snowpeak_matome_main4

スノーピークのレビュー記事まとめ【スノーピーク商品の選び方も】

新潟県三条市発のアウトドアブランドのスノーピーク。スノーピークの商品はどれも魅力的ですが、選び方の指標があると購入する前の参考にもなりますよね。

はじめまして!プチ世界一周したWebデザイナーのHojo Hikaruです。

モノに厳しい私が普段愛用しているスノーピークの商品を紹介します。また、個人的な選ぶポイントも紹介しています。

スノーピークは軽量でコンパクトになるものを選びましょう!

スノーピークとは?

snowpeak_hq_img
スノーピークは日本のアウトドアブランド。新潟県三条市に拠点があり、高品質で雰囲気の良い商品が魅力的。アウトドアブランドとはいえ、アルパインクライミング等ではなくキャンプ用品に特に力を入れています。

私のスノーピークの選び方

snowpeak_item_img6

・軽量でコンパクトになるもの
・家でも使えるもの
・2つ以上の用途で使えるもの

私がスノーピークで選んでるモノの基準は“軽量でコンパクトになるもの”

コンパクトにまとまるクッカーや食器等の小物を中心に選んでいます。というのも、スノーピークのチェアやテーブルは重量があるので持ち運びにはちょっとマイナスかなと考えています。野外での風には重い方が有利な面もありますけどね。

チェアはヘリノックスを愛用してるのでスノーピークのチェアを選ぶ予定は今のところありません。

しかし食器やクッカー、ランタンなど質が高く雰囲気の良いものが多いのでその辺は大変気に入っています。

家でもアウトドアでも自分が使え、2つ以上の使い方ができるものをなるべく選ぶようにしています。

私がスノーピークで選ばないもの

・”あれば便利だがなくても良いもの”は買わない
・”家で使えないもの”はなるべく選ばない
・”コンパクトにならないもの”はなるべく選ばない

私のスノーピーク商品を選ぶ基準としては、ステンジャグやダッヂオーブンのような“無くても良いけどあれば便利なもの”は選択肢から除外しています。あればもちろん楽しいかもしれませんが、なるべく持ち物は絞りたいので、、。

今はスノーピーク用品は家でも使う人は増えてますよね。家でも外でも使えるって私も最高だと思いますし、十分に選ぶ理由になると思います。一方で、家では使わなくて外でしか使えなさそうなものは極力選択肢から外しています。

他にはコンパクトにならない、重さのある商品もあるのでそういったものは選ばないようにしています。スノーピークだから盲目的に全て良い、とは思っていません。笑

スノーピークのレビュー記事まとめ

私が所持しているスノーピーク用品をまとめました。正直基本的なアイテムばかりだとは思います。

スノーピーク・アメニティドームM


友人とシェアして所持している超メジャーなテント・アメニティドームのMサイズ。大人2人で過ごすにも十分な広さがあります。

ただの長方形ではなく、多面体なので畳むのが少し大変です。

スノーピーク商品の中ではコスパも高くある種スノーピークの沼への入り口のようなテントです。
2〜3人でキャンプを始めたい人にはおすすめできます。

スノーピーク・焚火台 M

キャンプ用の焚き火台で真っ先に上がってくるメジャーな焚き火台。
逆菱形の焚き火台は使う度に味が出てくる仕様で、キャンプの夜を楽しむ焚き火にマストなアイテム。

私は単体でしか持っていないですが、最近はスターターセットがあるようですね。重くて高いですが、キャンプの夜長を楽しいものにしてくれる魅力的な焚き火台です。

スノーピーク・ギガパワーランタン 天 オート

snowpeak_item_img1
スノーピーク・ギガパワーランタン 天 オートはコンパクトながら明るいランタン。
私もお気に入りのアイテムです。洗練された雰囲気ながら無骨な要素もあって良いです。

チェーンで木にひっかけられるとさらに良いのですが、普段はテーブルの上に置いて使っています。

このランタンとギガパワーマイクロマックス、クッカーセットがあればいつでもソロプチキャンプが楽しめます。

2WAYランタン用マントル3枚セット

スノーピーク・ギガパワーランタン 天 オートの取り替え用のマントル。マントルは衝撃等で崩れてしまうことがあるので定期的に取り替えましょう。

ちなみにマントルは微量の放射線物質を含むのだとか。

スノーピーク・リトルランプ ノクターン

snowpeak_item_img5
スノーピーク・リトルランプ ノクターンは小さな灯りを灯す小さなランタン。250gの少量のガスと組み合わせるとコンパクトです。

単体で明るくはないので、ちょっとしたアクセントといった感じのアイテム。

私が持っているタマはちょっと火が消えやすいです。

スノーピーク・ギガパワーマイクロマックス

snowpeak_item_img2

スノーピーク・ギガパワーマイクロマックスはもう4.5年程使っているミニマムで使いやすいゴトクのクッカー。

私が使っているのはスターターが着いているのですが、モデルチェンジして今あるスノーピーク・ギガパワーマイクロマックス ウルトラライトはスターターは無い様子。その分コンパクトそうです。

スノーピーク・チタントレック 900

snowpeak_item_img7

スノーピーク・チタントレック 900はスノーピーク・ギガパワーマイクロマックスをスタッキングしているクッカー。私が使うのはほぼ上蓋で、ウィンナー等を焼く時使っています。

チタンで重量175gと軽量なのもお気に入りです。

スノーピーク・ショートスクー

snowpeak_item_img8
スノーピーク・ショートスクーはチタントレック 900にギガパワーマイクロマックスと一緒に収納できる短いスクー。
これで食べているとキャンプ感が出るのでお気に入りです。

ショートスクーはどうやら終売してしまった様子。値上りしてしまっています。定価1000円前後なので今なら普通のスクーを買うのが良さそうです。

スノーピーク・シングルマグ 300ml

snowpeak_item_img4

スノーピーク・シングルマグ 300mlは家でも使っているシングルマグ。魔法瓶機能はない軽量なコップですね。
とても使いやすいですが、冷たいものを入れると外側に水滴はできるのでそこは注意。

持ち手のハンドルは折りたたみ可能です。

スノーピーク・チタンダブルマグ 450ml

ダブルウォールタイプのマグカップのチタンダブルマグ。450mlと別売りの蓋を付けて主に家で使用してました。

450mlは成人男性でも量が多いのでもう水筒でも良いんじゃないかなと思っていました。2019年に下のステンレス真空マグに買い替えました。

持ち手のハンドルは折りたたみ可能です。

スノーピーク・ステンレス真空マグ 300ml

snowpeak_item_img3

ステンレス真空マグ 300mlは最近買ったスノーピーク商品のひとつで、かなり気に入っているマグカップ。鏡面まで行かないステンレスでダブルウォールの真空マグ。

300mlというちょうど良い大きさで使い勝手抜群です!冷たいものを入れても汗もかかないですし、雰囲気も良い。一押しのマグカップです。

こちらも持ち手のハンドルは折りたたみ可能です。

スノーピーク・テーブルウェアーセット L

snowpeak_item_img9
スノーピーク・テーブルウェアーセットは家族が持っていてたまにお借りするアイテム。コンパクトにまとまり、小皿、中皿、平べったい皿、カレーを入れられる皿と4種類の大きさに分かれており、使い勝手良好。

2名用を使っていますが、今は1セットか4名用と少し広いラインナップですね。こちらもおすすめできるアイテムです。

スノーピークのアイテムレビュー記事まとめ

snowpeak_matome_main3
紹介したものの多くは軽量なものが多く、持っているアイテムは気に入っているものが多いです。

自分の用途を考慮しながらスノーピークのある生活を楽しんでみてください!

(サムネイル撮影:LEICA X2)

【閲覧ありがとうございました】
「この記事参考になったよ!これからも頑張って!」と思って頂けたら、Twitterをフォロー、又はいいね・RTをよろしくお願いします!記事更新をお知らせしています。

HHOJOアウトドア一覧へ