rakuten_card_main_img

楽天カードが2枚目のクレジットカードに最適な3つの理由【海外旅行保険付帯】

海外旅行に必ず持っていきたい、クレジットカード。
1枚目を持ってる人であっても、旅先での盗難や、上限を越えて止められてしまった場合等に備えて予備にもう一つ検討してる方もいるかと思います。私が実際にバックパッカーの時に持って行った楽天カードの魅力をご紹介します。

一枚はクレジットカードを持っている前提でお話しますが、ない場合はもちろんメインのクレジットカードでも全然OKです!

楽天カードが海外旅行の2枚目に最適な3つの理由

rakuten_card_img
「なぜ海外旅行の2枚目のクレジットカードにおすすめなの?」

の理由ですが、この3つが挙げられます。

・楽天カードは海外旅行傷害保険付き(条件あり)
・楽天カードは1枚目に合わせて別ブランドを選べる
・楽天カードは比較的作りやすい

だからです。

他にも日常的に利用する場合に楽天ポイントなど魅力はたくさんありますが、今回は海外旅行に持って行くクレジットカードという視点でお話します。

楽天カードは楽天市場でポイントが溜まるカードなんでしょ?」などその辺のメリットは既知の方も多いでしょうから、後にさらっとだけ説明します。

楽天カードは海外旅行傷害保険付きクレジットカード!

楽天カードの非常に大きい魅力として挙げられるのが、海外旅行傷害保険が付いているという点。

「事前連絡は必要?保険は自動付帯?」

と疑問の方が結構いるようですが、事前申し込みは不要。

注意しないといけないのは、以下の適用条件です。

【保険適用の条件】
日本を出国する以前に渡航券または空港までの移動手段(公共交通機関)に該当する代金を楽天カードで支払っていること

※自家用車のガソリン代
レンタカーの代金は適用外

自家用車やレンタカーでの移動は適用外。前日に空港近くのホテルに泊まった場合の代金も適用外だそうです。とりあえずは飛行機のチケットやツアー代金を楽天カードで購入しておけば適用されます。

自動付帯だけど、国内にいるうちには空港までの移動手段(公共交通機関)の代金を楽天カードで支払う必要があるので注意が必要です!

楽天カード・海外旅行傷害保険の補償内容と保険金額

保険の種類 楽天カード
傷害死亡・後遺障害(最高額) 2,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 200万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 200万円
賠償責任(免責なし:1事故の限度額) 2,000万円
救援者費用(年間限度額) 200万円
携行品損害(免責金額3,000円:年間限度額) 20万円

携行品損害は年間限度額なので、年間通してが限度額が20万円なので注意が必要です。

楽天カードは4つの国際ブランドを選択できる

これは1枚目をすでに持っている方向けの理由ですが、楽天カードは国際ブランドを選べるのが非常に大きいと思います。

VISAかMasterCardがおすすめ

世界で見れば、クレジットカードの会社はVISAとマスターカードを持っていれば事足りるというぐらい、この2社は世界的に普及しています。

なので詳しくなくても、この選択をしておけば問題ナシ。

・VISAカードを持っている→楽天カードはマスターカード
・マスターカードを持っている→楽天カードはVISAカード

1枚目であればVISAがオススメです。非常に僅差らしいですが。笑

VISAが使えるところでマスターカードが使えない場所も非常に稀だとか。逆も同じです。

JCBやAMEXではダメなの?

JCBやアメリカンエクスプレスも楽天カードでは選択できます。

用途にもよりますが、海外旅行で使うのであればVISAかマスターカード

JCBは国外では少し弱い

JCBは日本初の国際ブランドということもあり、日本国内では多くのお店でご利用できますが、国外では対応していないお店が多いです。
とはいえ、日本人から人気の観光地では手厚いサービスが受けられる場所も。

JCBブランドのユーザであれば利用できるラウンジも著名な観光地であればあります。

JCBのラウンジがある都市・観光地
・アメリカ(ホノルル・グアム)
・韓国(ソウル)
・台湾(台北)
・中国(香港)
・シンガポール
・タイ(バンコク)
・フランス(パリ)

ラウンジが使えるのは魅力の一つですね。この都市に主に行くのであればJCBカードという選択肢もありです。

AMEXは北米に行くなら有り?

ステータス国際ブランドとして認知のあるアメリカンエクスプレス(アメックス)ですが、北米の富裕層を中心に普及しているカードなので、ヨーロッパ、アジアなどの他の地域ではあまり普及していないのが現状のようです。
ただ楽天カードでアメックスを選択する大きな魅力が、年会費無料でアメックスのクレジットカードを所有できるということ。
アメックスは一般的なグリーンカードでも年会費12,960円(税込)かかるらしく、維持費のかかるクレジットカードというわけですね。実際に北米ではアメックスを持っているとホテルマンの対応が変わることもあるそうです。笑

楽天カードのアメックスが年会費無料なのは日本人ぐらいでしょうから、「それなりの人なんだな」って思わせることができるかも?笑

アメリカ・カナダを中心に行き来している人の2枚目にはアリ!な選択肢かもしれません。

1枚目には向かないのでご注意ください!

楽天カードは比較的作りやすい

クレジットカードは所有者がカードで使った分を返せるぐらいに稼いでないと、そもそもクレジットカードを作らせて貰えないですよね。

楽天カードは他社に比べて、比較的作りやすいと言われています。

働き方の多様化した現代にマッチ

ワークライフバランスや価値観の多様化が進み、正社員がゴールではないと考えている方も増えましたね。IT関連の人をはじめPC一台で仕事ができるようになり、LCCの登場もあって海外を拠点に活動する人も増えました。
私もそんな1人ですが、正社員以外はクレジットカードが作りにくいという悲しい事実もあります。フリーランスや個人事業主は会社員時代にクレジットカードは作っておけと言われるぐらいです。

当たり前に思いがちですが、意外とクレジットカードを作るハードルは高いんですよね。
そこで学生や主婦、フリーター、季節労働者などの人から、フリーランスや個人事業主など収入が不安定な方達でも作りやすいと言われているのが楽天カード。

ですが正式には審査のボーダーラインは公表されていません。

楽天カードの申込資格は次の2つのみ。

楽天カードの申込資格
・18歳以上(高校生を除く)
・楽天会員(すぐ登録できる)

ブラックリストに載っていたら難しいでしょうけど、ほぼ誰でも申し込みできる資格がありますね。

私自身も20前後の大学生の頃に楽天カードは作りそこから長い間使用しています。大学生のアルバイトなんて年収100万台でしょうから、それでも作れる審査の寛大さは大きな魅力と言えるでしょう。

利用限度額は上げておきましょう

初期設定の限度額は5~30万円で人によって限度額は調整されるようです。
利用限度額は出発前に余裕を持って上げといた方が良いです。何が起こるか解らないですからね。最悪貯蓄額より使う自体になったとしても、日本に帰って来られればなんとかなるでしょう。異国の地でお金がなくなってホームレス状態になるよりはマシでしょう。

一時的に限度額を増枠することもできるようなので、旅行期間中のみ上げるのもありです。(私は元々の限度額を上げました)

参考記事:楽天カード公式サイト:よくある質問「カードのご利用可能枠を一時的に増枠することはできますか?」

楽天カードのを日常で使うメリット

・楽天市場、楽天トラベル、楽天銀行などと併用でポイントがザクザク貯まる!
・使うほどにランクが上がり、ポイントが貯まりやすくなる
・ポイント総合満足度No.1!
・カード利用お知らせなど不正使用の防止・発見のセキュリティサービスが充実
・海外旅行傷害保険付帯
・国際ブランド選択可能
・カードのデザインが選べて楽しい
・ゴールドカード、ピンクカード、プレミアムカード、ANAマイレージカードなど用途にあった種類から選択できる

楽天カードの魅力は何と言っても他の楽天サービスとの併用でポイントを大量ゲットできることですよね。

詳しくはこのバナーからチェック!↓

より手厚い保障なら楽天プレミアムカードを!

rakuten_premium_card_img
楽天カードの保障内容だと少し不安という方は充実の補償内容の楽天プレミアムカードがオススメ!
スタンダードな楽天カードと楽天プレミアムカードの間には楽天ゴールドカードというのが存在しますが、海外旅行傷害保険では普通の楽天カードと差がありません。海外を飛び回る人なら検討の価値が大いにある、特別なカードとなっています。

カッコは楽天カードと比較しての保障限度額の差です。こちらの方がいざという時には安心ですね。

楽天プレミアムカード海外旅行傷害保険の補償内容と保険金額

保険の種類 楽天プレミアムカード
傷害死亡・後遺障害(最高額) 5,000万円+3000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 300万円+100万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 300万円+100万円
賠償責任(免責なし:1事故の限度額) 3,000万円+1000万円
救援者費用(年間限度額) 200万円(同じ)
携行品損害(免責金額3,000円:年間限度額) 50万円+30万円

海外旅行傷害保険の保障の差の他、海外空港ラウンジサービス・プライオリティ・パスの会員カードが無料で作れる、国内空港ラウンジが無料で利用できるなどメリットたくさん!もちろん楽天ポイントも貯まります。「クレジットカードに年会費って、、」と考えていた20代でしたが、楽天プレミアムカード、かなり魅力的!!

楽天プレミアムカードの魅力

プライオリティ・パス4万円相当の年会費が無料

priority_pass_price_img

海外空港ラウンジサービスである、プライオリティ・パスが無料で利用できます。旅に出る前は知りませんでしたが、

プレステージ会員同等のサービスが受けられる、というのはプライオリティパスの中での一番グレードの高い会員ランクで、ほぼ無料(同伴者は有料)。スタンダードランクだと1万円前後で入会しても、利用時ごとに別料金がかかる中で、楽天プレミアムカードがあればプライオリティパスが利用できるのは大きな魅力。トランジットで1日出発ロビーで時間を潰していた身としては、もっと早く知りたかったです、、

国内空港ラウンジが年間2回無料で利用可能

プライオリティパスは海外旅行の時や出張で便利ですが、楽天プレミアムカードは国内の主要空港にあるラウンジも無料で年間2回利用可能。そこまで飛び回る機会がない人でも、出発までの時間を快適に過ごせること間違いなし。

地域 空港名
北海道 新千歳空港 函館空港
東北 青森空港 秋田空港 仙台国際空港
北陸 新潟空港 富山空港 小松空港
関東 成田国際空港 羽田空港(※)
中部 中部国際空港セントレア 富士山静岡空港
近畿 関西国際空港 伊丹空港 神戸空港
中国 岡山空港 広島空港 米子鬼太郎空港
山口宇部空港 出雲縁結び空港
四国 高松空港 松山空港 徳島阿波おどり空港
九州 福岡空港 北九州空港 大分空港
長崎空港 阿蘇くまもと空港 鹿児島空港
沖縄 那覇空港
海外 ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 韓国/仁川空港
(※)羽田空港国際線旅客ターミナルのラウンジはご利用いただけません。

楽天カード・海外旅行保険のまとめ

一枚はクレジットカードを持っている前提でお話しましたが、ない場合は楽天カード(VISA)をメインのクレジットカードにしましょう。現に自分が旅に行った時のメインのクレジットカードは楽天カード(VISA)でした。

「異国の地でクレジットカードが使えない!お金がない!!」とトラブルにならないように事前準備をしっかりして旅行に備えましょう!参考になれば幸いです。

海外旅行の荷物に関してはこちらの記事も参考にどうぞ!↓