patagonia_matome_main_winter2

パタゴニアのレビュー、12記事まとめ【注目のアイテムも】

リサイクル素材で環境に配慮した製品作りでファンの多いパタゴニア。高品質の製品ばかりですが価格は少々お高め。購入前にレビューしたいですよね。

はじめまして!プチ世界一周したデザイナーのHOJO HIKARUです。旅でも日常でもパタゴニア製品を愛用する私がレビューした記事をまとめました。

この記事では私のパタゴニアレビュー記事を一気に見ることができます!

この記事のもくじ

パタゴニアとはどんなブランド?

patagonia_retro_x_jacket_img8
パタゴニアは1965年にアメリカ・カリフォルニア州ベンチュラで創業したアウトドアブランドです。環境や労働者に配慮したプロダクト作りで日本でもファンの多いアウトドアブランドです。創業者のイヴォン・シュナイード氏の企業の理念や生産背景を含め、私もお気に入りのブランドです。

パタゴニア発祥の地はカリフォルニア州ベンチュラ


パタゴニアの本拠地はカリフォルニア州ベンチュラの郊外にあります。ベンチュラはロサンゼルスから車で1時間程の海沿いの街です。

パタゴニアのレビュー記事まとめ

私がレビューしたパタゴニアのアイテムの記事をまとめました!

パタゴニア レトロXジャケット

patagonia_retro_x_jacket_main

寒くなってくると気になってしまう、パタゴニア・レトロXジャケット。一度は着てみたい憧れのフリースジャケットですよね。魅力やマイナスポイントを詳しくレビューしました。パタゴニア・レトロXジャケットは品質から生産背景まで、最高のフリースです。

icon
iconパープル
icon
iconナチュラル
icon
iconブラック
icon
iconニューネイビー
icon
iconナチュラルレッド

今年のレトロXは9月24日(木)からパタゴニア公式サイトでのみの販売だそうです!

パタゴニア レトロXベスト

patagonia_retro_x_vest_main

寒くなってくると気になってしまう、秋冬のパタゴニアの看板アイテム、パタゴニア・レトロXベスト。魅力やマイナスポイントを詳しくレビューしました。パタゴニア・レトロXベストは一度は着たい、憧れの定番フリースベストです!

パタゴニア ロス・ガトス・クルー

patagonia_los_gatos_fleece_main

2,3年前に登場し、すぐにFF(秋冬)アイテムの人気商品となったロス・ガトス・クルー。毛足の長いフリースでレトロXに近い風貌ながら12000円前後とパタゴニアのフリースとしてはリーズナブルで一躍人気に。細かな機能やディティールなどを詳しくレビューしました。

パタゴニア マイクロパフ・ジャケット

patagonia_micropuff_main

北欧を含むバックパッカーの旅の経験を生かし、自分のインサレーションとして選んだマイクロパフ・ジャケット。限りなくダウンに近い軽さであるにも関わらず化繊なので濡れてもワタが潰れない優秀なアイテム。厳冬期の北海道ニセコでも使用していた信頼できるジャケットです。

パタゴニア R2ジャケット

patagonia_r2_jkt_main3

パタゴニアのテクニカルフリースの代表的なモデルでもあるR2ジャケット。ポーラテックのフリースを2素材を使い、暖かく通気性にも優れる優秀なフリース。ニセコでスノーボード、サイドカントリーを滑る時に着用していた高機能なフリースです。

パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイト

patagonia_capilene_mid_main

パタゴニアのベースレイヤー・キャプリーンの真ん中のモデルであるキャプリーン・ミッドウェイト。こちらもバックパッカーで7ヶ国旅した時に使用していた信頼できるベースレイヤーです。自然の中や寒い地域で使用するイメージですが、速乾性に優れているので寒暖差の激しい都会でも使えるベースレイヤー。新型と旧型の比較も加えながら魅力をレビューしました!

パタゴニア バギーズショーツ

patagonia_baggies_shorts_main3

もはや説明不要なぐらいに有名な夏のパタゴニアの代表的なアイテムのバギーズショーツ。充実の色展開の他、多用途に使えガシガシ使えるバギーズショーツの魅力を改めてレビューしました。7ヶ国旅したバックパッカーにも持って行った信頼できるアイテムです。

パタゴニア キャプリーン・クール・トレイル・シャツ

patagonia_capilene_cool_trail_shirt_long_main

パタゴニア・キャプリーン・クール・トレイル・シャツを購入し半年レビューしました。1枚で着れる機能性抜群の暑い時期向けのTシャツですが、毛玉ができやすかったり意外とクールに感じたり、扱いに若干コツのいるシャツでした。

パタゴニア クロストレックジャケット

patagonia_crosstrek_jkt_main

パタゴニアのクロストレックジャケットはポーラテック素材を使用した伸縮性に富んだトレーニング向けのジャケット。気持ち良い肌触りでソフトシェルがわりにも使えるジャケットをレビューしました。

パタゴニア プレーニング・ロールトップ35L

patagonia_planing_rolltop_35l_main2

パタゴニアのプレーニング・ロールトップ35Lは防水性を備えた35Lの中型バックパック。シンプルなロールトップ型のバックパックで、水辺のアクティビティなどに相性◎のバックパックです。濡れたものをメッシュコンパートメントに分けられるのが最大の特徴です。

パタゴニア ウルトラライト・ブラックホール・パック 20L

patagonia_ultralight_blackhole_pack_20l_main

パタゴニアのウルトラライト・ブラックホール・パック 20Lは軽量・コンパクトにパッカブルになるアイテム。コンパクトながらショルダーハーネスのクッションや、小物入れ、ドリンクホルダー等機能が充実しているバックパック。コンパクトなのでエコバッグとしても使えそうなアイテムをレビューしました。

パタゴニア プロビジョンズのレビュー記事まとめ

patagonia_provisions_img
パタゴニアが手がける持続可能でソーシャルグッドな食品ラインのパタゴニア プロビジョンズ。安くはないパタゴニア プロビジョンズの食品もレビューしてます。

パタゴニア プロビジョンズ ムール貝(レモン&ハーブ味)

patagonia_provisions_mussels_main

スペイン沖で養殖されたムール貝をヨーロッパ沿岸の伝統的な調理法で缶詰にしたもの。3種類味あるうちレモン&ハーブ味を実際に食べてみて詳しくレビューしました。

パタゴニアで注目してるアウトドアギア

持ってはいないものの、良さそうなパタゴニアのアイテムをご紹介します。

気づいたらレビュー記事に入っているかもしれません。笑

パタゴニア ウルトラライトブラックホールパック27L

容量 27L
重量 370g
PCスリーブ ×
価格 11,550円(税込)
特徴 軽量パッカブルながら27Lの容量!
ウルトラライト・ブラック・ホール・トート・パック 27Lは370gの軽さを誇りつつ、27Lと大容量。トートバッグとしてもバックパックとしても使え、日常からエコバッグまで幅広く使える人気モデル。20Lを使っていますが、27Lの方が今は使えそうな印象です。

パタゴニア レフュジオ・パック28L

容量 28L
重量 666g
PCスリーブ
価格 12,650円(税込)
特徴 日々使いやすい中型のバックパック
レフュジオ・パック 28Lは日常でもトレイルでも使えるオールラウンダータイプ。28Lと比較的大きめですが荷物が少ない時は絞れるサイドのコンプレッションもあり、日々付き合える良き相棒になりそう。

パタゴニア アーバー・グランデ・パック 28L

容量 28L
重量 690g
PCスリーブ
価格 19,800円(税込)
特徴 伝統を受け継ぐ28Lのバックパック
パタゴニアのアーバー・グランデ・パック 28Lは伝統的なルックスのバックパックながら、28Lと大容量でかつ、日々の生活に必要なPCスリーブも兼ね備えるモデルです。少し小さめの25Lタイプもありますが、28Lが小旅行にも使いやすそう。

パタゴニア チャカブコ30L

容量 30L
重量 675g
PCスリーブ
価格 14,300円(税込)
特徴 日常からトレイルまで幅広く使えるバックパック
チャカブコ・パック 30Lは、日常からトレイルまで幅広く使えるバックパック。上着や自転車のヘルメット等つけられる調節可能なコード、大型ドリンクホルダー、PCスリーブ等アクティブなライフスタイルを送る方に最適なバックパックです!

パタゴニア・トレス・パック25L

容量 25L
重量 873g
PCスリーブ
価格 17,600円(税込)
特徴 貝状に展開できるスクエア型でショルダーバッグにも
パタゴニアのトレス・パック 25L。25Lと少し小さめですが、グレゴリーのジャーニーマンやボーダー、アークテリクスのブレードと同じ貝状に開くスクエア型なので、工夫次第でうまくパッキングできそう。ショルダーバッグとしても使えます。

パタゴニアが登場してる記事まとめ

レビュー記事以外にもパタゴニア関連のものが出てくる記事を紹介します。

バックパッカーでプチ世界一周した私の持ち物まとめ&選びかた

backpacker_item_main_img

私がバックパッカーでプチ世界一周した時の持ち物をまとめた記事。バギーズショーツやキャプリーン・ミッドウェイトは実際にバックパッカーで持って行ったので記事内に登場します!

毎日使いたい、おすすめバックパック36選!【診断付き】

daily_backpack_recommend_main

デイリーユースでおすすめなバックパックを36個ピックアップしたこちらの記事。軽い診断もできるこちらの記事にもパタゴニアのバックパックが登場します!

バックパッカーにおすすめ!機内持ち込み可能なバックパック16選

backpacker_recommend_main2

バックパッカーの経験を元に機内持ち込み可能な30L前後のバックパックをまとめた記事。こちらにもパタゴニアのバックパックが登場します。

ハワイ最終日。ワイキキ市内を観光しロサンゼルスへ。(4日目)

day4_patagonia_waikiki_img

バックパッカーでハワイに訪れた時にパタゴニアのホノルル店を訪れたので一部紹介してます。

ニューヨーク4日目。マンハッタンの中心部をしっかり観光!(23日目)

day23_new_york_patagonia_img2

バックパッカーでニューヨークを訪れた時にパタゴニアのニューヨークSOHO店を訪れた様子を一部紹介してます。

パタゴニアのレビュー記事と注目してるバックパックまとめ

patagonia_matome_main
私も大好きなパタゴニア。まだまだ作りたい記事が多くありますので、更新毎にこの記事にも更新していく予定です。

【閲覧ありがとうございました】
「この記事参考になったよ!これからも頑張って!」と思って頂けたら、Twitterをフォロー、又はいいね・RTをよろしくお願いします!記事更新をお知らせしています。

HHOJOアウトドア一覧へ