• HOME
  • ブログ
  • TRAVEL
  • バックパッカー17日目(アムトラック大陸横断1日目・カリフォルニアゼファー号)
day17_thumb_amtrak_california_zephyr

バックパッカー17日目(アムトラック大陸横断1日目・カリフォルニアゼファー号)

今日はアメリカ中を走っているアムトラックの中でも最も有名な線の一つ、“カリフォルニア・ゼファー号”に乗ります。

サンフランシスコ(オークランド)からシカゴまでの2泊3日で、シエラネバダ山脈を含め目まぐるしく移り変わる景色が見事と評判の列車。

2回の乗り換えを含め、最終的にニューヨークまでアムトラックで陸路で4日間にわたる大陸横断の旅が始まります!

今回の旅の大きな山場の一つです!

day17_sf_green_tortoise_hostel_img
早朝にホステルを後にします。早朝でもスタッフの方がいたのでスムーズにチェックアウト出来ました。

急遽滞在したものの、他の旅人とも交流がありそうなホステルでした。

サンフランシスコに別れを告げエメリービル駅へ

day17_san_francisco_morning_street_img
早朝のサンフランシスコ。気温が低いです。小さな半島だなと改めて感じますね。Uberで向かうので待ちます。

day17_day17_sf_oakland_bay_bridge_uber_img
乗車してすぐにオークランド・ベイ・ブリッジを通ります。昨日の夜も通った大きな橋を再度渡ります。

day17_sf_oakland_bay_bridge_img
朝焼けに染まるサンフランシスコは綺麗でしたね。

バイバイサンフランシスコ!また来るときはゆっくり観光を楽しみたいです。

カリフォルニアゼファー号出発駅・エメリービル駅に無事到着!

day17_amtrak_emeryville_station_img
カリフォルニアゼファー号の出発駅はサンフランシスコではなく、対岸のオークランドにある、”エメリービル駅(Emeryville:EMY)”からの出発になります。

サンフランシスコの宿周辺からエメリービル駅までは27.11ドル(約3,100円)でした。
サンフランシスコからUberでエメリービル駅に向かうならUberは3,000円前後かかると考えておけば良いでしょう。

オークランド周辺は治安がよくないそうなので、Uberは高いけどオススメです。

day17_amtrak_emeryville_station_img2
エメリービル駅は簡素な感じですが周辺はハイアットの系列店や、シェラトンなどの高級ホテルやショッピングモールもあり、ショッピングなども楽しめるエリアになっているようです。

調べる限りでは、カリフォルニアゼファー号はシカゴからサンフランシスコに行く路線の方が利用者が多いのだとか。それでいうとエメリービル駅は終着駅なんですよね。旅の後にホテルに泊まってショッピングして、、と楽しめるようです。

今回僕は西から東に横断するので皆とは逆方向。シエラネバダ山脈などの絶景は最初に来るという流れです。

day17_amtrak_emeryville_station_img3
アムトラック・エメリービル駅の看板。

day17_amtrak_emeryville_station_img4
待っている人は年配の人が多めに感じます。
まぁシカゴまで二泊三日もしなくても、飛行機だと3時間とかそれぐらいですからね。。
景色を楽しみに来る老夫婦の方が多いのかもしれませんね。

アムトラック・カリフォルニアゼファー号に乗り込んで出発します

day17_amtrak_img
これが今回乗る、カリフォルニアゼファー号。で、デカい、、、!!!
日本で見る電車の1.5倍〜2倍ぐらいの大きさがある気がします!

ちなみにこの写真はエメリービル駅ではありません。並んでて写真を撮る暇がありませんでした。

day17_amtrak_emergency_Instructions_img
席に置いてある非常口の案内がもう飛行機のようですね。笑

階段前の足元が広い席を確保できました!コンセントもあってある程度の快適さが補償されました。

ビジネスシート的な位置ですが、十分な広さです。

カリフォルニアゼファー号・カルフォルニア州編

day17_amtrak_img2
初めはオークランドから海岸線沿いに北に向かって行きます。

day17_amtrak_img3
湾岸は廃墟のような建造物がちらほら。

day17_amtrak_img4
ほぼノーフィルターなのですが、ちょっとしたものでも味がありますね。

day17_amtrak_img5
すぐ陸地に。穏やかな郊外らしい景色に。

day17_amtrak_img6
カルフォルニア郊外らしい穏やかな丘陵がお出迎え。

day17_amtrak_img7
貨物列車の車庫なのでしょうか。

day17_amtrak_armond_img8
カリフォルニアの名産、アーモンドの畑。

この景色はカリフォルニアっぽさがあります。

アムトラック・デイビス駅に到着!

day17_amtrak_davis_station_img9
サクラメントの前にある、デイビスという町に着きました。

デイビスはどんな町?
デイビス(Davis)は、”世界でも自転車に優しい町”を謳い、多くの自転車を保有し自転車道が多いこと、カリフォルニア大学デイビス校キャンパスがあることで知られている。
引用:wiki

カルフォルニア大学はこの周辺ではかなり大きい大学のようですね。有名なところでいうとカリフォルニア大学バークリー校が挙げられます。

day17_amtrak_img10
再びのどかな畑の地域を進んでいきます。

アムトラック・サクラメント駅に到着!

day17_amtrak_sacramento_img11
サクラメントが近づいて来ました!

day17_amtrak_sacramento_img12
サクラメントまで到着しました!
隣のホームに停まっていたアムトラック。いくつか種類がありそうですね。
サクラメント

サクラメントはどんな町?
アメリカ西部・カリフォルニア州の北部サクラメント郡に属する街・サクラメント。アメリカに移住したスイス人ジョン・サッターの手によって発展を遂げ、1849年のゴールドラッシュ(カリフォルニア金鉱発見から始まったアメリカ人口の大移動)以降アメリカを代表する大都市へと成長しました。
引用:wondertrip

前に通ったデイビスもそうですが、サクラメントも含めこの一帯は”フォーリーフォグ”という濃霧が起こるそうです。

途中、アル中?ヤク中みたいな若者が乗って来て近くの席に座り、不快でした。(足も臭いし)
特に絡まれたりとかの害はなかったですが。笑

day17_amtrak_sacramento_img13
“DO NOT CROSS TRACKS””線路を横断しちゃダメだよ”

day17_amtrak_img14
大きなコンテナ。大きなトラックもまたアメリカらしいですよね。大量消費社会というのか。今は変わって来てるのかもしれませんが。

平地から徐々に丘陵地帯へ変わっていきます

day17_amtrak_img16
幹線道路。

day17_amtrak_img15
工事用のトラック、なんでも乗り物は大きいですね。。

day17_amtrak_img17
路面電車。アムトラックに乗ってると小さく感じてしまいます。笑

day17_amtrak_img18
徐々に丘陵地帯らしくなって緑が増えてきました。

day17_amtrak_img19

day17_amtrak_img20
丘陵地帯にある小さな街。

タホ国立森林公園に入ってきました!

day17_amtrak_img23
いよいよ絶景らしい地域に!タホ国立森林公園という国立森林公園の山あいを縫って走っていきます。

タホ国立森林公園

day17_amtrak_img22
10月で日本より高い緯度にあるからか、紅葉が始まっています。

day17_amtrak_img21
線路の上をトラックが!?

レイク・スポールディングを横目に通過します

day17_amtrak_img24
レイク・スポールディング(Lake Spaulding)という湖のようです。
ほぼ無名の様子。笑
湖の辺りでキャンプなどを楽しめるようです。

day17_amtrak_img25
山あいをゆっくり進んでいきます。

アムトラック・トラッキー駅に到着!

day17_amtrak_img26

トラッキー

トラッキーはどんな町?
トラッキー(Truckee)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州中部ネバダ郡の小さな町。このトラッキーという町は西部開拓史時代に、”ドナー隊”という一団の悲惨の舞台となって有名に。

この事件で有名になったせいか、近くの湖や道なども ”ドナー”の名前を冠しています。
興味のあるかたは”ドナー隊”で調べて見てください。結構えぐい話です(あくまで自己責任で、、)。

西部開拓時代の過酷な環境が伺えました、、今は生きるのにイージーになったものです。

day17_amtrak_img27
ここままだカリフォルニア州ですがもうすぐネバダ州に入ります。

day17_amtrak_img28
だんだんと荒野らしくなって来ます。

day17_amtrak_img29
線路のすぐ横を流れる小川。

カリフォルニアゼファー号・ネバダ州編

day17_amtrak_img30
ネバダ州に入りました!

ネバダ州はどんな州?
ネバダ州(State of Nevada)は、全米50州の中で第7位の広さを誇る州。アメリカの内陸州としては面積最大。人口約270万人で、全米第35位。人口の3分の2以上がラスベガス都市圏に住んでいる。州のほとんどが砂漠のため農業には適さず、銀をはじめとする鉱業で栄えた後、カジノなどの娯楽をいち早く合法化したことでネオン街が盛えた。有名な”エリア51″もラスベガスの北に位置し、かつては核実験場もあった。
参考:wiki

大半が荒涼とした砂漠なので負の歴史もあるネバダ州。調べてみると攻めた法改正で人を集めてここまで有名になった州みたいですね。21歳以上なら外国人でも銃を購入できるためか、犯罪の多い州としても有名だそう。

カリフォルニアゼファー号のルートではラスベガスより遥かに北を通るので、”リノ”という街を除いては大半は砂漠を通る予定です。

アムトラック・リノ駅に到着!

リノ駅は半分地下なので写真は撮り忘れていました。。

リノはどんな街?
リノ(Reno)は、ネバダ州北西部に位置する商業、観光都市。人口は約20万人で州内ではラスベガスの次に多い。古くは金等の鉱物の集散地として栄えた都市。街の愛称は、“The Biggest Little City In The World”(世界で一番大きい小都市)。ネバダ州の法律(州法)で6週間滞在すれば相手の同意なしに離婚できるため、”離婚の町”として知られるようになった。現在でも”go to Reno”は「離婚する」という意味で使われるらしい。
参考:wiki

“離婚の町”ってすごいですね。笑

day17_amtrak_nevada_img31
ネバダ州っぽいな〜と感じた工場?のような建物。

day17_amtrak_nevada_img32
石油のタンク?スターウォーズに出て来そうです。

day17_amtrak_nevada_img33
紅葉と荒野が相まってとても黄色い。

day17_amtrak_nevada_img34
少し山あいを縫っていきます。

day17_amtrak_nevada_img35
この辺に住む人は大変そうですね。。

day17_amtrak_nevada_img36
3台繋がったトレーラーはネバダ州ではokらしい。

day17_amtrak_nevada_img37
荒野に入っていきます。建物なんもない。

day17_amtrak_nevada_img38
お気に入りの一枚。最初はサムネイル画像にこの丘の写真を使ってました。
「この山(丘?)なんて名前なんだろう?」と思い地図を辿って見たらこの辺でした。

線路の北側にストリートビューではありましたが、名前はなんと無名。もったいない、、w
名前つけちゃおうかな。笑

day17_amtrak_nevada_img39
白い砂地?

day17_amtrak_nevada_img40
と思ったら草がポツポツと。

day17_amtrak_nevada_img41
白い砂地はすぐなくなってしまいました。景色の移り変わりが激しくで撮影が疲れます!

day17_amtrak_nevada_img42
ネバダ州の荒野に太陽が沈んでいきます。


カメラのレンズが反射した一枚。これ全て車窓から撮ってるので、映り込みに結構気を使っています。


日が落ちて徐々に暗くなって来ました。


山が徐々にシルエットになっていきます。


ネバダ州の荒野にマスタング。なんともアメリカらしい光景です。


わずかな日の光が山のシルエットを浮かび上がらせます!この景色は眺めながら感動の涙が流れました。この旅の中でも思い出の一枚です。


感動の景色もつかの間、暗い夜が訪れます。

アムトラック・ウィネマッカ駅に到着!

day17_amtrak_winnemucca_station_img
途中駅で停車する時に、少し外に出れるので小休憩する人も。喫煙者はこの時間でタバコが吸えるようですね。
ここはウィネマッカという町の駅だそう。

Winnemucca,NV

wikiにも載ってないぐらいに小さい街みたいですね。暗くて大きさも全然わかりませんでした。

カリフォルニア・ゼファー号の車内カフェを見てみました

day17_amtrak_cafe_img
車内カフェは2階建の列車の一階にあります。これは閉まってる時の様子。スタッフの人が一人で担当してるようなので、開け閉めは頻繁にあります。
「何時から何時まで開いてるよ〜」と陽気な口調で車内アナウンスが入るのが耳に残ります。笑

day17_amtrak_pizza_beer_img
今日の夕飯はピザと、シエラネバダの名前が入ったビール、”シエラネバダペールエール”にしました。
day17_amtrak_sierra_nevada_pale_ale_img
ビールは好きですがペールエールは苦味が強いのでちょっと苦手な分野なのを忘れてました。笑

カリフォルニアゼファー号は深夜も走り続ける寝台列車なのでこのままシートで就寝します。

シート席と個室でベッドもある寝台シート席と分かれるのですが、シート席はシャワーがないのが辛いです。

寝台シートはシャワーを浴びれる様子。快適な分、お値段も上がります、、

シャワー浴びれないのはツラいです。


ネバダ州の砂漠の暗闇を見て寝ます。

カリフォルニアゼファー号・ユタ州編

寝静まって夜遅くですが、ユタ州に入った様子。

ユタ州

ユタ州はどんな州?
ユタ州(State of Utah)は、アメリカ合衆国西部にある州。”ユタ”の名前の由来は先住するインディアン部族、ユテ族(「山の民」の意)から来ている。州都・最大都市はソルトレイクシティであり、州人口280万人の約80%はソルトレイクシティ近郊のワサッチフロント地域に住んでいる。州内の大半の地域にはほとんど人が住んでおらず、国内で6番目に都市集中が進んでいる州。南東の隅に”フォー・コーナーズ”と呼ばれる4つの州が接するポイントがある。
参考:wiki

州の紹介してるものの、実際は夢の中です。笑

アムトラック・ソルトレイクシティ駅に到着!

day17_amtrak_salt_lake_central_station_img
深夜にユタ州の州都、ソルトレイクシティに到着したようです。

Salt Lake Central Station

ソルトレイクシティはどんな街?
ソルトレイクシティ(Salt Lake City)は、アメリカ合衆国のユタ州の州都。末日聖徒イエス・キリスト教会が拓いた町。西部高原地域の経済・文化の中心地となっている。周辺には雪質の良いスキー場を多数有し、スキーリゾートの中心地としても。2002年には冬季オリンピック(ソルトレイクシティオリンピック)が開催され一躍有名に。名前の由来は都市の西側に広がるグレートソルトレイク(大塩湖)から。WW2後、強制収容キャンプに移住させられた日系人を受け入れたことから、米国国内で日系人の比率が高い都市の一つとなっている。
参考:wiki

ウィンターリゾートのイメージがありましたが、日系人が多いとは知らなかったです。

グレートソルトレイクはイスラエルにある死海と同じように海水より塩分濃度が高い湖だそうです。生物もアルテミアっていう小さな脊椎動物しか住んでないそうな。なんか神秘的ですね〜。

長い長い1日でした。今日と明日は車窓に釘付けになりそうです。

17日目のまとめ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate