barebones_railroad_lantern_main_img2_cmp

ベアボーンズ レイルロードランタンで日常をレトロに【徹底レビュー】

ベアボーンズリビングから出ている人気LEDランタンのレイルロードランタン。なかなか入手しづらいですが、レトロな外観で気になりますよね。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
プチ世界一周したデザイナーのHOJO HIKARUです。モノ選びにシビアな私が実際に購入し徹底レビューしました。

この記事でベアボーンズ レイルロードランタンの魅力や使用感、マイナスポイントが掴め、じっくり検討できます。

ベアボーンズ レイルロードランタンはキャンプにインテリアに。毎日使える雰囲気抜群LEDランタンです。

ベアボーンズとは?

ロバート・ワークマン氏が手がけるベアボーンズは「アウトドアでの生活の質を向上させる」というシンプルな理念のもとに設立された、アウトドアブランドです。
ライト、カトラリー、ナイフなどの他に園芸系のプロダクトも作っているのが他のキャンプメーカーと異なるポイントでしょうか。創設者のロバート・ワークマン氏はGOAL-ZEROやNOBOX等複数のサービスを持ち被災地や貧困地域への人道支援等も積極的に行っている起業家なのだとか。

ベアボーンズ レイルロードランタンとは?

barebones_railroad_lantern_img12
ベアボーンズ レイルロードランタンは戦前の北米鉄道で使用されていたランプを現代版にLEDで再現したLEDランタン。カラーはアンティークブロンズ一色のみですが、雰囲気の良いカラーです。

ベアボーンズ レイルロードランタンの価格は?

ベアボーンズ レイルロードランタンの定価は9,680 円(税込)

ベアボーンズ レイルロードランタンの価格は9,680 円(税込)です。ですが人気商品らしくなかなかECサイトでも在庫がありません。見つけたらラッキーといえるでしょう。

ベアボーンズ レイルロードランタンを開封レビュー!

barebones_railroad_lantern_img1
ECサイトでも少し探しましたが、結局フリマアプリで定価より少し高く新品を購入しました。特にビニールなどには入ってないパッケージ。

barebones_railroad_lantern_img2
背面も全部英語ですね。

barebones_railroad_lantern_img3
横から取り出すタイプです。

barebones_railroad_lantern_img4
ダンボールから出てきました。

barebones_railroad_lantern_img5
取り出すと中身は本体とバッテリー、充電用のUSBケーブルが同梱されていました。あと簡易的な取り扱い説明書があるぐらいでした。

barebones_railroad_lantern_img8
ホヤ(ライト部分)の下はひねると外すことができ、ここにバッテリーを装着します。ゴムパッキンはないので防水ではなさそうです。雨天は使用しない方がよいでしょう。

barebones_railroad_lantern_img7
ここにバッテリーを付けます。

barebones_railroad_lantern_img9
これがレイルロードランタンのバッテリー。ベアボーンズの専用ラベルがついています。

barebones_railroad_lantern_img10
金色の金属面を上にセットして蓋をします。蓋の丸い部分にバッテリーがくるシンプルな作りですね。

barebones_railroad_lantern_img17
充電は背面にUSB Type-Cの差込口が。規格がUSB Type-Cなのは今時ですね。

barebones_railroad_lantern_img16
グリーンのライトで4つのライトでバッテリーの様子が確認できます。

barebones_railroad_lantern_img15
パソコンなどから充電するとこんな感じに。こんなレトロな外観ながらMacbook Proに繋がれて充電する様はネオクラシックですね〜。

barebones_railroad_lantern_img25
肝心のライトの明るさ調節はこの針金のようなシンプルなツマミで操作します。簡易的なようで使いやすい形状です。

barebones_railroad_lantern_img12
ホヤの気泡はビンテージ感を演出するためにわざわざ表現したディティールのようで、雰囲気良いです。LEDの柱は4本あり、同じ明るさで調節されます。

ベアボーンズ レイルロードランタンの魅力や特徴まとめ

barebones_railroad_lantern_img18

・とにかく外観がレトロでオシャレ
・LEDなので室内でインテリアとしても使用可能
・明るさは無段階調整可能
・USB Type-Cで充電できる

ベアボーンズ レイルロードランタンの魅力や特徴を先にまとめてしまうと、ととにかく外観がレトロでオシャレです。かつLEDなので家でもインテリアとして使え、明るさは無段階調整可能。USB Type-C充電式と、レトロかつ中身は最新なのが特徴的です。

barebones_railroad_lantern_img20
キャンプでは特にテーブルライトとして使うのは良さそうでした。LEDで熱くないのでガスランタンと違ってやけどの心配がありません。お子さんがいる方は良いかもしれませんね。

barebones_railroad_lantern_img22
木やポールに吊るしてもサマになりオシャレです。

barebones_railroad_lantern_img21
LEDなのでテント内でも安心して使えるのが嬉しいですね。明るさも調整できるので寝る前の読書だったり、寝る時の常夜灯としても使えます。

barebones_railroad_lantern_img19
日常では室内のインテリアにも使えます。私は実際に普段は室内で寝る前のライトに使ってます。

ベアボーンズ レイルロードランタンの重さは?

barebones_railroad_lantern_img24

ベアボーンズ レイルロードランタンの重さは920g

ベアボーンズ レイルロードランタンの重さは約920gでした。レイルロードランタンが気になってる方は大半が車でキャンプに行かれる方でしょうから、重さは気にならないでしょう。ツーリングキャンプやトレッキングには大きすぎるので向かないでしょう。笑

ベアボーンズ レイルロードランタンの生産国「PRC」とは?

barebones_railroad_lantern_img23

PRC”People’s Republic of China”は中国製

紛らわしいですが、ベアボーンズ レイルロードランタン中国製のようです。分かりにくい表記なので少し問題になっている表記方法のようです。

ベアボーンズ レイルロードランタンのサイズ感はどう?

barebones_railroad_lantern_img11

縦(本体) 24cm前後
縦(取手含む) 34cm前後
幅、奥行き 17cm前後
ベアボーンズ レイルロードランタンのサイズ感ですが、高さは本体が24cm前後、取手を立てた状態で34cm前後です。幅は17cm前後です。大きめなサイズ感だと思います。

ベアボーンズ レイルロードランタンのスペックまとめ

LED 3.2Watt
ライトスペクトラム 3000K
ルーメンHigh 200
ルーメンLow 35
USBインプット 5V USB
バッテリー 3.7V 4400mAh リチウムイオン
High継続時間 3.5時間
Low継続時間 100時間
重量 約920g
価格 9,680円(税込)
生産国 中国
レイルロードランタンのスペックをまとめるとこんな感じ。

ベアボーンズ レイルロードランタンのマイナスポイント

barebones_railroad_lantern_img16

・High使用時は3時間前後しか持たない
・ライトはそこまで暖色ではない
・カメラを向けると光が点滅するフリッカー現象が起こる

ベアボーンズ レイルロードランタンのマイナスポイントはハイ使用時は3時間前後しか充電が持ちません。
キャンプではメインのランタンとしては考えない方が良いでしょう。

また、LEDのライトはそこまで暖色ではないです。写真だと結構ホワイトよりな色に映ります。もう少し暖色ならよりビンテージな世界観が出るかなとは思います。

あとレイルロードランタンはカメラを向けると細かく点滅するタイプのライトです。フリッカー現象と言うのでしょうか。カメラを向けると点滅するタイプのLEDライトなので、動画撮影の光源としては向かないかもしれません。

ベアボーンズ レイルロードランタンのおすすめの使い方

barebones_railroad_lantern_img21

・大きいがキャンプではサブのランタンとして使う
・熱くないのでテーブルライトとして使いやすい
・テント内、車中泊での室内利用におすすめ
・ホヤはガラス製なのでカバーは必要

ベアボーンズ レイルロードランタンは前述したようにキャンプでメインのランタンとして考えない方が良いです。
個人的なおすすめはサブのランタンとして使い、夜テント内で使うのがオススメです。LEDなので密室でも安心して使えます。テント内同様に車中泊でも使えます。

またホヤはガラス製の本格派なので、移動時はカバーやボックスに入れるのをおすすめします。純正はないようですが、↓こういったカバーがあると安心でしょう。

ベアボーンズ レイルロードランタンはどんな人におすすめ?

barebones_railroad_lantern_img19

・レトロな世界観でかつLEDのライトが欲しい方
・室内でインテリアとしても使えるオシャレなランタンを探してる方

ベアボーンズ レイルロードランタンはレトロでビンテージランタンのような雰囲気ながら中身はしっかり新しいLEDタイプ、というところが魅力だと思います。

キャンプでもインテリアでも使えるのはモノも減らせるので個人的にはかなり魅力的なランタンです。思わず写真を撮りたくなります。笑

ベアボーンズ レイルロードランタンを最安値で買うには?

ベアボーンズ レイルロードランタンは品切れ続きで手に入りにくいですが楽天、Amazonで購入がおすすめです。取扱店でもあるA&Fの公式サイトもチェックしておくと良いでしょう。

おすすめのECサイト
楽天市場
Amazon
A&F公式サイト

もし在庫があるなら早めに行動しましょう。あなたが欲しいものは他の人も常に狙っています。

ベアボーンズ レイルロードランタンのレビューまとめ

barebones_railroad_lantern_main_img2_cmp
ベアボーンズ レイルロードランタンはキャンプにインテリアに。毎日使える雰囲気抜群LEDランタンです。

少し値段はしますが、キャンプサイトや部屋の雰囲気をガラッと変えてくれるオシャレなLEDランタンです。雰囲気が好きな方はきっと満足できるアイテムだと思います。

HOJO HIKARU
HOJO HIKARU
閲覧ありがとうございました。
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします^^
Twitter,Pinterest
ブックマーク・お気に入りに入れてまた来てくださいね。

こちらもおすすめなLEDランタンです↓

キャンプギア一覧へ↓

撮影機材:LEICA X Vario,iPhone 11

Translate