hokaoneone_recovery_slide_main

ホカオネオネのサンダル・リカバリースライドはQOLを上げたいミニマリストにおすすめ!

「暑くなってきたしホカオネオネのサンダル欲しい!おすすめないかな?」

履き心地の良さと洗練されたルックスで人気なホカオネオネ。サンダルは価格帯はピンキリですが、ホカオネオネのサンダルは少々お高め。外見の他にも履き心地や用途など、しっかり検討したいですよね。

はじめまして!プチ世界一周したWebデザイナーのHojo Hikaruです。旅の経験を生かしたモノ選びの視点で、ホカオネオネのリカバリースライドをレビューしました。

リカバリースライドのほか、ホカオネオネのサンダル3種比較もあり、ホカオネオネのサンダルを比較できます。

結論を言うと
リカバリースライドが長い時期使え、QOLも上がるサンダルなのでおすすめです!

ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)とは?

hokaoneone_logo_img
読み方はホカワンワンではなく、ホカオネオネ

ホカオネオネはフランス人のアスリートだったジャン・リュック・ディアード氏とニコラ・マーモッド氏の2名がフランスのアネシーで2009年に創業。比較的新しい会社なのですね。ユニークな名前はニュージーランドの原住民マオリ族のマオリ語で“Time to Fly”を意味するそうです。特徴的な分厚い軽量マキシマムクッションと車輪のようにスムーズな足運びを導くメタロッカーテクノロジーを搭載した、ランナー向けのシューズを主に開発しています。

今ファッショニスタに大人気のボンダイ6クリフトン6のレビュー記事と、徹底比較記事も作りました!。

ホカオネオネのサンダルの中でリカバリースライドが特におすすめ

hokaoneone_recovery_slide_img20
私が今回選んだリカバリースライドというサンダルを簡単に説明します。

長時間のランニング、過酷なレースやトレーニングの後は、まずは疲れた足を休息させたいでしょう。そんな時にぴったりのサンダル、オラ リカバリー スライドのデザインがリニューアルし、さらにフィット感が向上しました。ホカオネオネ独自のオーバーサイズミッドソールとメタロッカーを採用し、シューズ同様の抜群のクッション性と快適性を提供します。疲労が蓄積した運動後の足を癒す一足です。
ホカオネオネ公式サイトより

最適路面 RECOVERY
重さ 181g(片足)
Heel-toe drop 6mm
価格 8,800円(税込)
リカバリースライドは元々はトレラン等の運動後の疲れた足に向けて開発されたサンダルです。
hokaoneone_recovery_slide_img6
ホカオネオネの代名詞とも言える極厚のオーバーサイズミッドソールとメタロッカーは健在。側面から見ると厚みが分かりやすいです。
hokaoneone_recovery_slide_img10
リラックスにフォーカスして作られてるからか、底面はゴムのソールではなく、広く定義するならスポンジ。
作りもシンプルで、その分片足が181gと軽量になっています。
hokaoneone_recovery_slide_img1
靴って外箱があるものが多いですが、リカバリースライドは外箱もなくシンプル。
hokaoneone_recovery_slide_img2
よく海の近くで売ってるビーチサンダルのような感覚なのでしょうか。笑

ホカオネオネのサンダルの評判・評価

hokaoneone_recovery_slide_img12
メンズ、レディース問わずファッションに敏感な人達に大人気。ゾゾタウンのモデル画像や、ビームスやユナイテッドアローズのようなセレクトショップでも評判よし!

hokaoneone_recovery_slide_img18
ヨーロッパのアウトドアブランドということもあり、カラーは鮮やかなカラーも多いですが、おすすめはやはり合わせやすいブラック。足元を引き締めてくれるサンダルです。

ホカオネオネのサンダル・リカバリースライドを買おうと思った経緯

断捨離と生活の変化

20年の春に入り、私が北海道プチ移住を終わり東京へ戻ってきたタイミングで、断捨離を始めました。サンダルはチャコやクロックス等ありましたが、古くなってきたので処分してとにかく靴も減らすことに。そんなタイミングで、20年の新作ホカオネオネのホパラが目に入り、「これめっちゃ良さそうだけど、どの時期まで使えるのか、ミニマリストに最適なのか」を検討したところ、用途や候補を絞って検討することにしました。仕事も徐々にリモートに変化しそうですし、ご近所サンダルも見直そうかなと。

ホカオネオネのサンダル3つを比較してみる

hokaoneone_recovery_slide_img3
私がリカバリースライドの購入前に、ホカオネオネのサンダル3つを比較した内容をご紹介。
候補に上がったのは有名なリカバリーフリップリカバリースライド、そして新作のホパラ

リカバリースライド
リカバリーフリップ
ホパラ
リカバリースライド リカバリーフリップ ホパラ
価格(税込) 8,800円 8,800円 16,500円
重さ(片足) 181g 164g 342g
最適路面 リカバリー リカバリー ハイキング
○(靴下) × ○(靴下)
○(靴下) × ○(靴下)
△(靴下) × △(靴下)
外観

検討する前は個人的にカッコイイリカバリーフリップホパラが有力でしたが、リカバリーフリップは裸足で履かないといけないんですよね。暑い時期しか履けない。個人的に夏に履きたいのはリカバリーフリップでした。

ソックスを履けば春秋も行けるのはリカバリースライドホパラ。そしてホパラリカバリースライドで考えたのは、「すぐ履けるかどうか」です。

リカバリースライドはベーシックなサンダルの形してるのですぐ履けます。一方でホパラはKeenのニューポートのような、岩場でも足を保護してくれる、頑丈なタイプ。履けば快適ですが宅配を受け取る時等に、スッと履くまでにはいかない。

今回靴を一つでも減らすために、家でのサンダルも兼任できるサンダルを候補にしていました。
最終的に残ったのがリカバリースライドでした!
hokaoneone_recovery_slide_img11
今はコロナの影響もあり、キャンプや海、川でのアウトドアライフも少ししづらくなりそうなので、デイリーユースが主な使い道になりそうでした。

あと価格も2倍違うのも大きいですよね。ホパラはサンダルながら16,500円もして、カッコいいですがちと高いなと。ホパラリカバリーフリップも名残惜しいかっこよさでしたが、、多目的な用途や季節を考慮して生き残ったのはリカバリースライドでした。

ホカオネオネのサンダル・リカバリースライドの魅力

hokaoneone_recovery_slide_img5
改めて魅力をまとめてみました!

・履き心地抜群
・靴下も履けば3シーズン使える
・シーズンオフと冬はご近所サンダルに
・1年通して使えるのでミニマリストにもおすすめ
・少しの外出でも快適でQOLが上がる!

上記の比較の結果購入して見ましたが、思ってたよりカッコイイです!

hokaoneone_recovery_slide_img17
そして履き心地は極厚ミッドソールで文句なし。夏はもちろん、靴下併用で春秋、冬も玄関先で使えるご近所サンダルになります。

hokaoneone_recovery_slide_img19
サンダルにしては遠くまで歩けるのも快適で良いです。ただ他のサンダル同様に豆はできるのである程度考慮する必要がありそうです。

ホカオネオネのサンダル・リカバリースライドの使い勝手Q&A

hokaoneone_recovery_slide_img7
リカバリーサンダルの使い勝手を可能な範囲で答えてみます。あくまで個人的な意見ですので参考までに。

ホカオネオネのサンダルはリカバリー効果はある?

hokaoneone_recovery_slide_img4
リカバリースライドは疲れた足にも優しいクッション性で、履いてるだけでもリラックスできます。疲れた足にはもちろん、温泉など入った後に履けたらきっと最高だと思います。。!

ホカオネオネのサンダルは滑らない?

hokaoneone_recovery_slide_img8

雨の日は路面によって滑りやすい

デメリットとも言えますが、アウトソールがラバーではないので雨の日は滑りやすいです。
ショッピングセンターや新しい駅構内の地面のような、ツルッとしたタイル張りでは雨の日は多少滑りやすいかもしれません。
hokaoneone_recovery_slide_img9
アウトドアブランドのサンダルとはいえ、ハードユース向けではないので注意が必要です。

私は世の中の流れ的にも外でハードに使う機会は減ると考えここは妥協しました。

ホカオネオネのサンダルは靴擦れする?痛い?

靴擦れには注意

快適な分他のサンダルより起こりにくそうですが、サンダルで長時間歩けば靴擦れは起こってしまうと思います。

ビーチサンダルタイプのリカバリーフリップも鼻緒部分は他のサンダル同様にずっと歩けば靴擦れは起こってしまうのかなと。

ホカオネオネだからと油断は禁物です。

ホカオネオネのサンダル・リカバリースライドのサイズ感はどう?

hokaoneone_recovery_slide_img13

普段のサイズ感で大丈夫

私はリカバリースライドを27cmで選んでちょうどよかったです。

170cm66キロ、足のサイズ27cmで、ボンダイ6(BONDI6)は27cm履いてました。サンダルにしては厚めなのでサイズより若干小さく感じますが、27cmでちょうど良かったです。

強いて言うなら、甲の部分が少し低い印象なので甲が高い足の方はワンサイズアップしたほうが良いかもしれません。

ホカオネオネのサンダル・リカバリースライドの最安値


リカバリースライドを最安値で買うのは、どこで買うかの正解はありません。セールのタイミングを見計らって購入するのが良いと思います!

おすすめのECサイト
楽天市場
Amazon
・ZOZOTOWN

私の場合は楽天市場で元々セールになっているもの+ポイント増量中のお店を選んでポイント併用で購入しました!
Amazonや、ZOZOTOWNでもセールすることがあるので、アンテナを貼っておくと良いと思います!

ホカオネオネのサンダル・リカバリースライドを手にしたらどうなる?

hokaoneone_recovery_slide_img16

ミニマリストに近づき、さらにQOLが上がる!

手にすることで何が起こるかというと、多くのサンダルは用無しになるかと思います。
どこの家庭にも疲れたサンダルは玄関にあるのではないでしょうか。それが処分でき、なおかつちょっとした用事の外出時にふかふかのクッションで足が大喜び。

近くのコンビニ行く、ゴミ出し行く、などの日常の小さな外出がとても快適なものに変わります、、!

ホカオネオネのサンダル・リカバリースライドは荷物が減りQOLの高い生活が送れます

hokaoneone_recovery_slide_img14
たかがサンダルとはいえどホカオネオネ。履きやすく、なおかつ厚底で想像以上にスタイリッシュ。

ちょっとしたご近所を移動する時ですら、心地よいクッションで足の裏は大喜び。ご近所どころか夏は大活躍してくれそうなお手軽サンダルです!

QOL(Quality of Life:生活の質)が間違いなく上がります。8000円代でサンダルとしては一見高いですが、特にミニマリストには出す価値あるサンダルだと思います。

日々の生活で使うものを良いものにして、生活の質が上がると、仕事や日々もよりよいものになりそう。そう感じさせてくれる良いサンダルです。

hokaoneone_recovery_slide_img15
比較検討したあげく、リカバリースライドを選んでよかったなと思います。

QOL大事にしてる方、是非検討してみて下さい!
(撮影機材:Canon 7D Mark2/EF24-105mm IS USM Lレンズ)

hokaoneone_recovery_slide_img21
数少ないミニマリストの相棒としているダナーフィールドの記事も見て見てください!

【閲覧ありがとうございました】
「この記事参考になったよ!これからも頑張って!」と思って頂けたら、Twitterをフォロー、又はいいね・RTをよろしくお願いします!記事更新をお知らせしています。