hokaoneone_bondi6_main

ホカオネオネのボンダイ6の”分厚い”魅力に迫る!

「ホカオネオネのボンダイ6、気になるけど気軽に手が出せない値段。購入する価値があるのかレビューが見たい!」

ダートシューズのブームに合わせて注目を浴びているホカオネオネ。その中でも特に分厚く、熱視線を独り占めしているボンダイ6。しかし23,000円もする高価なスニーカー。慎重に検討したいですよね。

はじめまして!プチ世界一周を経験したWebデザイナーのHojo Hikaruです。バックパッカーの経験を生かしたモノ選びの視点でボンダイ6を細かくレビューしました。

この記事を見るとボンダイ6は手にいれる価値があるかどうか、検討材料を増やすことができます。

結論から言うと
ボンダイ6はプレミアムな履き心地でQOL向上&ミニマリストにも◎な優秀アイテムです!

ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)とは?

hokaoneone_logo_img
読み方はホカワンワンではなく、ホカオネオネ。私も間違えていました。笑

ホカオネオネはフランス人のアスリートだったジャン・リュック・ディアード氏とニコラ・マーモッド氏の2名がフランスのアネシーで2009年に創業。比較的新しい会社なのですね。ユニークな名前はニュージーランドの原住民マオリ族のマオリ語で“Time to Fly”を意味するそうです。特徴的な分厚い軽量マキシマムクッションと車輪のようにスムーズな足運びを導くメタロッカーテクノロジーを搭載した、ランナー向けのシューズを主に開発しています。
フランス・アネシー

ホカオネオネのもうひとつの人気モデルであるクリフトン6と、ボンダイ6とクリフトン6の徹底比較記事、快適なサンダルリカバリースライドもレビューしました!

クリフトン6
リカバリースライド

ホカオネオネ・ボンダイ6とは?

hokaoneone_bondi6_ver_img2

ホカオネオネ ボンダイ6はトレイルランニングを得意とするホカオネオネのシューズの中でも、最厚クラスのミッドソールの厚さを誇るロードランニング用シューズ。

HOKA ONEONE®のロードシューズラインナップで最もクッション性の高いシューズを全面的に刷新したBONDI 6(ボンダイ 6)。フルEVAミッドソール、快適で通気性の高いアッパー、そしてメタロッカーテクノロジーにより、滑らかでバランスの取れた走り心地をさらに高めました。これにより、あらゆる距離で安定した走りを実現します。
引用:ホカオネオネ公式サイト ボンダイ6より

スペック概要はこちら。

最適路面 ROAD
重さ 310 g(片足)
Heel-toe drop 4mm

ボンダイ6が人気な理由は何と言ってもインパクトのある分厚いソールでしょう。

機能性も兼ね備えたインパクトのある外観がハイセンスな方達の目に留まり、ダットスニーカーブームと共に一躍有名になった名作です。

ホカオネオネ・ボンダイ6の魅力をレビュー!

hokaoneone_bondi6_reedit_img1
試着しないで購入したので家で早速履いて見ました。

第一印象はこんな感じ。

・ソールがどっしりとぶ厚い
・一見重そうな見た目だが意外と軽い
・上質な履き心地が心地よい

細かく紹介して行きます。

ボンダイ6は未体験のクッション性が堪能できる!

hokaoneone_bondi6_reedit_img2
ボンダイ6で特に印象的なのは、とにかく履き心地が異次元です。笑

ニューバランスやエアマックス、バンズなど有名どころは履いて来ましたが、未体験のクッション性で驚きでした。スポンジマットの上を裸足で歩いているかのような履き心地。ほんとフカフカです。

厚底のように見えるフルEVAミッドソールは踵付近で4cmほどの厚みがあり、他の追従を許さない厚みがあります。物理的に解決しにきてるのが潔いですね。笑

未体験のクッション性が堪能できる!

ボンダイ6は上品な履き心地でうっとり

hokaoneone_bondi6_reedit_img10
ボンダイ6のライニング素材は肌触りが良くネオプレーン素材のような感じ。ランニングシューズと思って購入したのですが、期待を裏切られる履き心地。

とても高級感のある上品な履き心地です、、!

近くにボンダイ6を扱ってるお店があれば試着してみてください。履き心地にうっとりするはず。

ボンダイ6は高級感のある上質な履き心地!

ボンダイ6のインソールはオーソライトで快適

hokaoneone_bondi6_reedit_img13
ボンダイ6のインソールはオーソライト(Ortholite)が使用されています。裏面サイドに小さく型押ししてあり、よく確認しないと見逃してしまいそうです。ニューバランスやサロモンのシューズにも採用されている、信頼性の高いインソールですね。

オーソライト(Ortholite)の主な性能
・通気性に優れ、多湿な日本で靴内の湿度をコントロール
・細かな穴の空いた軽量ウレタンフォームでクッション性も良好
・抗菌・防臭機能も。丸洗いOK!
・従来のウレタンフォームに比べ優れた耐久性を誇り長く使える

もう自分のシューズ全部に入れたいぐらい、高性能なインソールです。
hokaoneone_bondi6_reedit_img12
表面からは気づきませんが隠れたところにテクノロジーが詰まっています。

ボンダイ6はインソールも高性能・信頼性の高いソールが採用されている

ボンダイ6は片足310gと意外と軽い!

hokaoneone_bondi6_reedit_img5
ボンダイ6はそのゴツくて重そうな見た目と裏腹に、軽いです!片足310gしかありません。

hokaoneone_bondi6_reedit_img6
比較的重い素材であるアウトソールは薄く、最低限。土踏まず付近はラバーアウトソールを省くなど軽量化が図られています。
いかに軽量ながらクッション性を重視しているかが伺えますね。

hokaoneone_bondi6_reedit_img8
中心のロゴ周辺のパターンはよく見るとラバーアウトソールがありません。ブラック以外のモデルだとよくわかります。

ボンダイ6は意外と軽い!

ボンダイ6は身長がちょっと盛れる

hokaoneone_bondi6_reedit_img16
ボンダイ6を検討している方、身長を気にしてる方に朗報です。

ボンダイ6は身長がさりげなく盛れちゃいます、、!

ボンダイ6履けば身長盛れるのでは?」と検討してる方も中にはいるのではないでしょうか。

実際身長は4cm近く盛ることができます!笑

履いて見ると「あ、目線が少し高くなったかも」と実感できると思います。低身長をカバーしたい人はぜひ。笑

ボンダイ6は身長をさりげなく盛れる..!

ボンダイ6は反射素材で夜間のランニングにもOK

hokaoneone_bondi6_reedit_img3
ボンダイ6は反射素材がヒール部に配置してあるので夜間のトレーニングでの車からの視認性アップ。

反射素材ってデザイン的にうるさくなりがちですが、良いアクセントになっています。

実用性も兼ね備えた反射素材で夜のランニングにもOK

ボンダイ6はマラソンやランニングにはどう?

hokaoneone_bondi6_reedit_img15
少し走った感じ、クッション性と車輪のような回転で次の足を前に出すメタロッカー機能が非常に快適!私はランナーズニーで痛くなってしまうので距離走れないのですが、膝や足への負担軽減が期待できそうです。

hokaoneone_bondi6_reedit_img7
Heel Toe Dropは4mmと低ドロップ。

ボンダイ6は登山に使える?

hokaoneone_bondi6_reedit_img4
ボンダイ6はダートは走れそうですが、ラバーアウトソールが薄いので山に登るには頼りない気がします。滑って滑落でもしたら危険なので避けるべきでしょう。ホカオネオネのトレッキングラインのSKY KAHAか、TOR ULTRA LOWがトレッキングには良さそう。ホカオネオネのマシュマロのようなクッション性にアウトソールは信頼性の高いビブラムソール。お値段も張りますがが、胸アツです。。!

ボンダイ6のサイズ感はどう?

hokaoneone_bondi6_img11
ボンダイ6のサイズ感は一般的なハイテク系スニーカーと同じでした。

私の靴のサイズはローテク系26.5cm・ハイテク系27.0cmと使い分けていますが、27.0cmでぴったりでした。ハイテク系はナイキ、ニューバランスなどです。

ボンダイ6はナイキやニューバランスと同じサイズでほぼOK

ちなみにクリフトン6も、リカバリースライドも27.0cmでちょうど良いです。

ボンダイ6のワイドはどう違う?


ボンダイ6のワイドタイプは周囲を約12mmアップしているようです。日本人の足の形にも合った商品展開をしてくれるのはありがたいですね。

WIDEタイプ:ベースのBONDI 6に比べ、足幅を約2サイズ分(周囲約12mm)アップしています。幅広の方に。
引用:ホカオネオネ公式サイト ボンダイ6ワイドより

ちなみに私は足は欧米型で幅狭、甲も高くないので通常のBONDI6で大丈夫でした。

ボンダイ6は雨の日に少し強い

厚底なアウトソールのおかげで雨の日に少し強い気がします。底面からの浸水は普通のスニーカーより物理的に高いのでしにくそうです。ですがアッパーはメッシュなのでほぼ防水はなし。

雨降った後のぬかるんだ路面を歩く時は底から浸水しにくそう。雨の日に履いて発見しました。

ホカオネオネ・ボンダイ6はホワイトもオシャレ!


ボンダイ6はオールブラックに目がいきがちですが、オールホワイトも清潔感があって洗練されたイメージ

ホカオネオネ・ボンダイ6とクリフトン6の違いを比較!

hokaoneone_bondi6_clifton6_comparison_main3

ボンダイ6 クリフトン6
最適路面 ROAD ROAD
重さ(片足) 310g 255g
Heel Toe Drop 4mm 5mm
値段(税別) 21,000円 15,000円

ボンダイ6と比較によく上がる、クリフトン6(CLIFTON6)。値段はクリフトン6が6000円安く、。重さも片足55g軽いです。Heel toe Dropは1mmとわずかな違い。ドロップが高い方が負担を減らせるようですが、両者とも一般的には低ドロップに入りそうですね。

ボンダイ6の廉価版がクリフトン6ではなく、クリフトン6の高級版がボンダイ6な印象です。
hokaoneone_bondi6_reedit_img14

ボンダイ6とクリフトン6の徹底比較記事作りました!↓

ボンダイ6とクリフトン6の違いや詳しい比較はこの記事をチェックしてください!

ホカオネオネ・ボンダイ6はメルカリでいくらで売れる?

メルカリ売却額:15000円以上!
※状態による

状態が良ければ15000円以上!で売ることができそう。

昨今注目されているホカオネオネの代表モデルなのでメルカリでも売却額は高め。購入する際はタグや箱も捨てずに取っておきましょう。高値で手放しやすくなります。

22680円を15000円で売れるなら購入金額の66%で手放す計算。ざっと手数料1000円と配送料1000円と仮定して、約12,500円。諸々の手数料を加味しても半額以上は戻って来そう。より安く購入できれば戻ってくるお金の割合は増えますね。

ホカオネオネ・ボンダイはレザータイプも


人気のボンダイ6ですが、レザータイプも登場しました!ワイドパンツと合わせるのが流行りな様子。履き心地抜群で洗練された印象も与えられそう。
定価は25,000円+税。ボンダイ6より4000円程度お高い価格になっております。

ホカオネオネにGore-Tex採用モデル・CHALLENGER LOW登場!


ボンダイと近い雰囲気でなおかつGore-Tex素材を採用した防水モデルが登場!ホカオネオネのマシュマロの様な履き心地&完全防水は結構アツいモデルです!私も気になってるモデルです。ワイドで日本人の足のラストにも合わせてあるのもポイント高し。
価格は¥25,000+税。

ホカオネオネ・HOPARA


20年SSシーズンに新しくラインナップされた、水陸両用サンダルのホパラ。見た瞬間にブームがきそうなのが感じました、、!
ホカオネオネのアイコンでもある分厚いラバーEVAのミッドソールと、水辺でのブリップ力を高めた多方面に溝が入った、濡れても強いアウトソール。
今年の夏はホパラのブームが来るかもしれません!定価は¥16,500 (税込)です。

ホカオネオネ・ボンダイ6を最安値で買うためには?


ボンダイ6を最安値で買うのはどこで買うかの正解はありません。セールのタイミングを見計らって購入するのが良いと思います!

おすすめのECサイト
楽天市場
Amazon
・ZOZOTOWN

私の場合は楽天市場で元々セールになっているもの+ポイント増量中のお店を選んで購入しました。
Amazonや、ZOZOTOWNでもセールすることがあるので、アンテナを貼っておくと良いと思います!

ホカオネオネ・ボンダイ6のレビューまとめ

hokaoneone_bondi6_reedit_img9
ボンダイ6はプレミアムな履き心地でQOL向上&ミニマリストにも◎な優秀アイテムです!

初めてのホカオネオネでしたが、ボンダイ6、履き心地に虜になりそうです

1つで街ばき&ランニングと2つ以上のシチュエーションで使えるアイテムなのでミニマリストにも◎。

注目されるだけのポテンシャルを秘めた高性能シューズでした。

少しお値段が張りますが、快適すぎてQOLも上がってしまうシューズ。手に入れて決して損はしないアイテムですよ!

【閲覧ありがとうございました】
「この記事参考になったよ!これからも頑張って!」と思って頂けたら、Twitterをフォロー、又はいいね・RTをよろしくお願いします!記事更新をお知らせしています。