jimny_insurance_main

最短5分!ジムニーJA22の自動車保険を安くする方法!

私は車を所有しない生活を送っていましたが、車が必要になったのでジムニーJA22型を購入しました。ジムニーJA22は憧れていた車です。2018年のJB64型のモデルチェンジで話題をさらったこともあり、不動の地位を誇る小さな巨人、ジムニーは令和になった今でもますます人気が加速してますね。
ジムニーはJA11型、JA22型を中心に、軽自動車ながら唯一無二のスタイルで15年以上前の年式でも非常に人気があります。

そこで気になるのが、「ジムニーの自動車保険ってちょっと高そう、、」という不安。息が長いジムニーは、どこかしらカスタムされていることが多いですし、保険も入れるのか!?と不安になりますよね。

私も自動車保険は親まかせで「なにそれおいしいの?」というぐらいに無知な人間でした。カスタムしてるジムニーでも安く、条件に会う自動車保険はあるのか、webで一括見積もりしてみることにしました!

【こんな方向けに書いてます】
・ジムニー初心者(特にJA22型!)
・ジムニーに限らず車購入して自動車保険に悩んでいる方

「もう10何年もジムニー乗り継いでるぜ!」という猛者の方達には既知な内容かと思われますので退屈な内容かもしれません。笑
こんなのあるんだって程度にご覧ください。笑

ジムニーの自動車保険をおトクにするならコレ!


jimny_insurance_img1

見つけて試しに使ってみた見積もりサービスがこの「インスウェブ」というサービス。「広告まみれでいかにも、、笑」と私も最初は思いましたが、実際に使ってみたら良い面が多かったです!

情報が手元に揃っていれば最短5分でできるので想像以上に簡単でした!保険の見直しで利用した方は平均30,879円も安く抑えられたそう。5分で年間30,000円も安く済ませられるなら、やった方が断然おトクですね!私が使用して良かったポイントは“営業電話がかかってこない”ところです。結構重要です。笑

最短5分でサクッと一括見積もり!

インスウェブの評判はどうなの?

使う前にちょっと気になるのはサービスの評判ですよね。少し調べたらこんな声が。

・その都度パスワード等を入力するのが面倒で残念だった。
・初めて利用しましたが、保険会社がもう少し多いのではと期待してました。
・キャンペーンの商品が届かない(届くのが遅かった様子)
参照:インスウェブみんなの自動車保険見積もり体験談(不満の声)

正直、ネットで落ちてる不満の声がこの程度なら良いサービスなんじゃないかと思いました。私は電話が嫌いなので「勧誘の電話がしつこい」があったら使うか迷いましたが、営業の電話がかかってこないのは好印象です!

私のジムニーJA22の見積もり結果はこちら!

見積もり結果の前に私と愛車のざっくりとした情報を共有すると、

年齢:29歳(独身)
免許の種類:ゴールド免許
保証される運転者:契約者本人のみ
事故歴なし(等級下がりなし)
他補償内容:大多数と同じ範囲を選択
ジムニーJA22
初年度登録:平成10年(1998年)
違法改造はなし(リフトアップ済み車両)

でした。さて、どうなったでしょうか!




6つの保険会社から見積もりが届きました!↓

1位:アクサダイレクト
年間保険料:31,180円 /年
2位:チューリッヒ
年間保険料:31,970円 /年
3位:SBI損保
年間保険料:39,110円 /年(一括)
年間保険料:42,240円(12回払:3,520円/月)
4位:ソニー損保
年間保険料:45,130円 /年(インターネット割引10,000円適用後)
5位:三井ダイレクト
年間保険料:49,400円 /年(一括)
年間保険料:53,400円(12回払)
6位:セゾン自動車火災保険/損保ジャパン日本興亜グループ
年間保険料:52,500円 /年(一括)
年間保険料:55,560円(12回払:4,630円/月)

同じ条件でも最大24,380円も差がありますね!これは参考になりそうです!
私は独身で妻子もなく無事故、ゴールド免許で年齢も20台後半なので、だいぶ安い方なのではないかと思います。年齢区分では26歳以上になりますので、26歳以上で同じような条件でしたら金額は近くなるかと思います。30歳になるとまた区分が変わるので少し金額が変わります。

最短5分でサクッと一括見積もり!

JA22型のジムニーの車両保険は?

車両保険は「つけた方が良い」と「高いからつけなくても良い」と2パターンに分かれますが、原則10年以上たった車両には車両保険はつけられないらしく、この一括見積もりでも私のジムニーJA22にも車両保険は付いていません。JB23型も10年以上前の車両はつける場合は別途問い合わせる必要があります。JA11型も別途問い合わせが必要そうです。

・10年以上前の車両は車両保険は基本付けられない
※付ける場合は別途問い合わせが必要

ジムニーのリフトアップなどのカスタムは”改造”になるの?

JA11型、JA22型、JB23型、JB64型(New!)でもジムニーは購入した時点からカスタムしてある場合が多いですよね。前のオーナーがカスタムした場合や、中古車販売店がカスタムしてる場合などもあります。ですが、違法改造車と見なされると自動車保険は加入できません。
改造車かどうかは、「車検に通るかどうか」がイコールといっても良いそうです。私の購入したジムニーJA22もリフトアップはされていましたが、「車検に通る範囲」でのカスタムでしたので問題ありませんでした。不安な方は購入する中古車販売業者の方やジムニー専門店の方など、専門の方に問い合わせるのをオススメします。

・車検に通る範囲のカスタムは基本的に自動車保険に加入できる
※不明点は専門の方へ

インスウェブで見積もりして良かった点

実際に使って見積もりしてみた感想としては、

意外と簡単
・聞きなれない項目はヘルプがある
・補償内容等の項目に参考データがあって入力につまずかない
・個々の保険会社に見積もりしてもらう必要がないので時間短縮になる
・計6件の見積もりがすぐ届いた!

ヘルプや参考データは初心者にはわかりやすくて良いですね!補償内容によっては「これ世間一般の方達はどれぐらいの補償にしてるんだろう?」というのが、他のユーザの参考データを見れたのもとても使いやすく感じました。

例えば”搭乗者傷害保険”の金額。

搭乗者傷害保険とは
契約自動車に搭乗しているときの事故によって死傷した場合のみ、補償の対象となる。

「搭乗者傷害保険???」となりましたが、参考データがあったので開いてみると、
jimny_insurance_img16
参考データでは80%の人が1000万円に設定しています。私も迷わず1000万円に設定しました。



など、つまずかないように適宜情報を提供してくれ、使いやすかったです。

保険の見積もりって記載情報が結構多くて、個々に見積もりを出すとそれだけで疲れてしまいそうですが、このインスウェブで見積もりするだけで各社に情報が送信され、見積もってくれるのは非常にラクで良いですね!

例えば今回届いた6社個々に見積もりしていったらそれだけで大切な休日がなくなってしまいそう。便利なサービスはどんどん使うべきですね。

最短5分でサクッと一括見積もり!

インスウェブで見積もりして悪かった点

悪かった点は今の所は見当たりません。
保険会社からメールがたまに届きますが、しつこい量ではないので許容範囲かなと。
あとはサイトのデザインが古いぐらいでしょうか。笑

営業の電話などが来ないのは、”保険のアドバイスをもらう“のチェックで“希望しない”を選択したから良かったのかもしれません。

jimny_insurance_img17

最短5分でちょちょいとできてしまうので、新規で自動車保険を探してるジムニストにも、今ある自動車保険を見直したいジムニストにも使いやすいと思います!もちろんジムニー以外の車種でも見積もりできます!

最短5分でサクッと一括見積もり!

実際の見積もりの流れを説明します

実際の見積もりの流れを説明していきます!少し長いですがお付き合いください。

まずはお手元に以下のものを用意しましょう。

用意するもの
車検証と、保険証券(既に加入して見直す方のみ)

jimny_insurance_img1
まず保険の窓口インズウェブのwebサイトに飛んで“一括見積もりスタート”で始めます。
記事にたまに挟んである黄色いボタンから飛んでも同じページに行きます。↓コレ

最短5分でサクッと一括見積もり!

jimny_insurance_img2
始めに車の情報を入力していきます。“初年度登録年月日”は車検証に記載されているはずです。形式も入力しましょう。私はJA22型でしたので、”JA22W”と入れて次に進みます。JA22型は3年間しか作られてない型なので”JA22W”しか型番はないです。
jimny_insurance_img3
もう進捗が30%に!笑
車の情報が記載されました。”この車での保険契約の加入状況”は”現在、自動車保険に加入していない”を選択。

jimny_insurance_img4
使用状況では地域と主な使用用途を入力します。

私はメインは通勤での使用なので”通勤・通学(会社や学校への運転・送迎に使用)”を選択。

その他の改造車かどうか、は“いいえ”でないと見積もりできません。車検が通るカスタムなら改造車ではないので、リフトアップしてある私のジムニーも”いいえ”を選択。

jimny_insurance_img5
予想される走行距離は「わからないどうしよう、、」と思いましたが、黄色いボックスの”悩まれてる方へ”を押すと、年間走行距離の概算をしてくれる便利なページが!

私は片道10kmの通勤なので往復20km、週5で年間5000キロでした。ほか休みにドライブやキャンプなど遠出にも使いそうなので”5000km〜5999km”に設定しました。

次へ進みます。

jimny_insurance_img6
60%まで来ました!
納車予定日か、保険契約開始日を入力します。納車待ちであれば納車日、保険の切り替えなら切れる日に設定すると良いのでしょう。

次へ進みます。

jimny_insurance_img7
70%まで来ました!ここでは基本的な個人情報を入力していきます。

jimny_insurance_img8

基本的な情報の他、免許証の色、保険契約者との間柄、過去1年以内の免停歴があるかどうかなどを入力します。この辺は見積もりに影響がありそうですね。

jimny_insurance_img9

jimny_insurance_img10

ここでも個人情報ですね。
住所、移住形態、電話番号、メールアドレスなど。
“移住形態”以外はよくある個人情報ですね。

jimny_insurance_img11
車の所有者は基本は”契約者本人”だと思いますが、異なる場合もヘルプで説明があります。

jimny_insurance_img12
“保険契約の情報”は中核となる補償内容の選択部分です。

車両保険は選択できない様子!

車両保険については、そもそも選択する部分が出て来ませんでした。

※車両保険について
発売から年数の経っているお車等の場合、車両保険をつけての一括見積もりが出来ません。車両保険をご希望の方は一括見積もりの後に個別に保険会社にご相談ください。

と記載されていました。ちなみに2016年式のJB23型などで入力していくと車両保険金額が表示されたので、古い年式だと選択出来ないようです。

補償内容の参考データを見て見ます!
jimny_insurance_img13
“対人賠償責任保険金額”98%が無制限
これは最も大事な補償なので無制限一択ですよね。

jimny_insurance_img14
“対物賠償責任保険金額”94%が無制限
これも無制限にしておきたいです。

jimny_insurance_img15
“人身傷害補償金額”73%が3000万円を選択。16%の人はさらに厚い5000万円を選択しています。

人身傷害補償金額とは
補償の対象:記名被保険者やそのご家族が自動車事故に起因して死傷した場合や他のお車に搭乗中の事故(※)によって死傷した場合も補償の対象となる。
また、記名被保険者やそのご家族が運転しているお車、または契約自動車に搭乗中の方が事故によって死傷した場合も補償の対象となる。契約自動車に搭乗しているときの事故によって死傷した場合のみ、補償の対象となる。
補償内容:ケガをした場合の治療費や休業損害、死亡した場合の逸失利益などが補償される。(ご契約金額がお支払額限度)
参照:「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」の主な違いは何ですか?

jimny_insurance_img16
“搭乗者傷害保険金額”80%が1000万円を選択。12%の人はなしを選択しています。私は1000万円を選択しました。

搭乗者傷害保険金額とは
補償の対象:契約自動車に搭乗しているときの事故によって死傷した場合のみ、補償の対象となる。
補償内容:ケガなどによる死亡・後遺障害・入院・通院などに応じて、一定の金額が支払われる。(あらかじめ設定された金額)
参照:「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」の主な違いは何ですか?

jimny_insurance_img17
中核の補償内容が選択できたら、”補償される運転者”の範囲を選択していきます。

世帯主であれば妻や子供なども運転するのであれば範囲を変更します。

“保険に対する希望”は”補償と価格のバランス”を選択しました。

“保険会社や代理店からのアドバイス”は”希望しない”をオススメします!
このサービスの魅力は安い保険会社を探せるのはもちろんですが、“営業電話が来ない”が個人的に大きいので、これで見積もり届いて各保険会社から電話がきまくったらもう全然オススメできないですね。”希望しない”が良いでしょう。

jimny_insurance_img18
同時に資料請求はスルーで良いでしょう。JAFはありかもしれませんが。
次に進みます。

jimny_insurance_img19
もうほぼ終わりです!
この画面では内容を確認するぐらいですね。
「見積もりをGET」で終了です!

jimny_insurance_img20
見積もり完了です!

ここで数分で登録したメールアドレスにメールが届きます。

「見積もり結果はこちらから」でもみれそうでしたが、私はメールの方で確認してしまいました。内容は同じでしょう。

jimny_insurance_img21
Gメールを開くと既に4件見積もりが届いています!

最終的に上で記述した6社からの見積もりが届きました!

想像以上に簡単でした!説明すると長く感じますが、実際に情報が手元にあると5分もかからないかもしれません。

最短5分でサクッと一括見積もり!

あとがき

私はずっと東京に住んでいたので車を所有しない生活を送っていましたが、北海道に来て車が必要になったので、ジムニーJA22型を購入しました。
車を購入するなら1台目はジムニーに乗る!」と心に決めていましたので急に夢が一つ叶ったといいますか。笑 ジムニーに限らずとも自動車保険って難しいですよね。知り合いに自動車保険を聞いてみても、
「自分は三井住友ですね〜」
「オレは三井ダイレクトかな〜」
「チューリッヒやアクサが安いよ〜」
「ニッシントーアかなぁ〜」
「webで入れる保険が簡単でいいよね」



などなど。「どれも聞いたことあるしどこがいいのかわからない!!!」と非常に困りました。単純に良いサービスを見つけられて良かったな〜と感じました。

晴れて私も「ジムニスト」の仲間入り。ジムニーライフを楽しんでみたいと思います!皆様も自動車保険を少しでもおトクにして快適なジムニーライフをお過ごしください!

最短5分でサクッと一括見積もり!

※この記事は保険会社の一括見積もりの参考記事です。実際に事故に遭われた場合は契約した各保険会社にお問い合わせください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate