パタゴニアのマイクロパフとナノパフ。違いを徹底比較!

パタゴニアの定番インサレーションのナノパフとマイクロパフ。どちらが良いのか、細部の違いも把握して決めたい!

パタゴニアのロングセラーアイテムのナノパフと、後発のマイクロパフ。共に評価も高く、悩まれてる方も多いのではないでしょうか。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
プチ世界一周したデザイナーのHOJO HIKARUです。モノ選びにシビアな私が実際に両方とも購入し徹底レビューしました。

この記事でマイクロパフとナノパフの細部の違いが把握でき、じっくり比較検討できます。

パタゴニア・マイクロパフとナノパフは軽さと温かさならマイクロパフ、作りやバランスならナノパフがおすすめです。

パタゴニア・マイクロパフとは?

patagonia_micropuff_main

マイクロパフはダウンに代わる羽根のように軽いプルマフィル化繊が使用された、非常に軽くかつ暖かいインサレーション。バックパッカーの旅の経験を生かし、自分のインサレーションとして選んだのがこのマイクロパフ・ジャケットです。限りなくダウンに近い軽さであるにも関わらず化繊なので濡れてもワタが潰れない優秀なアイテム。厳冬期の北海道ニセコでも使用していた信頼できるジャケットです。

パタゴニア・ナノパフとは?

patagonia_nano_puff_jkt_main2

ナノパフ・ジャケットは防風性と耐水性を備えた温かいジャケット。プリマロフト社のインサレーションが使用され、さらにリサイクル素材に徹底し環境にも配慮され生産された、パタゴニアのロングセラージャケット。シンプルな作りながら耐久性、レイヤリングのし易さ、メンテナンスのし易さ、動きやすいカッティングなどツウ好みの機能が詰まった厚過ぎないインサレーション。この魅力が解る方はきっと自然を満喫してるアクティブな方。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
この記事は両ジャケットを知っている前提で細かい点は割愛します。個々のジャケットの詳しいレビューは各記事を見てみて下さい。フーディもありますが、ジャケットタイプで比較していきます。
パタゴニア製品のレビューをザッとチェックできるまとめ↓

パタゴニア・マイクロパフとナノパフのスペックの違いを比較

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img1
マイクロパフとナノパフのスペックで異なる部分をざっくりと表にしてみました。写真は黒い方がマイクロパフ・ジャケット、イエローがナノパフ・ジャケットです。どちらもMサイズです。

マイクロパフ ナノパフ
表素材 0.7oz・10D
パーテックス・
クアンタム・
リップストップ・
ナイロン100%
1.4oz・20D
リップストップ・
リサイクル
ポリエステル
100%
インサレーション 65g
プルマフィル
(ポリエステル100%)
60g
プリマロフト・
ゴールド・
インサレーション・エコ
(P.U.R.E.
テクノロジー採用:
リサイクル・
ポリエステル
55-100%配合)
裏素材 表と同じ 1.3oz・22D
リサイクル・
ポリエステル100%
ポケット 4つ 3つ
チンガード ナイロン 起毛コットン
収納方法 左ハンドポケット 胸ポケット
腰の調節方法 伸縮性縁取り
(調整不可)
アジャスター
カラー ブラック,
グレー,
レッド,
スモールダーブルー,
ペッパーグラスグリーン
ブラック,
クラシックネイビー,
コリアンダーブラウン,
バックウィートゴールド,
クレーターブルー,
インクブラック/グリーン,
パープル
重量 235g 337g
価格(税込) 35,200円 25,300円
マイクロパフとナノパフ、スペックだけで比較するとこんな感じです。

パタゴニア・マイクロパフとナノパフの細部を比較!

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img1
細かい点を見ていきましょう。

マイクロパフとナノパフの値段を比較!

マイクロパフ ナノパフ
価格(税込) 35,200円 25,300円

一番気になる価格差。マイクロパフとナノパフの値段を比較すると、ナノパフに対してマイクロパフは1万円近く高い価格設定です。

細かいディテールも異なるので一概に言えませんが、マイクロパフはナノパフに劣る部分も多々あるのでナノパフに比較するとマイクロパフは少し高い気もします。

マイクロパフとナノパフの素材を比較

patagonia_micropuff_snow_img5
マイクロパフ
patagonia_nano_puff_jkt_img15
ナノパフ
マイクロパフ ナノパフ
表素材の厚み 0.7oz・10D 1.4oz・20D
表素材の種類 パーテックス・
クアンタム・
リップストップ・
ナイロン100%
リップストップ・
リサイクル
ポリエステル
100%
インサレーション 65gプルマフィル 60gプリマロフト・ゴールド・
インサレーション・エコ
裏素材 表と同じ 1.3oz・22D

表生地は軽さを追求したマイクロパフ、耐久性もあるナノパフという構図。マイクロパフは0.7オンス・10デニールとナノパフの半分の薄いナイロンが使用されています。耐久性はナノパフがスペック上は優れていますが、マイクロパフも2年使用していて破れる気配はないのでそこまで気にする必要はなさそうです。しかし過信して薮に突っ込めば破れる可能性あるのでので注意。

インサレーションはマイクロパフはプルマフィルというダウンのように軽く温かい素材が使用されており、このプルマフィルの軽さと温かさがマイクロパフの最大の魅力です。

patagonia_nano_puff_jkt_img18
対してナノパフはプリマロフト社のインサレーションを使用。P.U.R.E.テクノロジーという炭素排出量を削減する方法で製造された、環境にも優しい素材が使用されています。

インサレーションは性能を取るならマイクロパフ、環境への配慮はナノパフといった構図でしょうか。裏地はナノパフのみあります。

マイクロパフとナノパフの首元を比較

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img7
着心地に繋がる気になる首元。首元のカッティングはナノパフ・ジャケットが圧勝です。

マイクロパフ ナノパフ
襟のカッティング

マイクロパフは高さもあり、台形みたく首元がすぼまっている作りで、襟は高め。

ナノパフは円柱のような、真っ直ぐした襟で、首元は少し余裕のある作りで上までフルジップしやすいカッティングになっています。

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img4
内側から見ると、マイクロパフは3つのパーツに分かれて構成されています。対してナノパフは1つのパーツでシンプルに構成されてます。

マイクロパフとナノパフのチンガードを比較

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img12

マイクロパフ ナノパフ
チンガード ナイロン 起毛コットン

チンガードはナノパフが優れています。

フルジップした時のアゴへの寒さ対策のチンガード。マイクロパフ、ナノパフ共にチンガードは備えてますが、マイクロパフはジャケットと同じナイロンで作られています。一方ナノパフはコットンのような素材が当てられ、ナイロンより肌触りがよく快適なアゴへの当たりになっています。

マイクロパフとナノパフのフラップを比較

patagonia_micro_puff_details_img8
マイクロパフ
patagonia_nano_puff_jkt_img16
ナノパフ
マイクロパフ ナノパフ
フラップ 左右に短めに配置 右に配置

センタージップのフラップに関してもナノパフがしっかり作られています。

マイクロパフも左右に短めにフラップが配置されていますが、ナノパフのフラップの方がしっかりしていて防風性は若干高いかなという印象。

全体の温かさはマイクロパフが優れてますが、防風性に関してはナノパフの方が若干優れている気がします。

マイクロパフとナノパフのジッパーの扱い易さを比較

patagonia_micro_puff_details_img8
マイクロパフ
patagonia_nano_puff_jkt_img22
ナノパフ
マイクロパフ ナノパフ
グローブ装着時
ジッパーの扱い易さ

グローブ装着時のジッパーの使いやすさはナノパフが優れています。

ナノパフは全てのジッパーにプラのフックがついてるので細かく握れないグローブ装着中でも掴みやすい。一方マイクロパフは軽さ最重視なのでプラパーツは省かれ、コードのみのジッパーになっています。この辺の使いやすさはナノパフが優秀。

マイクロパフとナノパフの腕のカッティングを比較

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img3
腕のカッティングに関してもナノパフが優れています。

ナノパフは腕をあげやすく脇の下に生地のゆとりがあります。このカッティングが腕をあげた時に裾がずり上がるのを防いでくれます。ハイク、クライミング、釣りなど腕を動かす動作が多い方はナノパフの方が快適かも。

街では些細な違いですが、雪山ではこの辺は結構気になりますよね。

マイクロパフ ナノパフ
腕のカッティング

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img8
腕の長さはナノパフが長そうですが、裄丈(体の中心から袖口までの長さ)は両方とも93cmで数値上は同じ長さです。スペックは同じですがナノパフの方が腕をあげる、動かす動作には強いです。

マイクロパフとナノパフの腰の調節方法を比較

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img6

マイクロパフ ナノパフ
腰の調節方法 伸縮性縁取り
(調整不可)
アジャスター
好みの分かれそうな腰のアジャスト部分。マイクロパフは伸縮性の縁取りで、調整不可なタイプ。一方ナノパフは右腰にアジャスターが付いてます。状況に応じて細かな調整ができるのはナノパフですが、アジャスト用のコードがたまに引っかかるのが少しマイナス。

個人的にはシンプルなマイクロパフが好みです。

マイクロパフとナノパフの裾のカッティングを比較

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img11

マイクロパフ ナノパフ
裾のカッティング ボックス スワローテイル

裾のカッティングはナノパフが優れていると思います。

ここも本格派の方達が気にするポイントでしょう。マイクロパフは前後ほぼ同じボックスシルエットに対して、ナノパフは若干のスワローテイルなカッティングです。1.5~2.0cmぐらいしか前後の差はないので緩めのスワローテイルです。ただハイクなどで前かがみな状態の時は少しでも背中が出にくいスワローテイルが良いですよね。

マイクロパフとナノパフのポケットの数を比較

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img5
ポケットの数はマイクロパフが優れています。

マイクロパフ ナノパフ
左ポケット
右ポケット
胸ポケット ×
左内ポケット ○(ジッパーなし) ×
右内ポケット ○(ジッパーなし) ×
ポケット合計 4つ 3つ

ナノパフは3つと少し少ないですが全てのポケットにジッパーが付いています。

一方マイクロパフはハンドポケットを有効に活用し内側にも左右内ポケットを確保しています。深さもあるので折りたたみ傘が入るぐらい大きな内ポケットですが、ジッパーがないので雪山ではちょっと危険ですかね。笑

マイクロパフの内ポケットは私はあまり使ってないです。一応、ポケットの数はマイクロパフが優れています。

マイクロパフとナノパフの収納方法を比較

patagonia_micro_puff_details_img18
マイクロパフ
patagonia_nano_puff_jkt_img13
ナノパフ
マイクロパフ ナノパフ
収納方法 左ハンドポケット 胸ポケット

マイクロパフは左ポケット。ナノパフは胸ポケットを丸めて収納になります。

マイクロパフ、ナノパフともにポケットに収納できる機能があります。マイクロパフはロングセラーのナノパフをベースに軽量化で胸ポケットを排除した分、ハンドポケットを収納する形にしたのでしょう。

収納機能がついてれば収納位置はあまり気になりませんが、細かな違いはあります。笑

マイクロパフとナノパフの収納時の大きさを比較

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img2

マイクロパフ ナノパフ
約25cm 約20cm
約15cm 約15cm
厚み 約11cm 約11cm

収納時の大きさはナノパフが若干小さめ。

横、厚みはほぼ同じで、長辺の長さが5cmほどナノパフが小さいです。

収納した状態はナノパフはパンパンで、マイクロパフは少し余裕があります。マイクロパフは別に小さなスタッフバッグを使えばもう少し小さくできそうです。

大きさは劣るものの重さは100g近く違うのでマイクロパフが持ち運びはしやすいです。

マイクロパフとナノパフの重さを比較

patagonia_micro_puff_weight_img1
マイクロパフが約270g
patagonia_nano_puff_jkt_weight_img
ナノパフが約350g

測ったところマイクロパフが約270g、ナノパフが約350gと、公式の数値と少し違うので両方比較しましょう。

マイクロパフ ナノパフ
公式重量 235g 337g
計測重量(M) 約270g 約350g

重さは80~100g前後、マイクロパフが軽いです。

正直山で80g、100gは大きいですよね。カッティングなどの細かい要素を挽回するぐらい、重要なポイントです。

重さは圧倒的にマイクロパフですね。

マイクロパフとナノパフのサイズ感を比較

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img10

マイクロパフ(M) ナノパフ(M)
着丈 78cm 70cm
身幅 58cm 57cm
裄丈 93cm 93cm

マイクロパフ、ナノパフはスペックは着丈で8cmも差がありますが、実際の丈感はほぼ同じです。

patagonia_micro_puff_nano_puff_comparison_img9
マイクロパフは襟の位置が高く、ボックスシルエットです。対してナノパフは襟は普通の位置で若干のスワローテイルな作り。

着てみるとマイクロパフが若干余裕のある着心地ですが、丈感はほぼ同じ。襟が高い分、着丈が長い印象です。マイクロパフに比べるとナノパフはどちらかというと普通な作りです。

全体的にカッティングはナノパフが優れていて、マイクロパフはちょっとクセのある作りです。

マイクロパフとナノパフの共通点

マイクロパフとナノパフ共通点
素材 ブルーサインの認証済み
ロゴ P-6ロゴ
撥水加工 加工済み
収納 収納可能
縫製 フェアトレード・サーティファイドの縫製
ジッパー シングル方式・止水ジッパーではない
洗濯 洗濯機で洗濯可
袖口の調節方法 伸縮性の縁取り(無調整)
サイズ XS,S,M,L,XL,XXL
生産国 ベトナム
この辺はマイクロパフもナノパフも共通しています。共通点も多いですね。

マイクロパフとナノパフの個人的な評価

マイクロパフ ナノパフ
素材
暖かさ
耐久性
センタージップのフラップ
グローブ装着時
ジッパーの扱い易さ
全体的なカッティング
レイヤリング
収納時の大きさ
軽さ
価格
今までのレビューを表にまとめるとこんな感じ。実際細かい点はナノパフの方が作り、使いやすさなど優れている印象です。
一方でマイクロパフは細部は劣りますが軽さと温かさという最重要項目で勝っている。

マイクロパフは細部で負けているが重要なポイントを勝っている勝負上手なジャケットと言えるでしょうか。笑

パタゴニア・マイクロパフとナノパフの選ぶ基準

軽さ・温かさ→マイクロパフ
細部の作り・タフさ・バランス→ナノパフ

難しい選び方ですが、軽さと温かさならマイクロパフ。

フィールドでの使い勝手、丈夫さ、細部の使い勝手、環境への配慮など総合的なバランスはナノパフが優っているかなという結論です。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
一つ選べと言われたら、私はマイクロパフを選びます。カッティングが微妙な点はありますが、温かさと軽さは正義。ナノパフのカッティングでマイクロが出たらおそらく最強です。

パタゴニア・マイクロパフかナノパフを最安値で買うには?

マイクロパフとナノパフはパタゴニア公式サイトから購入しましょう。一つでも5000円以上なので送料無料で購入できます。どちらも人気商品なので気になるカラー・サイズの在庫があるなら早めに行動しましょう。あなたが欲しいカラー、サイズは他の人も狙っているはず。

パタゴニア・マイクロパフとナノパフの比較まとめ


パタゴニア・マイクロパフとナノパフは軽さと温かさならマイクロパフ、作りやバランスならナノパフがおすすめです。

温かさと軽さでマイクロパフを取るか、総合的な作りの良さでナノパフを取るか。非常に悩ましいですが共に魅力的なインサレーションです。

インサレーション選びの参考になれば幸いです。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
閲覧ありがとうございました。
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします^^
Twitter,Pinterest
ブックマーク・お気に入りに入れてまた来てくださいね。

パタゴニア製品のレビューをザッとチェックできるまとめ↓

撮影:FUJIFILM X-T20 + XF18mm F2