6
スナップボタンのついた前立て周辺はナイロンパーツで補強されており、僅かですがDWR加工のされているナイロンが使用されています。

patagonia_los_gatos_vest_img8
前を開けた状態でもシンメトリーになる内側の前立て。個人的にポイント高めのデザインです。前を開けた時の雰囲気が良いかで使いやすさは変わりますよね。

patagonia_los_gatos_vest_img9
首後ろはストラップが付いて掛けられます。ロスガトスベストはタイ製のようです。

patagonia_los_gatos_vest_img12
左右のハンドウォーマーポケットも縁取りタイプ。ロスガトスクルーはジッパーがありましたが、ロスガトスベストはジッパーは付いてません。シンプルなタイプ。

patagonia_los_gatos_vest_img10
ポケットの内側はパンチング加工がされたフリース素材。裏側からもロスガトスクルーと同じ印象です。ポケットは左右の二つのみ。

patagonia_los_gatos_vest_img11
ロスガトスベストを広げた状態。裏地はなく厚手のハイパイルフリースのみの作りなので、体側もフワフワのフリースが体感できるのは嬉しい。

patagonia_los_gatos_vest_img13
裾は前後同じ、ほぼボックスシルエットですね。前立て付近が少し丸くなっているのが可愛らしい印象です。

patagonia_los_gatos_vest_img15
背面は至ってシンプルで主張がなく、とても使いやすいです。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
細かいスペックも見てみましょう。

パタゴニア・ロスガトスベストのサイズ感とコーデ例

patagonia_los_gatos_vest_img14
パタゴニア・ロスガトスベストの気になるサイズ感。

170cm体型普通の私でMサイズを着用してます。コーデ例としてカーキのネルシャツの上に着てみました。
ロスガトスクルーとサイズ感は大体同じです。内側の毛足の長いフリースもあり若干小さめに感じます。

個人的にはロスガトスベストはジャスト目にSが合うかなと思いました。
ビッグシルエットが流行っている昨今ではオーバーサイズでルーズに着てみたり、ベストはジャストめに着たり。サイズ選びは好みがばらつきそう。

  身幅 着丈 アームホール
XXS 44 59 27
XS 47 62 28
S 50 64 29
M 53 67 30
L 58 69 31
XL 62 72 32
XXL 66 74 33

XXSとXXLまでサイズ展開があるのは意外ですね。小柄な女性や大柄な男性にも幅広く着れそうですね。

パタゴニア・ロスガトスベストの素材は?

素材 ハイパイル・フリース
(8.6ozリサイクル・ポリエステル100%)
縫製 ブルーサイン認証済み
フェアトレード・サーティファイドのものを採用
パタゴニア・ロスガトスベストの素材は8.6ozリサイクル・ポリエステル100%使用のハイパイル・フリース素材。裏地がないのでシンプルな構成です。
縫製にブルーサイン認証済みフェアトレード・サーティファイドのものを採用し、環境や労働環境に配慮も抜かりところもまたイイ。パタゴニアらしさを感じますね。

パタゴニア・ロスガトスベストのカラー展開は?

iconicon

パタゴニア・ロスガトスベストのカラー展開はブラック、ブラウン、と今季のキーカラーのパープルの3種類。

パタゴニア・ロスガトスベストの重さは?

パタゴニア・ロスガトスベストの重さ

パタゴニア・ロスガトスベストの重さは261g

パタゴニア・ロスガトスベストの公式の重さは261g。私のMサイズを計ったところ、275gでした。嵩のあるフリースですが、重さを感じることはありません。

パタゴニア・ロスガトスベストの生産国は?

patagonia_los_gatos_vest_img9

パタゴニア・ロスガトスベストはタイ製

パタゴニア・ロスガトスベストの生産国はタイ。縫い目のほつれなどもなく、品質は良いと思います。

ロスガトスベストの縫製工場

縫製工場:V.t garment(タイ,バンコク,Yannawa)
織物工場:Singtex Industrial(台湾,台北)

ロスガトスベストの製造はタイの首都バンコク南部にあるV.t garmentという企業で縫製されてるそうです。グーグルマップで見る限りは、アディダスやモンベルなども製造している工場のようです。

織物工場が台湾台北にあるのSingtex Industrialという企業だそう。普通では確認できない製造工場まで消費者に公開しているあたり、パタゴニアたる所以といいますか。

パタゴニア・ロスガトスベストの洗濯方法は?

パタゴニア・ロスガトスベストの洗濯方法
パタゴニア・ロスガトスベストの洗濯方法はネットに入れての洗濯がおすすめ。個人的にはガシガシ使えるフリースというより、優しく扱った方が良さそうなフリースなので、ネットに入れた方が良いかなと。心配な方は手洗いしましょう。

パタゴニア・ロスガトスベストのスペックまとめ

素材 ハイパイル・フリース(8.6ozリサイクル・ポリエステル100%)
縫製 ブルーサイン認証済みフェアトレード・サーティファイドのものを採用
カラー ブラック、ブラウン、パープル
サイズ XXS~XXL
重量 261g
生産国 タイ
価格 14,300円(税込)
ロスガトスベストのスペックをザッと表にまとめるとこんな感じ。

パタゴニア・ロスガトスベストの魅力や特徴まとめ

・ビジネスカジュアルまで着れる着回し力の高さ
・形はちょっと綺麗めなのにハイパイルフリースでしっかりアウトドアスタイル
・ハイパイルフリースで身体の芯から温かい
・伸縮性がよく着心地が良い

パタゴニア・ロスガトスベストの魅力はとにかく街でもビジネスカジュアルでも着やすいカッティング

形はちょっと綺麗めかつハイパイルフリースでアウトドアスタイルっぽさを醸し出してる小慣れ感がなんとも魅力的。カジュアルでアウトドア色の強いロスガトスクルーより着まわししやすい印象です。

内側もハイパイルフリースで着心地もフワフワなフリースベストって意外とないです。この辺も意外と魅力なのかなと思います。

縁取り、フリース生地も伸縮性があり着心地が良いのも魅力でしょう。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
カジュアル過ぎないのでリモートワーク中にも良さそう。もちろんキャンプやデイリーユースにも良いですね。

パタゴニア・ロスガトスベストのマイナスポイント

・生産数が少なく手に入れにくい
・少し手を通しづらい
・フリースが潰れないように取り扱いに少し注意
(特に車のシートベルトは注意)

パタゴニア・ロスガトスベストのマイナスポイントの一つとして、生産数が少ないので、手に入りにくいこと。
内側もハイパイルフリースなので袖の通しづらさは若干あります。

もう一点、車のシートベルトでフリースが潰れてしまうので、車に乗る時をはじめ、フリースが潰れないよう注意が必要です。

デザインは異なりますが、耐久性を加味するならレトロX・ベストの方がおすすめかも。

パタゴニア・ロスガトスベストと比較されるモデル

patagonia_los_gatos_fleece_img2
ロスガトスベストと比較に上がるモデルをいくつか挙げてみました。フリースベストも種類が豊富なのもパタゴニアの魅力です。

パタゴニア・ロスガトスクルー

patagonia_los_gatos_fleece_main

まずロスガトスベストのベースモデルとなるロスガトスクルー。価格は1200円ほど安いですね。着こなしやすいアースカラーが多いのも特徴。こちらも車のシートベルトには注意が必要です。

パタゴニア・クラシック・レトロX・ベスト

patagonia_retro_x_vest_main

パタゴニアのフリースベストの頂点とも言えるクラシック・レトロX・ベスト。ロスガトスベストとの価格差は7,000円程。着心地や耐久性、裏地の感覚など同じ人気フリースベストでも細部は異なります。

パタゴニア・レトロ・パイル・ベスト

ロスガトスベストに価格帯の近いフリースベストにはレトロ・パイル・ベストもあります。こちらはレトロXに近いですが内側もフリースなので暖かそう。ロスガトスベストと比べて2,200円ほど高価です。

パタゴニア・ベター・セーター・ベスト

メンズ・ベター・セーター・ベストは外側がリサイクルポリエステルを使用したセーター素材が使われたベスト。内側はフリースのようなので、セーターとフリースの中間のようなベスト。こちらも雰囲気が良いベストです。ベター・セーター・ベストはロスガトスベストより550円とわずかに安価です。

パタゴニア・クラシック・シンチラ・ベスト

クラシック・シンチラ・ベストも比較対象に上がりそうなフリースベスト。この中では薄手なので一番安価。ロスガトスベストより3,300円安く、最も手に取りやすい価格です。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
どのフリースベストも魅力的ですね。

パタゴニア・ロスガトスベストを最安値で買うには?

ロスガトスベストはパタゴニア公式サイトから購入しましょう。人気商品なので、売り切れ必至。再入荷するかもしれないので、公式サイトを定期的にチェックしましょう。気になるカラー・サイズの在庫があるならお早めに。気になるカラー・サイズは他の人も常に狙っています。

パタゴニア・ロスガトスベストのレビューまとめ

patagonia_los_gatos_vest_main2
パタゴニア・ロスガトスベストは街にビジカジに使える傑作フリースベストです。

今年で大幅アップデートされ、デイリーからビジカジまで幅広く使えるアイテムに進化したロスガトスベスト。

オンオフ問わず使えるデザインが”傑作”にふさわしい、フリースベストでした。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
閲覧ありがとうございました。
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします^^
Twitter,Pinterest,Instagram
ブックマーク・お気に入りに入れてまた来てくださいね。

パタゴニア製品のレビューをザッとチェックできます↓

撮影機材:FUJIFILM X-T20 + XF18mm F2