new_york_saturdays_surf_main3

サタデーズサーフ・ニューヨークのSOHO本店を訪ねて。

バックパッカーでニューヨークに訪れた際に、SOHO地区にあるサタデーズサーフ・ニューヨークの本店に訪れたので少しご紹介します。

サタデーズサーフ・ニューヨークとは?

この記事に来られてる方はご存知だと思いますが簡単に。

2009年8月に、サタデーズサーフはニューヨークのダウンタウン、SOHOに旗艦店をオープンしました。 ニューヨークでの生活、サーフィンなどの生活に合わせて、サタデーズサーフにはボードやウェットスーツのほか、美術品やライフスタイルアクセサリーを販売。SOHOの旗艦店では、市内でも有数のバリスタで醸造されたLa Colombeコーヒーを独自にブレンドしたエスプレッソバーを提供しています。 ショップの奥に位置するガーデンはコミュニケーションスペースとして機能します。サタデーズサーフは、ニューヨークで最も影響力のあるアーティスト、サーファー、思想家たちのニューヨークでの生活、仕事、サーフィンを再定義するのに影響を与えています。
参考:サタデーズサーフ 公式サイト(Crosby Street店)

東京ですと代官山にある店舗が有名ですね。

現在9店舗あり、

アメリカ:2店舗
日本:4店舗
オーストラリア:2店舗

3ヶ国に展開しているようです。日本に4店舗偏っているので、日本での人気が伺えます。
ニューヨークと東京は似てるとも言いますし。

オーストラリアにも最近は出店しているようですね!

サタデーズサーフ ニューヨーク本店の場所は?

ニューヨークのハイセンスなアパレルショップやギャラリーなどが立ち並ぶ、SOHO地区にあります。
day23_new_york_img52

街を歩く人もオシャレで洗練されている方が多いです。

day23_new_york_img59

SOHO地区の夜はこんな感じ。石畳が印象的です。

サタデーズサーフ本店ですが、Crosby Streetという通りに面しているので本店はCrosby Street店だそう。

サタデーズサーフ ニューヨーク Crosby Street店

最寄りの駅はスプリングストリート駅か、カナル・ストリート駅だと思います。どちらの駅からでも徒歩5分かからない距離にあります。

スプリングストリート駅

カナル・ストリート駅

私はバッテリーパークから歩いてSOHOまで来ました。笑

他に観光した様子はこちらから↓

サタデーズサーフ ニューヨーク本店のフォトギャラリー

new_york_saturdays_surf1

私が訪れたのは18年の10月なので、秋冬ものが置いてありました。サーフボードもディスプレイされて雰囲気良いです。

new_york_saturdays_surf4

想像以上に細いお店でした。ですが本店って小さかったり、古かったりしますよね。ここからブランドが生まれたんだな〜と思うと少し古い建物も趣を感じますね。

new_york_saturdays_surf7

New York City。サタデーズサーフはデザインが毎回違うのでみるたびに新しく感じます。

new_york_saturdays_surf8

ニットなどの冬物たち。クオリティが高い分、お値段もなかなかです。値段は日本で買っても大差なさそうです。

new_york_saturdays_surf2

キャンバス素材のダッフルに小さめのロゴ。高級感があります。

new_york_saturdays_surf3

壁にはハイセンスな本が。このLidという本はニューヨーク発のアートヴィジュアル誌だそう。ニューヨークって白黒が映えるイメージです。とても洗練されている印象。残念ながらネットでは販売されてない様子。

new_york_saturdays_surf5

サタデーズサーフのお店にある憩いのスペース。ニューヨーカーが談笑していました。様になるなぁ。

new_york_saturdays_surf6

奥からの店内写真。細いけど全体的にまとまっていて、雰囲気◎。

day23_new_york_img75

最後コーヒーをテイクアウトして出ました。しっかりした味わいで10月の気温の低いニューヨークで飲むと暖かくなって美味しかったです。

バックパッカー中でなかったらきっと買ってしまっていただろうな、、

まとめ。

短い記事でしたがサタデーズサーフのニューヨーク本店を少し記事にしました。

日本でも受け入れられているサタデーズサーフ。趣のある洗練された本店でした。

英語が話せるようになったら奥のスペースでコミュニケーションを楽しんでみたいですね!