• トップ
  • ブログ
  • コラム
  • シリコンバレーのアップル本社・アップルパークとアップル・キャンパス両方見学しました【画像38枚】
apple_hq_main

シリコンバレーのアップル本社・アップルパークとアップル・キャンパス両方見学しました【画像38枚】

説明する必要もないぐらい、世界中の多感な人達に愛されるApple。
シリコンバレーを訪れた時に世界のAppleの本社に立ち寄ったので様子をシェアしたいと思います。

今回は旧本社アップル・キャンパスと、新本社アップルパーク両方見学してきました!

アップル・キャンパス(旧本社)の場所・所在地

住所はアメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンノゼ クパチーノ
シリコンバレーと称される世界の名だたる企業が集中する地域です。

グーグル本社も訪れたので別記事にしました!

アップル本社と日本の時差は16時間

シリコンバレーのグーグル本社と日本の時差は-16時間です。これはサンノゼのみでなく、シアトル・サンフランシスコ・ロサンゼルス・サンディエゴも共通してアメリカ西海岸は-16時間です。日本から行くとなると半日以上戻る形になりますね。

アップル・キャンパス(旧本社)への行き方

サンノゼ空港からは、車で10.7マイル。キロ換算で17.2キロあります。車で行くと約17分で着きます。サンノゼは完全は車社会なので、Uberでの移動がおすすめです。

アップル・キャンパス(旧本社)を見学します

apple_hq_img1
アップル・キャンパス(Apple Campus)は1993年から2017年までアップルの本社としてシリコンバレーに君臨していました。現在はアップルパークが本社として機能していますが、引き続きオフィスや研究所として稼働しているそうです。

インフィニット・ループと呼ばれ親しまれている円形のエリアの正面がアップル・キャンパスの顔とも言える建物です。

apple_hq_img32

1の入り口のすぐ横にアップルストアがあります。この日は従業員のミーティングのようなものが開かれていました。

apple_hq_img33
一周できるので歩いて見ます。従業員用駐車場入り口。

apple_hq_img34
静かで集中できそう。

apple_hq_img35
インフィニット・ループ3。各入り口は番号が振ってあります。部外者は施設内には入れません。

apple_hq_img36
インフィニット・ループ2。似たような雰囲気。

apple_hq_img22
前からさっきもすれ違った社員の2人が。

「あ、さっきもあったよね!」と笑っていました。笑

インフィニティループを歩きながらのミーティング、机にいるより頭がフレッシュで良いアイデアが出そう。

apple_hq_img23
建物の現実的な姿も記念に撮っておきました。笑

apple_hq_img21
緑も多く、”キャンパス”というだけあり大学のような雰囲気です。

apple_hq_img2
10月だったので落ち葉も落ち始めていて秋の雰囲気が漂っていました。

apple_hq_img3
インフィニット・ループのサイン。撮影スポットのようです。

アップル・キャンパス(旧本社)の周辺環境

apple_hq_img4
アップル・キャンパス前のノース・デ・アンザ・ブルーバードという大通り。

車通りは多めでした。

apple_hq_img5
この通りをまっすぐ行くとサニーベールという地域に行きます。

apple_hq_img24
アップル・キャンパス前のバス停も電光掲示板があり、洗練された雰囲気でした。

アップルパーク(新本社)の所在地

apple_hq_img16
アップルパーク(Apple Park)は2017年に完成した、アップルの新本社です。場所はアップル・キャンパスと同じく、アメリカカリフォルニア州 サンノゼ クパチーノ

ノース・タウタウアベニューというかわった名称の道路に面しています。

アップル・キャンパスとアップルパークはUberで10$ほど

アップル・キャンパスとApple ParkはUberで10.05$(約1135円)でした。距離は4.2キロ(2.6マイル)で車で8分です。

歩けなくもない距離ですが、Uberを使うのがてっとり早いでしょう。

アップルパーク(新本社)は一般人は入れません

残念なお知らせですがアップルパークには一般人は立ち入ることができません。代わりに、アップルパーク・ビジターセンターという観光客向けの施設があり、そこからアップルパークを眺めたり、ARで施設を見たり、アップルストアでグッズを買うこともできます。

アップルパーク・ビジターセンターの場所と行き方

アップルパークの真横にあります。
サンノゼ空港から9.1マイル、14.6キロあります。Uberで15~20分で着く距離にあります。サンノゼ中心部→少し遠いアップル・キャンパスまでが18.49$(2089円)だったので、2000円前後かかると考えておけば良いかと。

アップルパーク・ビジターセンターの概要

apple_hq_img25

住所 10600 North Tantau AvenueCupertino, CA 95014
営業時間 月〜金 9:00~19:00
土 10:00~19:00
日 11:00~18:00
電話番号 +1 408-961-1560
公式サイト アップル公式サイト(英語)

土日は営業時間が少し短いので行く場合はご注意ください!

アップルパーク・ビジターセンターのフォトギャラリー

apple_hq_img30
Uberで正面に降ろしてもらいました。ブラックでシンプルなサインがお出迎え。

apple_hq_img31
敷地内は綺麗でゴミ箱すら洗練されています。さすが世界のアップルといった敷地内です。

apple_hq_img9
ビジターセンター正面。ビジターセンターは主にアップルストアで構成されていて、カフェ、テラス、ARが体験できるスペースが設置されています。

apple_hq_img6
無駄がなく洗練されています。

アップルストア

apple_hq_img8
おそらく限定ものがきになる人も多いでしょう。

apple_hq_img10
私が訪れた時はiPhone Xsが登場してまもない頃だったので特に推されていました。他に団体の観光客も多く、ストア内は賑わっていました。アジア人観光客が多かったです。

ストア限定グッズも

apple_hq_img11
このストアではアップルパークにちなんだ限定商品がありました。Tシャツや、

apple_hq_img12
トートバッグ、キャップ、トランプなどもありました。アップルファンなら手に入れたいアイテム。

全体的にアップルパークのサークルをテーマにディスプレイされていました。

ルーフテラス

apple_hq_img18
ビジターセンターは屋上がルーフテラスになっており、アップルパークとオフィスを取り巻く環境を眺めることができます。

apple_hq_img16
“宇宙船”のような大きなサークルの建物として有名ですが、実際は一部しか見ることができません。

apple_hq_img15
引いて見るとこんな感じにアップルパークを見ることができます。

apple_hq_img19
屋上にはビジターセンターのスタッフがいて、撮影にも快く引き受けてくれました。イケメンですね〜。

apple_hq_img17
ビジターセンター前のノース・タウタウアベニューはこんな感じ。

AR(拡張現実)でアップルパーク体験!

apple_hq_img29
アップルパーク・ビジターセンター1階の入って左側にはアップルパークの模型があり、スタッフがiPadを配っています。

apple_hq_img13
みなさんiPadを模型に向けているようです。

apple_hq_img26
iPadでのぞいて見ると、、

apple_hq_img27
このIpadで模型を見ると、ARのようにアップルパークの全貌が見ることができます。
建物の屋根を外してオフィス内の様子も見ることができます。面白いなぁ。

apple_hq_img28
朝昼夜など時間帯も変更できます。

アップルパークには入れませんが、このARで見るとなんとなく理解できた気がします。笑

apple_hq_img14
テクノロジーを体験できる面白いアトラクションでした。

アップルパーク・ビジターセンターカフェ

apple_hq_img7
ビジターセンター入って右側にカフェがあります。なんとも贅沢な空間の使い方です。

apple_hq_img20
白基調のナチュラルウッドを使った空間。天井も高く、側面は全面ガラス張り。非常に開放感のある空間でした。

apple_hq_cafe_img
普通のコーヒー(アメリカーノ/ホット/レギュラーサイズ)で3$(339円)でした。

ちなみにカフェは現金が使えないのでご注意ください
クレジットカードで支払いました。

シリコンバレーのアップル本社まとめ

アップルはグーグルと違ってプロダクトがメインなので情報漏洩しないよう、観光客は隔離され遠目からしか見学できないのは少し残念でした。しかしARをはじめ、本社を体験でき、限定グッズも手に入るのでシリコンバレーに行く予定のある方は訪れる価値はあると思います!

スティーブジョブズが亡くなってから何かと批判の意見もありますが、引き続き良いプロダクトが世に放たれることを期待したいですね。

Translate