keen_citizen_evo_img1

KEEN シティズン エヴォは防水で街履きもイケる万能シューズ。

「KEEN シティズン エヴォって街でもハイキングでも使えそう。レビューがみたい。」

雨でも使えるウォータープルーフのシューズでKEEN シティズン エヴォに興味があっても、意外とレビューが少なくリアルな声がわからないですよね。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
プチ世界一周したデザイナーのHOJO HIKARUです。モノ選びにシビアな私が実際に購入し徹底レビューしました。

KEEN シティズン エヴォの魅力や使用感、マイナスポイントを客観的にレビューしました。検討している方は参考にぜひ。

KEEN シティズン エヴォは防水で歩きやすくデザインも良い、万能シューズです。

KEEN シティズン エヴォとは?

keen_citizen_evo_img2
KEEN シティズン エヴォ街でも履けるスタイルとフィールドでの機能性を追求したウォータープルーフシューズです。アッパーはKEEN独自防水透湿素材「KEEN.DRY」を搭載したエンジニアードニット。ミッドソールは軽量でクッション性に優れ、アウトソールは優れたグリップ性能を発揮するKEENオールテレインラバーアウトソール。クッション性の低下が少ないPUと形状記憶機能を持つメモリーフォームを使用した「KEEN.CUSH」フットベッドや、「KONNECTFIT」ヒールキャプチャーシステムがかかとをしっかり固定させるなど、歩きやすさへの機能も充実したモデルです。

KEEN シティズン エヴォの価格は?

KEEN シティズン エヴォの定価は17,600円

KEEN シティズン エヴォの価格は17,600円(税込)。安くはないシューズですが、全天候で快適に使えるならアリな価格。2021年4月時点では廃盤商品となってしまっているので、セールになっているのも少なくありません。

KEEN シティズン エヴォを選んだ理由

・防水である
・歩きやすく車の運転もしやすい
・街履きできるデザイン
・ローカットのシューズ

私がKEEN シティズン エヴォを選んだ理由は防水で歩きやすそうでデザインも良いから。一つ一つの要望を満たす靴は多いですが、3つを兼ね備え、なおかつ動きやすいローカットのシューズは想像以上に少ないです。それまでは雨の日はダナーフィールドローを履いていましたが、ソールが硬く歩きにくいし車の運転がしづらいので買い替えることに。車の運転しづらい靴って危ないですし、ただでさえ雨なのに歩きにくいのもストレス溜まりますからね。雨の日の靴は長く悩みの種でした。色々探してみて最終的に選んだのがこのKEEN シティズン エヴォです。

街ばきできる防水シューズを厳選した記事はこちらから↓

KEEN シティズン エヴォの魅力や特徴を詳しくレビュー!

keen_citizen_evo_img3
KEEN シティズン エヴォの魅力や特徴を詳しくレビューしていきます。KEEN シティズン エヴォミッドカットモデルもありますが、合わせやすいローカットモデルをチョイス。オールブラックの27.0cmを選びました。

keen_citizen_evo_img4
アッパーはKEEN独自の防水透湿素材が採用されたニット素材。ぱっと見は防水機能が付いてなさそうですが、浸水をしっかり防いでくれます。KEENのロゴは熱圧着のようですね。

keen_citizen_evo_img9
アッパー下部はシームが施され、足元からの浸水に強い意匠。オールブラックは目立ちませんが、他の配色だとこのシームから2トーンカラーのようなデザインになります。

keen_citizen_evo_img8
ヒール部分は「KONNECTFIT」ヒールキャプチャーシステムが採用されています。これはシューレースホールと連動してヒールのホールド感を調節できる機能で、日常では緩めにしてハイキング時はしっかりホールドできるので便利な機能です。

keen_citizen_evo_img13
靴ベロは角もカットされて靴ヅレはしにくい印象です。ニット素材ですがネオプレン素材のような肌触りでフィット感も良好です。

keen_citizen_evo_img10
インソールは適度なクッション性と硬すぎずソフトすぎず、長時間快適な履き心地を提供してくれます。記載はありませんでした。

keen_citizen_evo_img11
インソール裏面はキーンのキーカラーのイエローが映えますね。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
細かいスペックも見てみましょう。

KEEN シティズン エヴォの素材は?

アッパー素材 エンジニアードニット(KEEN.DRY採用)
ソール素材 オールテレインラバーアウトソール
keen_citizen_evo_img5
KEEN シティズン エヴォの素材はアッパーがKEEN独自の防水透湿素材、KEEN.DRYを採用されたエンジニアードニットが使われています。外側はニット素材で、

keen_citizen_evo_img12
内側に防水透湿素材、KEEN.DRYが貼られているような構成です。ゴワゴワ感もなく快適です。

keen_citizen_evo_img6
アウトソールはオールテレインラバーアウトソールが使用され、しっかりグリップしてくれます。低山のハイキングにも使えそうな安定感がありつつ、日常でも使いやすい。これ以上頑丈なシューズだと気軽に履きづらいので、適度で丁度良いです。

KEEN シティズン エヴォの防水性能はどう?

keen_citizen_evo_img7
KEEN シティズン エヴォの防水性能は東京の日常的な雨では全く問題なし。上部ニット部分は水分で若干湿気を感じるものの、しっかり防水性能は感じられました。ウォータープルーフは雨の日の安心感が違いますね。あとはどの程度防水性能が持つかは気になるポイントです。

KEEN シティズン エヴォのサイズ感は?

keen_citizen_evo_img15

KEEN シティズン エヴォ 27.0cm
ニューバランス 27.0cm
NIKE 27.0cm
Vans 26.5cm
※私のサイズ感です。
KEEN シティズン エヴォのサイズ感ですが、ナイキやニューバランスと同じサイズ感で問題なさそうです。ナイキ、ニューバランス等は27.0cmの私が27.0cmを選び丁度良いサイズ感でした。靴ベロの側面など当たりやすい箇所もなく、靴ヅレも大丈夫でした。

KEEN シティズン エヴォのコーデ例

keen_citizen_evo_img16
KEEN シティズン エヴォのコーデ例に撮ってみました。白ソックスに黒カーゴパンツで合わせてみました。夏は少し暑いですが防水なので冬も使えそう。ミニマリストで靴の数を減らしたい方にもおすすめです。

keen_citizen_evo_img14
街でも野山でも違和感なく履けて、しっかり防水。外出しやすくなるので非常に使いやすいシューズです。悩みにも書いていた車の運転もブーツよりは足裏感覚があるので運転しやすくなりました。

KEEN シティズン エヴォのカラー展開は?

・オールブラック(TRIPLE BLACK/BLACK)
・ベージュ(CORNSTALK/SAFARI)
・ダークグレー/ブラック(CASTLE ROCK/BLACK)
・ライトグレー/ブラック(DRIZZLE/BRINDLE)
・ネイビー/ブラック(BLUE NIGHTS/MAGNET)

KEEN シティズン エヴォのカラー展開は5色。発売時期が異なっているようなので在庫状況は定かではありませんが、オールブラックが使いやすくて好み。ベージュや2トーンの配色も街で合わせやすそうです。別のカラーも欲しいぐらいに気に入りました。

KEEN シティズン エヴォの重さは?

KEEN シティズン エヴォの重さ:約460g

KEEN シティズン エヴォの重さは片足約460g。雨用の靴だったダナーフィールドローは705gでしたので、少し軽くなりました。一方ホカオネオネなど昨今のスニーカーと比べると若干重いです。ホカオネオネの名作ボンダイ6は310gしかありません。KEEN シティズン エヴォはランニングシューズというよりトレッキングシューズ寄りのしっかりした作りなので、適度な重さと安定感があり個人的には不満無し。

KEEN シティズン エヴォのスペックまとめ

アッパー素材 エンジニアードニット(KEEN.DRY採用)
ソール素材 オールテレインラバーアウトソール
カラー TRIPLE BLACK/BLACK,
CORNSTALK/SAFARI,
CASTLE ROCK/BLACK,
DRIZZLE/BRINDLE,
BLUE NIGHTS/MAGNET
サイズ展開 25.0~30.0cm
重量(片足) 約460g
生産国 中国
価格 17,600円(税込)
KEEN シティズン エヴォのスペックや概要をまとめるとこんな感じ。この記事作成時(2021年4月現在)は廃盤なのが少し残念なところ。

KEEN シティズン エヴォの魅力や特徴まとめ

keen_citizen_evo_img1

・防水で歩きやすく街でも使いやすいデザイン

KEEN シティズン エヴォの魅力や特徴をまとめると防水で歩きやすく、街でも使いやすいデザインが最大の魅力です。端的にまとめているものの、防水と歩きやすさ、デザイン全て兼ね備えているシューズは少ないので十分な強みと言えます。まさに万能タイプのシューズ。

KEEN シティズン エヴォのマイナスポイント

・2021年4月現在廃盤である

KEEN シティズン エヴォを実際に購入して感じたマイナスポイントですが、正直ありません。廃盤商品になってしまったのが残念ぐらいです。今までキャンプや雨の日はブーツを履いて凌いでいましたが、KEEN シティズン エヴォがあれば十分です。クッション性もあり普通のスニーカーのように歩きやすいので雨の日も行動しやすくなりました。

KEEN シティズン エヴォはどんな人におすすめ?

keen_citizen_evo_img15

・防水で歩きやすく街でも使いやすいデザインのシューズを探してる方
・全天候で使える多用途なシューズを探してる方
・ミニマリスト思考の方

KEEN シティズン エヴォは日々スニーカーを履いているけど雨の日濡れてしまうのが不満な方や、雨の日はブーツを履いてるけど動きづらいのがネックに感じてる方におすすめできるシューズです。実際に私もこんな悩みから探して購入に至ったシューズです。防水・歩きやすい・デザインが良いを兼ね備えているシューズは少ないですからね。

晴れも雨もお出かけも。一足で多用途に使えるので靴を減らせるミニマリスト向けなシューズとも言えます。

KEEN シティズン エヴォを最安値で買うには?

KEEN シティズン エヴォは廃盤商品なので欲しいサイズとカラーがあればラッキーでしょう。

おすすめECサイト
楽天市場
Amazon

私は楽天市場でセール+ポイント多いお店で購入できました。気になるカラー・サイズの在庫があれば早めに行動しましょう!

KEEN シティズン エヴォのレビューまとめ

keen_citizen_evo_img1
KEEN シティズン エヴォは防水で歩きやすくデザインも良い、万能シューズです。

防水で歩きやすく街でも履ける。このストレスフリーさを味わってしまうとスニーカーやブーツも選択肢から外れてしまいそう。雨で靴が濡れるのが嫌で快適なシューズが欲しい方は試してみてはいかがでしょうか。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
閲覧ありがとうございました。
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします^^
Twitter,Pinterest,Instagram
ブックマーク・お気に入りに入れてまた来てくださいね。

KEENはこちらのレビューもぜひ。↓

街ばきできる防水シューズを厳選した記事はこちらから↓

撮影:FUJIFILM X-T20 + XF18mm F2

Translate