arcteryx_squamish_hoody_main

アークテリクス・スコーミッシュフーディは寒暖の激しい時期に◎【超軽量140g】

パッカブルで気軽に羽織れるウインドシェルのスコーミッシュフーディ。実際の使い勝手がどうなのか、気になりますよね。

スコーミッシュフーディの細部や収納方法、サイズ感などを徹底レビューしました!この記事で購入前のお悩みが解消できます。

アークテリクス・スコーミッシュフーディは寒暖差が気になる時期に携帯したい、140gの軽量ウインドシェルです。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
プチ世界一周したデザイナーのHOJO HIKARUです。バックパッカーの経験を生かして細かくレビューしていきます。

アークテリクスってどんなブランド?

arcteryx_matome_main

アークテリクスはカナダで生まれたアウトドアブランド。最高品質のプロダクト作りをしていることで日本でも人気ですね。

アークテリクスの他のレビューはまとめ記事から↓

アークテリクス・スコーミッシュフーディとは?

arcteryx_squamish_hoody_img2
アークテリクス・スコーミッシュフーディはTyono™30ナイロンで作られた最先端の高耐風性素材を使用した防風フーディ。わずか140gという軽さでかつパッカブルなので携行性に非常に優れたウインドシェルです。

スコーミッシュの由来

スコーミッシュはカナダの街の名前

スコーミッシュフーディの”スコーミッシュ”は、カナダはブリティッシュコロンビア州スコーミッシュの地名から取られたもののようです。バンクーバーから北米のスキーリゾートとして有名なウィスラーへ向かう途中にある入江の港町のようですね。変わりやすい天候で使える軽量なフーディらしい由来ですね。

カナダ・ブリティッシュコロンビア州スコーミッシュ

アークテリクス・スコーミッシュフーディのスペックは?

カラー Black、Cryptochrome、Nucleus、Hyperspace、Labyrinth
サイズ展開 XS~XXL
素材 Tyono30デニールナイロン(DWR加工)
重量 約140g
価格 24,200円(税込)
生産国 バングラデシュ
カラー展開は現在5色。

アークテリクス・スコーミッシュフーディの価格は?

アークテリクス・スコーミッシュフーディの定価は24,200円(税込)

アークテリクス・スコーミッシュフーディの価格は24,200円(税込)。最軽量なパッカブルフーディな一方で、安価に手に入るアークテリクスのジャケットという側面もあるでしょう。

アークテリクス・スコーミッシュフーディの細部をチェック!魅力や特徴をレビュー

arcteryx_squamish_hoody_img1
細部や魅力を見ていきましょう。カラーはブラック、170cm体型普通でサイズはメンズMサイズを選びました。

arcteryx_squamish_hoody_img3
軽さを最重視して作られているのでポケットは胸ポケットのみ。ロゴは”ヒートトランスファー”という熱圧着で接着されてるようです。

arcteryx_squamish_hoody_img7
胸ポケットはiPhone11は入りましたが、長財布は入らないサイズ感でした。

arcteryx_squamish_hoody_img9
ジッパーもかさばらない小さなYKKのジッパーが使用されています。なお収納時は裏返しで収納するため、裏側にも持ち手のコードが付いているタイプです。

arcteryx_squamish_hoody_img8
センターのジッパーはNo Slip Zip™ フロントジッパーというジッパーが使用され、シングルタイプ。こちらもYKKのミニマムなジッパーで構成されています。

arcteryx_squamish_hoody_img12
ジッパーの引き手には樹脂製のパーツがつきます。裏側は少し簡素ですが、僅かでも軽量化しようとする試みでしょう。

arcteryx_squamish_hoody_img11
顎もナイロンではありますが、チンガードが付いてます。有ると無いとだと大違いなのでこれは嬉しいですね。

arcteryx_squamish_hoody_img13
フードは軽量ながらドローコードで調整可能なタイプ。首横にドローコードが有ることが多いですが、スコーミッシュフーディは頭の後ろで調整するタイプになっています。

arcteryx_squamish_hoody_img10
フードのツバ部分は型が内蔵されているので視界を遮ることは少ないでしょう。パッカブルなフーディなので内蔵されてる型も柔らかめです。

arcteryx_squamish_hoody_img16
カッティングも立体的なので、被っても自然な感じに。大きさ的にヘルメットには対応してなさそうです。ライトなシチュエーション向けなのが伺えます。

arcteryx_squamish_hoody_img6
脇はガゼット入りの立体構造で、手を上げる動作でずり上がりは少ない印象。

arcteryx_squamish_hoody_img4
袖は腕を通した際の下半周が伸縮性のあるゴムが内蔵され、ミニマムな作り。

arcteryx_squamish_hoody_img5
裾はスワローテイルで、前屈しても腰が出にくい作りです。

arcteryx_squamish_hoody_img19
裾の内側にドローコードが左右に配置され、腰回りのフィットを細かく調節できる仕様に。

arcteryx_squamish_hoody_img15
後ろから見ても余計なデザインやカッティングも少なく、アウトドアでも都会でも着れるシンプルな外観は好印象です。

arcteryx_squamish_hoody_img14
DWR (耐久撥水)仕上げにより薄手ながら水を弾くTyono30デニールナイロン。防風がメインなので、撥水性能は小雨程度と考えておいた方が良いでしょう。

アークテリクス・スコーミッシュフーディの重さは?

arcteryx_squamish_hoody_img28

アークテリクス・スコーミッシュフーディの重さは約140g

アークテリクス・スコーミッシュフーディの重さは約140g。私のMサイズは143gでした。多少の誤差はあるものの、とはいえ非常に軽いのが魅力のジャケットです。

アークテリクス・スコーミッシュフーディの生産国は?

arcteryx_squamish_hoody_img20

アークテリクス・スコーミッシュフーディはバングラデシュ産

アークテリクス・スコーミッシュフーディの生産国はバングラデシュ。アークテリクスは意外とバングラデシュ製はある印象ですね。東南アジア生産のようです。

アークテリクス・スコーミッシュフーディのサイズ感とコーデ例


アークテリクス・スコーミッシュフーディのサイズ感は170cm体型普通の私でMサイズで少し余裕あるかなという印象です。

Sだとタイトめ。Mだと少しゆとりのあるサイズ感です。

アークテリクス・スコーミッシュフーディの収納方法

arcteryx_squamish_hoody_img22
スコーミッシュフーディの収納方法を簡単に紹介します。フロントジッパーは閉めた状態で胸ポケットを開けます。

arcteryx_squamish_hoody_img21
ロゴの内側上部にコードループがあるので、手探りで探しましょう。

arcteryx_squamish_hoody_img25
ありました。ロゴが入っていてしっかりしています。このコードループを引っ張ります。

arcteryx_squamish_hoody_img23
コードループを引っ張り出したら、ポケットを裏返ていきます。

arcteryx_squamish_hoody_img24
胸ポケットが裏返ったら内側に本体を詰めていきます。畳みながら詰めたいですが、畳みながら入れるのは難しい印象でした。

arcteryx_squamish_hoody_img26
あとはジッパーを閉めたらパッキング完了です。とても簡単です。

arcteryx_squamish_hoody_img27
かなりコンパクトになるので、春夏秋にはバッグの中に入れておけば急な寒暖差で羽織れるので便利で良いですね。

arcteryx_squamish_hoody_img29
収納は小さくなりますがシワが着いてしまうので、携帯時以外はハンガーにかけて保管が良いかなと思います。雨に濡れた後も良く干してから収納しないと撥水機能は低下してしまうので注意した方が良いかと。

アークテリクス・スコーミッシュフーディの魅力や特徴まとめ

・140gと非常に軽量でパッカブル
・軽量ながら防風・撥水加工等必要な機能は備えている
・街でもアウトドアでも使えるシンプルなデザイン
・アークテリクスのジャケットが安価に手に入る

アークテリクス・スコーミッシュフーディの魅力や特徴をまとめると、140gと非常に軽量であること。軽量ながら防風・撥水と必要な機能は備えており、街でもアウトドアでも使えるシンプルなデザインであること。また安価で手に入るアークテリクスのジャケットということで選ぶ方もいるのかなと思います。

アークテリクス・スコーミッシュフーディのマイナスポイント

arcteryx_squamish_hoody_img5

・左右ハンドポケットはない
・撥水性能はあまり期待できない

アークテリクス・スコーミッシュフーディのマイナスポイントは軽量ゆえに左右のハンドポケットが無いことと、撥水性能はあまり期待できなそうというところでしょうか。”急な天候の変化での防風”がメインの用途なので、防水用のジャケットとして使うのはおすすめしません。

アークテリクス・スコーミッシュフーディはどんな人におすすめ?

・寒い時に羽織れる、軽量ミニマムなフーディを探してる方

アークテリクス・スコーミッシュフーディ寒い時に羽織れる、軽量ミニマムなフーディを探してる方におすすめできるアイテムです。春や秋など、暖かいですが寒暖差の激しい時期にバッグの隙間に忍ばせておくと気持ちに余裕ができるアイテムじゃないかなと思います。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
旅にもオススメですが、アークテリクスは知名度も高い高級ブランドなので治安の悪い渡航先への携行は控えましょう。

アークテリクス・スコーミッシュフーディを最安値で買うには?


アークテリクス・スコーミッシュフーディはバードエイド保証付きの国内正規品は”正規品”の記載のある物をしっかり選んで購入しましょう。

並行輸入品でも良ければ楽天、Amazonで少し安く手に入ります。

おすすめのECサイト
楽天市場
Amazon

私は楽天市場でセールになっているもの+ポイント増量中の時期を見て購入しました。

アークテリクス・スコーミッシュフーディのレビューまとめ

arcteryx_squamish_hoody_main
アークテリクス・スコーミッシュフーディは寒暖差が気になる時期に携帯したい、140gの軽量ウインドシェルです。

一枚あると非常に便利なパッカブルフーディです。特に春秋ごろの朝晩の寒暖差の激しい時期にバッグに入れておくと頼りになるアイテムです。
購入前の参考になれば幸いです。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
閲覧ありがとうございました。
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします^^
Twitter,Pinterest

アークテリクスの他のレビューはまとめ記事から↓