patagonia_provisions_mussels_main

パタゴニア プロビジョンズのムール貝は食を見つめ直すきっかけに【エシカル】

パタゴニア プロビジョンズは環境に配慮された食べ物で興味はあるけど、味とか何個入りとか、気になりますよね?

はじめまして!プチ世界一周したWebデザイナーのHojo Hikaruです。

キャンプやアウトドアで食べたいパタゴニアプロビジョンズのムール貝を試して見ました。味や何個入りなのか、買う前に詳しく検討できます。

パタゴニア プロビジョンズのムール貝は食を見つめ直す良いきっかけになります!

パタゴニア プロビジョンズとは?

patagonia_provisions_img
パタゴニア プロビジョンズはアウトドアブランドのパタゴニアが展開する、持続可能な食品にフォーカスした環境に優しい食品のプロジェクト。
パタゴニア プロビジョンズ-なぜ食品なのか?

パタゴニアのレビューはここからすべてチェックできます↓

パタゴニア プロビジョンズのムール貝(レモンハーブ味)のレビュー

patagonia_provisions_mussels_img29
今回試してみたのはレモンハーブ味。パタゴニア プロビジョンズは白基調のパッケージで落ち着いた雰囲気です。

1缶993円と、安くは無い値段です。開けてレビューして見ましょう。

原産国 スペイン
価格 993円

ムール貝はスペイン産とのこと。ムール貝はヨーロッパの暖かい南側の料理によく出てくるイメージがあります。

ヨーロッパ沿岸の伝統的な調理法にヒントを得て、スペイン産のオーガニックオリーブオイル、オーガニックのレモン果汁やパセリ、タイム、ガーリックで味付け。EUオーガニック水産養殖認証済のムール貝使用。ムール貝はプランクトンを食べて、海水をろ過しながら早く成長する、環境へのダメージが最も少なく、それでいて最も栄養価の高い海産物の1つ。スペイン西部沿岸の美しい海で、1892年創業の家族経営缶詰会社、コンセルバス・アントニオ・ペレス・ラフェンテが責任を持って養殖したムール貝を使用しています。EUオーガニック水産養殖認証済。


パタゴニアが公式で出してるムール貝のショートムービー。調理しなくて良いのですぐ食べられます。味は3種類あり、今回紹介するレモンハーブ味の他にソフリット味
iconスモーク味の3種類があります。

patagonia_provisions_mussels_img24
ムール貝の商品の中身はこんな感じ。シンプルなアルミの缶詰が入っています。

patagonia_provisions_mussels_img28
缶詰はタブが付いてるので特に道具は不要です。

patagonia_provisions_mussels_img27
切り口は鋭利なのでお子さんがいる方は注意しましょう。もちろん大人も。

patagonia_provisions_mussels_img22
全部開けてみました。思ったよりムール貝はたくさん入ってそうです!

パタゴニア プロビジョンズのムール貝のパッケージ

patagonia_provisions_mussels_img25
パタゴニア プロビジョンズのムール貝のパッケージはの側面も眺めて見ましょう。基本全て英語です。
patagonia_provisions_mussels_img26
栄養面も英語です。裏側の日本語のシールで確認できます。

patagonia_provisions_mussels_img1
なんとパッケージの裏にもデザインが書かれています!こだわりを感じますね。

こう記載されています。
(Google翻訳ベースに訳してます)

ムール貝を選ぶ理由

“Why Mussels?”
ムール貝を選ぶ理由
“Delicious and nutritious,responsibly cultivated mussels heip restore the ocean instead of depleting it.”
美味しくて栄養価が高く、責任を持って養殖されたムール貝は、海を使い果たすのではなく、回復させます。

栄養

“Nutrition:our eu organic mussels are a good source of protein and iron,and they’re packed with essential vitamin b-12 well over 100% Daily value per serving.See nutrition facts for information on naturally-occurring sodium content”
栄養:私たちのeu有機ムール貝は、タンパク質と鉄の優れた供給源であり、1食分あたり100%をはるかに超える必須ビタミンb-12が豊富に含まれています。自然に発生するナトリウム含有量の情報については、栄養の事実を参照してください

“Flavor:inspired by traditional coastal european recipes,we bring out the natural sweetness and a hint of ocean brine in our mussels with a blend of organic spanish olive oil,mussel broth,vegetables, herbs and spices.”
味:伝統的なヨーロッパの沿岸のレシピにインスピレーションを得て、有機スペインオリーブオイル、ムールブイヨン、野菜、ハーブ、スパイスをブレンドした塩水をヒントにムール貝の自然な甘さと引き出します。

有機農業

“Organic Agriculture:Our Europian certified organic mussels are produced with NO artificial feeds,pesticidesfertilizers or antibiotics. They also produce one of the smallest carbon footprints of any animal protein source.”
有機農業:私たちのヨーロッパ認定の有機ムール貝は、人工飼料、農薬、肥料、抗生物質を一切使用せずに生産されています。また、動物性タンパク質源の中で最も小さい二酸化炭素排出量の1つを生産しています。

きれいな食べ物、きれいな海

“Cleaner Food,Cleaner Ocean:Because mussels are low on the ocean’s food chain and mature quickly ,they don’t accumulate high levels of mercury or other heavy metals like swordfish or tuna. our organic aquaculture practices actually improve water quality and boost habitat deversity for other species.”
きれいな食べ物、きれいな海:ムール貝は海の食物連鎖で低く、急速に成熟するため、メカジキやマグロなどの高レベルの水銀や他の重金属を蓄積しません。 私たちの有機養殖は実際に水質を改善し、他の種の生息地の多様性を高めます

さすがパタゴニアが出す食品という印象です。

パタゴニア プロビジョンズのムール貝は何個入り?

patagonia_provisions_mussels_img14

ムール貝は1缶につき約17個入っている!

数えて見たところ、私が食べたパタゴニア プロビジョンズのムール貝は17個入っていました!

もちろん粒の大きさで前後はするでしょうから、16~18個前後は入っているイメージでしょうか。収穫時期によって大きさも異なるのかもしれません。

4人分のパスタに使う場合は1人あたり4つ前後はムール貝が入る計算ですね。

パタゴニア プロビジョンズのムール貝はいくら?

patagonia_provisions_mussels_img17
パタゴニア プロビジョンズのムール貝は993円で17個入りだったので、一粒58.4円前後の計算。正直コスパはよくないでしょうが、外食と比較してしまえば少し豪華な食材といった立ち位置でしょう。

パタゴニア プロビジョンズのムール貝をお皿に盛り付けて見る

patagonia_provisions_mussels_img12
和風なお皿にシンプルに並べてみましたが、様になる雰囲気ですね。
patagonia_provisions_mussels_img18
実際にキャンプでも使用しているスノーピークのランタンの柔らかな暖色が良い感じ。

patagonia_provisions_mussels_img19
オトナのおつまみにも良さそうですね。

パタゴニア プロビジョンズのムール貝をクラッカーに乗せて食べて見た!

patagonia_provisions_mussels_img30
パタゴニア プロビジョンズのムール貝をクラッカーに乗せて食べて見ました。

patagonia_provisions_mussels_img9
7個を1つづつ乗せて使用したので、2回+α分1缶で作れます。

patagonia_provisions_mussels_img6
家で育てたバジルを彩りで添えてみました。

patagonia_provisions_mussels_img3
ムール貝だけ乗せて食べましたが、チーズなども添えると良さそうです。あとクラッカーに乗せて食べる場合、オリーブオイルが余っちゃうのでオリーブオイルも考えた方が上手に使えそうだなと。パンにつけて食べるのもありかも。

パタゴニア プロビジョンズのムール貝の味

patagonia_provisions_mussels_img20

パタゴニア プロビジョンズのムール貝は好みの別れる味

パタゴニア プロビジョンズのムール貝(レモンハーブ味)の気になるお味ですが、「好みの分かれる味」をしています。
端的に言うとクセがちょっとある味をしています。「おいしーじゃん!」と感じる人もいれば、「ちょっとクセあって苦手かも、、」と感じる人もいるかもしれません。
海産物の生臭さはあまりないのですがあまり馴染みない香りがします。笑
タイムの香りなのでしょうか。日本人が日常で口にしている料理ではあまり口にすることがないような香りがありますね。
伝統的なヨーロッパの沿岸のレシピということもあり、日本以外にも同じ製品が流通しているでしょうから、味付けは日本人向けに作られてはない印象。

小さなお子さんは苦手かもしれません。ちょっと大人な味です。笑

パタゴニア プロビジョンズのムール貝はどんな人におすすめ?

patagonia_provisions_mussels_img7

・日頃の食を見つめ直してみたい方
・エシカルな消費を心がけたい方
・行動食やおやつ、サイドメニューに一品欲しい方

パタゴニア プロビジョンズのムール貝は日本人の舌には合う合わないあると思います。ですが「日常の食を考えるきっかけになるのかな」と感じました。

patagonia_provisions_mussels_img23
日本にいる限りだいたい安くても美味しいものに囲まれてますよね。でもそういった美味なものは生産背景で必ずしも不利な取引であったり、目先の利益を追求して持続可能ではない食品であったりもします。

patagonia_provisions_mussels_img11
安くはない食品なぶん、キャンプやBBQや、イベントごとなど、非日常な時ように買ってみようかな、と検討する方が多いでしょう。自然の中で囲まれながら一品でもサイドメニューに入れて見ると、身近な食品を改めて考えてみるよいきっかけになるのかなと感じました。

パタゴニア プロビジョンズはエシカルな食品の代表的なひとつになるのかなと思います。SDGsが謳われている今、自分たちの食を見つめ直したい方におすすめです。

日本と海外の味付けの違い?など文化の違いも考えられるかもしれませんね。

patagonia_provisions_mussels_img4
容器はコンパクトなので山でのおやつにも良さそうです。

パタゴニア プロビジョンズのムール貝のデメリット

patagonia_provisions_mussels_img21

・味が好みが分かれる
・値段は安くはない
・缶の処分が少し面倒

パタゴニア プロビジョンズのムール貝は決して安くはなく、味の好みも分かれるクセのある味をしています。

家なら気になりませんがキャンプでは缶詰のゴミって処分に少し手間がかかりますよね。

マイナスポイントもある上でご検討ください!

パタゴニア プロビジョンズのムール貝の購入方法

patagonia_provisions_mussels_img2
パタゴニア プロビジョンズはパタゴニア公式サイトか、パタゴニア製品の取り扱いのあるお店でしか今は取り扱いが少ないです。

おすすめは公式サイトでパタゴニア製品を買うついでに購入することです。

20,000円(税込)までは送料が550円かかってしまうので、パタゴニア公式サイトで購入する場合は何か別製品と一緒に購入が良いでしょう。

パタゴニア

パタゴニア プロビジョンズのムール貝の味は現在3種類

iconiconレモンハーブ味
iconiconソフリット味
icon
icon
iconスモーク味

ムール貝は現在3種類の味付けがラインナップ。ソフリットとスモークもそのうち試して見たいですね。ムール貝・オリーブオイル漬 3種パックというのもあります!

パタゴニア プロビジョンズのムール貝のまとめ

patagonia_provisions_mussels_main
パタゴニア プロビジョンズのムール貝は食を見つめ直す良いきっかけになります!

持続可能な消費に向けて意味のある”エシカルな消費”を心がけたい方にもおすすめしたい一品です。

参考にしてみてください!

【閲覧ありがとうございました】
「この記事参考になったよ!これからも頑張って!」と思って頂けたら、Twitterをフォロー、又はいいね・RTをよろしくお願いします!記事更新をお知らせしています。

パタゴニアのレビューはここからすべてチェックできます↓

HHOJOアウトドア一覧へ