arcteryx_seton_jkt_main

アークテリクス・セトンジャケットは街に山に使える高機能ボンバージャケット

アークテリクスのアトムフーディをボンバースタイルにしたセトンジャケット。使い勝手や機能性など、気になりますよね。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
プチ世界一周したデザイナーのHOJO HIKARUです。モノ選びにシビアな私が実際に購入し徹底レビューしました。

この記事でセトンジャケットの魅力や使用感、マイナスポイントが掴め、じっくり検討できます。

アークテリクス・セトンジャケットは街に山に使える高機能ボンバージャケットです。

アークテリクスってどんなブランド?

arcteryx_matome_main

アークテリクスはカナダで生まれたアウトドアブランド。最高品質のプロダクト作りをしていることで日本でも人気ですね。

アークテリクスの他のレビューはまとめ記事から↓

アークテリクス・セトンジャケットとは?

arcteryx_seton_jkt_img10
アークテリクス・セトンジャケットは同じアークテリクスの定番商品のひとつである、アトムLTフーディをベースに都会でも使いやすいようにボンバースタイルに変更した、MA-1風なジャケットです。

アークテリクス・セトンジャケットの価格は?

アークテリクス・セトンジャケットの定価は29,700円(税込)

アークテリクス・セトンジャケットの価格は29,700円(税込)。ジャケットタイプのアトムLTジャケットは31,900円なので、襟の分、2,200円ほど安価ではあります。

アークテリクス・セトンジャケットの魅力や特徴をレビュー!

arcteryx_seton_jkt_img1
セトンジャケットの細部をチェックしていきましょう。全体的にはアトムフーディをベースにしたシンプルなデザインが目を引きます。

arcteryx_seton_jkt_img2
最大の特徴がこのMA-1ライクなスッキリした襟。タウンユース向けとありますが、ベースがアウトドアアクティビティ向けのアトムLTなので機能性は十分。

arcteryx_seton_jkt_img15
アークテリクスの始祖鳥のロゴは左胸ではなく、左腕にシンボルマークのみ熱圧着でついています。

arcteryx_seton_jkt_img6
表地のナイロンはTyono(ヨーノ)20というナイロン生地が使われ、DWR加工がされているため水を弾きます。

arcteryx_seton_jkt_img11
アトムフーディと同じくサイドパネルはインサレーションはなく、フリース素材が使用されています。

arcteryx_seton_jkt_img13
内側は起毛したフリースそざいなので着心地も損なわず、体の湿気は逃げやすい作りに。

arcteryx_seton_jkt_img14
裾のリブは細めでスタイリッシュな印象です。

arcteryx_seton_jkt_img5
左右のポケットは正面からは見えない位置にあり、シンプルな雰囲気を後押ししてます。ジッパーも小ぶりで主張の少ないタイプ。

arcteryx_seton_jkt_img4
ポケットは手の甲側にフリースが使われているので、ポケットに手を入れるとぬくぬくして暖かい。

arcteryx_seton_jkt_img3
袖は下部が伸縮性の素材が配置された無調整タイプ。前腕から手首までは比較的細めな作りです。シルエットは良いですが好みの分かれそうな部分です。

arcteryx_seton_jkt_img7
ライニングもシンプルな作り。中綿は信頼性の高いコアロフトコンティニュアス。化繊の中綿なのでダウンには劣りますが濡れても保温性能は極端に落ちないのが魅力的です。

arcteryx_seton_jkt_img8
セトンジャケットは左胸ポケットがあり、一般的な長ザイフは入るサイズ感。貴重品もジッパー付きで携行できます。

arcteryx_seton_jkt_img17
重さは315gと軽量。インサレーションジャケットの部類ですが、結構コンパクトにまとまります。

arcteryx_seton_jkt_img16
持っていたモンベルの2Lのスタッフバッグに入るコンパクトさ。パッカブルのダウンジャケット並みにコンパクトにできます。

アークテリクス・セトンジャケットの重さは?

arcteryx_seton_jkt_img9

アークテリクス・セトンジャケットの重さは315g

アークテリクス・セトンジャケットの重さは315g。公式の重さとほぼ同じでした。インサレーションとしては軽量で使いやすいですね。

アークテリクス・セトンジャケットの生産国は?

arcteryx_seton_jkt_img12

アークテリクス・セトンジャケットはバングラデシュ産

アークテリクス・セトンジャケットの生産国はバングラデシュ。セトンジャケットと同時期にレビューしたスコーミッシュフーディもバングラデシュ製でした。

アークテリクス・セトンジャケットのサイズ感とコーデ例


アークテリクス・セトンジャケットは170cm標準体型の私でMサイズが丁度良いサイズ感です。ボンバージャケットはタイト目が良い方はSサイズでも良さそうな印象。適度に余裕がありつつ良いシルエットです。唯一袖口は大きく伸縮はしないので、暑くなったら腕まくりは難しそうですね。

アークテリクス・セトンジャケットのスペックまとめ

カラー Ultima,Black,Cinder,Cosmic
サイズ展開 S~XXL
素材 ・コアロフトコンティニュアス(60~100%ポリエステル)
・ドープパーミエアー(20~100%ナイロン)
・Tyono20PW(100%ナイロン)
・ヴェロラインパフォーマンスフリース(65%ポリエステル、35%メリノウール)
重量 315g
価格 29,700円(税込)
生産国 バングラデシュ
スペックをまとめると上記の感じです。

カラーに関しては現在4カラー展開。19年はカーキもありましたが、ラインナップから消えてしまいました。

アークテリクス・セトンジャケットの魅力や特徴まとめ

arcteryx_seton_jkt_img1

・首元すっきりで使いやすいMA-1風ジャケット
・ダウンジャケット並にコンパクトになるインサレーション
・耐候性能と、濡れても保温性が損なわない

アークテリクス・セトンジャケットの魅力や特徴をまとめると、まず首元がすっきりでアウターにもインナーダウンとしても使いやすい点。
ダウンジャケット並にコンパクトになりつつ、防水・撥水性能を備え、濡れても保温性を損なわないコアロフトが使用されている、等が挙げられます。

アークテリクス・セトンジャケットのマイナスポイント

arcteryx_seton_jkt_img3

・前腕から袖口が細めで伸縮性に欠ける
・ブラックが青やパープル寄りのブラック
・単体だと暖かさが物足りない場合も

アークテリクス・セトンジャケットのマイナスポイントは前腕から袖口が細めで伸縮性に欠け、腕まくりができないのは好みが分かれそうです。
ブラックカラーに関しては若干ブルーやパープル寄りのブラックで、裏地のライニングの方が濃いブラックです。
コートやハードシェルのインサレーションとしては暖かいですが、セトンジャケットのみで冬過ごすのはおそらく寒いです。

アークテリクス・セトンジャケットと比較されるモデル

アークテリクス・セトンジャケットと比較に上がるモデルはまずベースとなっているアトムフーディ。MA-1風やボンバースタイルのジャケットの形のジャケットは他のアウトドアブランドからもありますが、廃盤商品が多めです。

アークテリクス アトムLTフーディ


セトンジャケットのベースとなったというアトムLTフーディ。アウトドア業界人に非常に人気の定番アイテムのようです。”LT”は”ライト”の意味で、薄手の意味。

ホグロフス アルモジャケット


北欧のアウトドアブランド・ホグロフスのMA-1タイプのボンバージャケット。ホグロフス独自の環境に配慮したProof素材を用い、防水性と保温性を備えています。セトンジャケットに一番近いアイテムかもしれません。

パタゴニア ゼメルボマージャケット


廃盤になってしまいましたが、パタゴニアからもゼメル・ボマージャケットというインサレーションの入ったボンバージャケットがありました。こちらは現在ならフリマアプリなどで探すしかなさそうです。再販に期待したいアイテム。

ノースフェイス バーサタイルQ3ジャケット


ノースフェイスのバーサタイルQ3ジャケットはMA-1ライクなボンバージャケットですが、こちらは中綿のインサレーションは入ってない、ソフトシェル素材のアイテム。テレビドラマのBGで木村拓哉さんが着用したことでも話題になったそうです。

アークテリクス・セトンジャケットはどんな人におすすめ?

arcteryx_seton_jkt_img10

・首元がスッキリしたインサレーションが欲しい方
・軽量で機能的なボンバージャケットが欲しい方
・インナーダウンにも使える薄手のインサレーションが欲しい方
・ミニマリスト思考の方

アークテリクス・セトンジャケットはボンバージャケットの形がまず魅力的ですが、首元がスッキリしているのでインナーダウン的な使い方もしやすいのが特徴とも言えます。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
街にキャンプにトレッキングに。一枚でかなり多用途に使えるアイテムなのでミニマリストにもおすすめです。

アークテリクス・セトンジャケットを最安値で買うには?


アークテリクス・セトンジャケットを安く入手する正解はありませんが、楽天、Amazonで購入するのがおすすめです。

おすすめECサイト
楽天市場
Amazon

私は楽天市場でセール+ポイント増量中のお店で購入できました。

気になるカラー・サイズの在庫があるなら早めに行動しましょう。あなたが欲しいなら他の人もきっと、狙っているはず。

アークテリクス・セトンジャケットのレビューまとめ

arcteryx_seton_jkt_main
アークテリクス・セトンジャケットは街に山に使える高機能ボンバージャケットです。

アトムフーディベースなので他のボンバージャケットにはない機能性。魅力的なアイテムです。秋冬のレイヤリングに一枚加えてみてはいかがでしょうか。^^

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
閲覧ありがとうございました。
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします^^
Twitter,Pinterest,Instagram
ブックマーク・お気に入りに入れてまた来てくださいね。

アークテリクスの他のレビューはまとめ記事から↓

撮影機材:FUJIFILM X-T20 + XF18mm F2