daily_backpack_recommend_main

毎日使いたい、おすすめバックパック36選!【診断付き】

「毎日使える使いやすいバックパックを探してるのだけど、どのバックパックがおすすめなの?」

新しい環境に変わり、ライフスタイルの変化のあるこの頃。新しい日々に最適なバックパック探しは終わりがないですよね。

はじめまして!プチ世界一周したWebデザイナーのHojo Hikaruです。旅の経験を生かしたシビアなもの選びで、毎日使えるバックパックを36個、厳選しました。

この記事は簡単なバックパック診断もあり、用途に合わせてあなたに合ったバックパックをご紹介。次の相棒になるバックパック選びのヒントになるはずです。

妥協せず選んだ36選。あなたに合うバックパックが見つかるはずです!

たった3問で用途に合ったバックパックを診断します。

Q1
日々の荷物は多い?

やり直す

この記事のもくじ

コンパクトで軽くスタイリッシュなバックパックのおすすめ7選

日頃荷物が少なく、とにかく軽さとスタイリッシュさを意識したいあなた。

軽量、コンパクトなバックパックはパッカブルにもなるセカンドバッグと、機能を追求した軽量だけど高価なバックパックが混在しています。

アークテリクス グランヴィル 20L

容量 20L
重量 855g
PCスリーブ
価格 26,400円(税込)
特徴 防水性に富んだ雨蓋タイプ
アークテリクスのグランヴィル20Lは防水素材を使用した対天候に強い都会的なバックパック。15インチまで対応するPCスリーブを備えた洗練されたデザインが特徴的です。

アークテリクス グランヴィル 16L

容量 16L
重量 750g
PCスリーブ
価格 28,600円(税込)
特徴 防水性に優れ電子機器の持ち運びに最適
グランヴィルの兄弟モデルとして登場したアークテリクスのグランヴィル16L。防水素材のAC²テクノロジーとWaterTight™止水ジッパーにより悪天候から大切な荷物を守ります。16Lと先代のグランヴィル20Lよりコンパクトですが、使用してる素材が高いのか定価はこちらの方が高価なバックパックとなっています。

ミステリーランチ・ギャラゲーター

容量 19L
重量 600g
PCスリーブ ×
価格 12,650円(税込)
特徴 Y字ジップを採用
米軍採用の堅牢さで人気のミステリーランチからはギャラゲーター。人気モデルのアーバンアサルトが人気ですが、アーバンアサルトより軽量でリーズナブル。ショルダーハーネス等は下で紹介してるインアンドアウトに近い軽量モデルです。軽量ですが背面にパネルはあるので背負い心地は良好です。

ミステリーランチ インアンドアウト

mysteryranch_in_and_out_main

容量 19L
重量 400g
PCスリーブ ×
価格 10,450円(税込)
特徴 パッカブルながら強度・ポケットも充実
ミステリーランチのインアンドアウトは私がバックパッカーで8ヶ国行った時にセカンドバッグとして持ち歩いたバックパックです。軽量でパッカブルながらポケットや耐久性に優れたミステリーランチの隠れた名作です。

別記事で詳しく紹介してます!↓

Aer Fit Pack2

容量 18.8L
重量 860g
PCスリーブ
価格 24,200円(税込)
特徴 シューズ用コンパートメント付き
AerのFit Pack2はジムに仕事にと、日々をアクティブな生活を送る人に向けて作られたバックパック。PCスリーブを内蔵し、着替えや日用品はもちろん、底面にシューズ用のコンパートメントがあるところがユニーク。都会的な外観も人気です。

TERG(ターグ) バックパック

容量 23L
重量 890g
PCスリーブ
価格 18,480円(税込)
特徴 ヘリノックス社が作る機能美
アウトドア好き、キャンプ好きには有名なチェア・ヘリノックスの開発チームが、最先端のアウトドアテクノロジーを費やして作るバックパックがこのTERG(ターグ)。
ティアドロップ型のボトム部分はレザーが採用され、高級さと機能美を兼ね備えたバックパックです。

アーバンリサーチドアーズ バックパック

容量 20L前後
重量 440g
PCスリーブ
価格 7,480円(税込)
特徴 高コスパのUR PB商品
アーバンリサーチの姉妹店である、アーバンリサーチドアーズのプライベート商品。アウトドアルックでありながら軽量で低価格でコスパ◎!人と被りにくいのもポイント高し!

コンパクトで軽くクラシックなバックパックのおすすめ3選

荷物が少なく、軽いけどクラシックなスタイルも意識したいあなた。

グレゴリー、パタゴニアなどのクラシックな雰囲気ながら、コンパクトで軽量なモデルをチョイスしました。

グレゴリー ファインデイ

容量 16L
重量 505g
PCスリーブ ×
価格 10,450円(税込)
特徴 バックパックを小さくし女性に人気
グレゴリーの名作”バックパック”をそのまま小さくし使いやすいサイズになったファインデイ。小ぶりな大きさからも女性や荷物の少ない人から多く支持を受けているバックパック。カラー展開も豊富なところも魅力的です!

パタゴニア ウルトラライト・ブラックホール・パック 20L

patagonia_ultralight_blackhole_pack_20l_main

容量 20L
重量 310g
PCスリーブ ×
価格 8,800円(税込)
特徴 軽量パッカブルなトップロード型
パタゴニアのウルトラライト・ブラックホール・パック 20Lは軽量・コンパクトにパッカブルになるアイテム。コンパクトながらショルダーハーネスのクッションや、小物入れ、ドリンクホルダー等機能が充実。

以下の記事でも紹介してます。

ミステリーランチ ブーティーデラックス

容量 21L
重量 600g
PCスリーブ
価格 13,200円(税込)
特徴 ブーティバックをより使いやすくしたモデル
ミステリーランチからはブーティーデラックス。PCスリーブ、小物ポケット、前面にも大きなポケットが配置されるなど、ブーティバッグをより使いやすく改良したモデル。カラーが綺麗で好きです。

コンパクトで耐久性高くスタイリッシュなバックパックのおすすめ7選

デイリーユースで丈夫、そしてスタイリッシュ。

ずばり、バックパック激戦区です。アウトドアブランドをはじめ各ブランドの名作がひしめく診断結果に!!

アークテリクス アロー22

arcteryx_arro22_main

容量 22L
重量 1030g
PCスリーブ
価格 29,700円(税込)
特徴 アークテリクスの”顔”とも言える名作
言わずと知れたアークテリクスの名作アロー22。19年にモデルチェンジして細部の補強とPCスリーブが追加になりさらに使いやすいモデルに。新型でないとPCスリーブはないので購入前によく確認しましょう!

アークテリクス アロー20

arcteryx_arro20_main2

容量 20L
重量 780g
PCスリーブ
価格 19,800円(税込)
特徴 “アロー”を引き継ぐバケットバッグ
アロー22の兄弟モデルで登場したアロー20。引っ張るだけで素早く開閉できるドローコードを備え悪天候にも強い素材を使用。型崩れしないようプレートが入っているので床に置いた時に自立するのもポイント高めです。

アークテリクス ブレード20


容量 20L
重量 1240g
PCスリーブ
価格 27,500円(税込)
特徴 ミニマムなデザインの”ブレード”中間モデル

アークテリクスのブレードシリーズの中間モデルであるブレード20。弧を描いたプレートが内臓され荷物を守りつつ、しっかりとしたデザインでバックパックとして人気です。

ミステリーランチ アーバンアサルト21

mysteryranch_urbanassault_main

容量 21L
重量 1300g
PCスリーブ
価格 19,250円(税込)
特徴 ミステリーランチを普及させた名作。
ミステリーランチを普及させた名作。当初はなかったPCスリーブも付き使いやすいバックパックに。ミステリーランチのお家芸であるY字ZIPとシンプルな外観、ミステリーランチならぬリーズナブルさで大人気。カラーバリエーションも豊富です!

ミステリーランチ スリック

mysteryranch_slick_main2

容量 23L
重量 1100g
PCスリーブ
価格 18,700円(税込)
特徴 アシンメトリーなジップ
アシンメトリーなジップが特徴的な都会的なバックパック。コロっとした外観が可愛かったりします。笑

ホグロフス コーカーL

容量 20L
重量 910g
PCスリーブ
価格 18,700円(税込)
特徴 パッド入りボックス構造のロングセラーアイテム
北欧スウェーデン発のホグロフスからはコーカーのLサイズ。北欧デザインらしい洗練された外観でロングセラーアイテムです。サイド開閉でパッド入りのバックパックなので中身を保護できるのもポイント高し!

グレゴリー カバートソリッドデイ

容量 24L
重量 975g
PCスリーブ
価格 19,250円(税込)
特徴 スクエア型でポケット9つ。マルチケース付属
グレゴリーからはスクエア型でビジネスユースにも人気なカバートソリッドデイ。PCのケーブル類をしまえるジッパー付きマルチケースが付属。ポケットが合計9つあるコンパートメントの多さも魅力的です。

コンパクトで耐久性高くクラシックなバックパックのおすすめ2選

コンパクトでしっかりして、クラシックなやつ。

ここに当てはまるバックパックは思ったより少なめでした。いくつかご紹介します!

グレゴリー オールデイ

容量 22L
重量 820g
PCスリーブ ×
価格 18,700円(税込)
特徴 デイ&ハーフの小型版
グレゴリー オールデイは容量の大きいデイ&ハーフを小さくしたサイズで、ポケットも少ないシンプルな構成。バッグインバッグやポーチなどを活用して仕切る人に使いやすいシンプルなバックパックです。

ミステリーランチ リップラック

容量 22L
重量 1100g
PCスリーブ
価格 19,800円(税込)
特徴 リップジップを都会的に
ミステリーランチのリップラックはミリタリーテイストのリップジップを都会的に落とし込んだバックパック。一見クラシカルながらPCスリーブを装備&ポケットも多く使い勝手良好。

大きめで軽くスタイリッシュなバックパックのおすすめ4選

荷物多いから、軽量でカッコいいやつを!

良いバックパック、ありました!

アークテリクス マンティス26

容量 26L
重量 865g
PCスリーブ
価格 18,700円(税込)
特徴 軽量で機能的
アークテリクスのマンティス26は軽量で26Lの容量、アークテリクスの中では比較的リーズナブルで人気なモデル。アークテリクスの中では女性にも人気のあるバックパックです。

ホグロフス・カトラ25L

容量 25L
重量 g
PCスリーブ
価格 16,500円(税込)
特徴 防水素材を使用した雨蓋タイプ
北欧はスウェーデンのアウトドアブランド・ホグロフスからはカトラ25Lがおすすめ。ベースはクラシカルな雨蓋タイプのバックパックですが、北欧ブランドらしくシンプルでスタイリッシュ。ターポリン素材で防水ですが、裁縫部分のシーム加工はしてないそうなので完全防水は謳っていません。ホグロフスは高級なアウトドアブランドに入りますが、バックパックは意外と手が出やすいです。

ホグロフス・ビーデL

容量 25L
重量 830g
PCスリーブ
価格 13,200円(税込)
特徴 幅広い用途を想定したオールラウンダー
ホグロフスから2つめはヴィーデのLサイズ。定番バックパックらしい形でありつつ北欧デザインを感じるスタイリッシュな外観が良いパートナーになりそう。幅広い用途に対応するオールラウンダーありながら、値段もリーズナブルなのが嬉しいですね。

パタゴニア レフュジオ・パック28L

容量 28L
重量 666g
PCスリーブ
価格 12,650円(税込)
特徴 日々使いやすい中型のバックパック
環境に優しいリードカンパニー、パタゴニアからはこのレフュジオ・パック 28L。日常でもトレイルでも使えるオールラウンダータイプ。28Lと比較的大きめですが荷物が少ない時は絞れるサイドのコンプレッションもあり、日々付き合える良き相棒になりそうです。

大きめで軽くクラシックなバックパックのおすすめ4選

荷物が多く、クラシックなルックスでなおかつ軽い、、とわがままなあなたにはこのバックパックたちがおすすめです!

パタゴニア ウルトラライトブラックホールパック27L

容量 27L
重量 370g
PCスリーブ ×
価格 11,550円(税込)
特徴 軽量パッカブルながら27Lの容量!
パタゴニアからはウルトラライト・ブラック・ホール・トート・パック 27L。370gとカテゴリトップの軽さを誇りつつ、27Lと大容量で、日常からエコバッグまで幅広く使える人気モデル。トートバッグとしてもバックパックとしても使え、使い勝手の良さからママさんにも人気な印象です。

パタゴニア アーバー・グランデ・パック 28L

容量 28L
重量 690g
PCスリーブ
価格 19,800円(税込)
特徴 伝統を受け継ぐ28Lのバックパック
パタゴニアのアーバー・グランデ・パック 28Lは伝統的なルックスのバックパックながら、28Lと大容量でかつ、日々の生活に必要なPCスリーブも兼ね備えるモデルです。2つサイズがあり、少し小さめの25Lタイプもあります。

パタゴニア チャカブコ30L

容量 30L
重量 675g
PCスリーブ
価格 14,300円(税込)
特徴 日常からトレイルまで幅広く使えるバックパック
パタゴニアのチャカブコ・パック 30Lは、日常からトレイルまで幅広く使えるバックパック。上着や自転車のヘルメット等つけられる調節可能なコード、大型ドリンクホルダー、PCスリーブ等アクティブなライフスタイルを送る方に最適なバックパックです!

カリマー・イクリプス(27L)

容量 27L
重量 760g
PCスリーブ
価格 15,180円(税込)
特徴 カリマー定番のバックパック
イギリスのバックパックブランド・カリマーの定番バックパック。値段もデイリーユースに近いですが、ウエストベルトやしっかりしたショルダーハーネスなど、必要な機能を十分に備えたアイテム。

大きめで耐久性高くスタイリッシュなバックパックのおすすめ3選

荷物多いけど頑丈でスタイリッシュなやつを!

そんなあなたにおすすめなのはスクエア型のバックパック。一泊以上の出張や外泊にも使えるので、丈夫でガバッと開くバックパックをチョイスしました。

アークテリクス・ブレード28L

容量 28L
重量 1460g
PCスリーブ
価格 30,800円(税込)
特徴 プレートで中身を守る”ブレード”ラージサイズ
アークテリクスからは前面に板が入り中身を守ってくれるブレードシリーズの一番大きいサイズ、ブレード28を。貝のようにガバッと開けられ1泊分の荷物も収納可能。シンプルなデザインも◎。

グレゴリー ボーダー25L

容量 25L
重量 925g
PCスリーブ
価格 22,000円(税込)
特徴 ビジネスにもトラベルにも
グレゴリーのボーダー25はトラベルラインで、グレゴリーの中では背面メッシュもあり、PCスリーブ、ドキュメントスリーブ等仕事用のバックパックとしても使いやすいバックパック。私も以前古い型のボーダー25を使用していましたが、オススメできるバックパックです。

パタゴニア・トレス・パック25L

容量 25L
重量 873g
PCスリーブ
価格 17,600円(税込)
特徴 貝状に展開できるスクエア型でショルダーバッグにも
パタゴニアのバックパック、トレス・パック 25L。25Lと少し小さめですが、グレゴリーのジャーニーマンやボーダー、アークテリクスのブレードと同じ貝状に開くスクエア型なので、工夫次第でうまくパッキングできそう。ショルダーバッグとしても使えます。

大きめで耐久性高くクラシックなバックパックのおすすめ6選

荷物多いから丈夫でクラシカルな定番で、長く付き合えるやつ。

この辺は知ってる人も多いでしょう、名作が多く並ぶ結果に。

グレゴリー・バックパック(26L)

容量 26L
重量 645g
PCスリーブ
価格 22,000円(税込)
特徴 グレゴリーの代表的バックパック
グレゴリーの顔とも言えるバックパック。説明する必要がないぐらいに有名なバックパックですね。クラシックな外観と豊富なカラー展開で旅の雰囲気を後押ししてくれます。容量が26Lと、紹介してる中では小さめ。暑い地域や旅慣れしてる人はこのサイズでも十分行ってる人はいます。ポケットは少ないので、自分でパッキングしましょう。

ミステリーランチ 2デイアサルト

容量 27L
重量 1400g
PCスリーブ
価格 29,700円(税込)
特徴 3デイアサルトCLをスケールダウンさせたモデル
ミステリーランチの代表的なモデル、3デイアサルトCLをスケールダウンしたバックパック。現在品薄が続いてるそうです。PCスリーブは横からも開閉でき、お店で触った感じ、3デイアサルトCLより使いやすいかもしれません。今ミステリーランチで一番注目されてるモデルです。
3デイアサルトCLは以下で記事にしてます。

ザ ノースフェイス ホットショットクラシック

容量 26L
重量 1135g
PCスリーブ
価格 17,600円(税込)
特徴 ノースフェイス定番のクラシックバックパック
大人気のアウトドアブランドのノースフェイスからはホットショットクラシック。ノースフェイスの定番のバックパックです。クラシックな外観ながらネオプレーン素材のPC、タブレットスリーブを備え、小物収納用のポケットも充実。

ミステリーランチ ストリートゼン

容量 25L
重量 1100g
PCスリーブ
価格 17,600円(税込)
特徴 調節可能な前衛的なバックパック
ミステリーランチのストリートゼンはアナトミックシルエットのバックパック。PCスリーブもあり、左右にコンプレッションもついてるので荷物の量で幅の調節が可能。

グレゴリー・マイティーデイ(30L)

容量 30L
重量 950g
PCスリーブ
価格 26,400円(税込)
特徴 名作バックパックをサイズアップしたモデル
上で紹介したグレゴリーの名作・バックパックをそのまま4L大きくした“ちょっと大きいバックパック”。「クラシックなティアドロップ型で雰囲気を出したいけどバックパックはちょっと小さい!」荷物の多い方におすすめです。

グレゴリー・ジャーニーマン(30L)

容量 30L
重量 1145g
PCスリーブ
価格 30,800円(税込)
特徴 貝型に開け、1泊以上の宿泊にも使えるバックパック
グレゴリーのジャーニーマンは以前使用していた、まさに“旅人”向けのバックパック。クラシックな雰囲気をまといつつ機能は充実したバックパック。バッグインバッグを使わなくても小物は分けて収納できるぐらいコンパートメントが多いです。貝のように展開できるので宿で荷物を展開しやすいのも魅力。
グレゴリーの中でも良い値段のバックパックですが、機能の差を加味すると高くないかなと。ウエストハーネス&背面メッシュはないので注意。

毎日使いたい、おすすめバックパック36選まとめ

daily_backpack_recommend_main
お好みのバックパックは見つかったでしょうか?個人的な好みもあってアウトドアブランドに偏っていますが、機能性に間違いはないバックパックばかりです。

この記事を参考に最高の相棒になるバックパックを見つけてみて下さい!

【閲覧ありがとうございました】
「この記事参考になったよ!これからも頑張って!」と思って頂けたら、Twitterをフォロー、又はいいね・RTをよろしくお願いします!記事更新をお知らせしています。