860x860_day38img

帰国。38日間に及ぶバックパッカーの旅は無事幕を閉じました(38日目)

最後の帰国日。

今日のできごと
無事成田空港に帰国。日本人がたくさんいる!

早朝。日本に近づいて来ました

day38_air_india_limited_img1
おそらく日本海上空。飛行機の窓からの景色は基本テンション上がってる自分ですが、いつものただの空の上の景色とは重みが違う景色。

「もうすぐ日本か、、」

day38_air_india_limited_img2
昨日の朝同様に朝食が提供されました。

LCCを乗り継いで貧乏旅行してる自分にはAir India Limitedはサービスいいな〜と。

しかし備え付けのディスプレイが正常に作動しなくて映画を楽しめませんでした。音が出ない、タッチパネルが反応しない等。まぁ無理に見る必要もないか。

day38_air_india_limited_img4
機内のディスプレイで初めて見た世界地図。この旅で10回ぐらい飛行機に乗りましたが、最後の最後で初めて見ました。

暗いところは夜らしい。航空会社の人は毎日見てるのかな。スケールが違うなぁ。
これで見ると緯度が高い北の地域の日照時間の短さが伺えます。
南半球の南、夜短そう。笑

day38_air_india_limited_img5
ディスプレイが定期的に切り替わり飛行機の位置がディスプレイで確認できます。

正直、感慨に耽りながら長時間眺めてました。

「本当に戻ってきたんだなぁ」

day38_air_india_limited_img6
初日も見たような調光ウィンドウからの景色。なにか見える景色が変わったように感じますね。

day38_air_india_limited_img7
飛行機の影に後光が!

day38_air_india_limited_img8
見慣れた成田空港が見えて来ました。

この旅のエンドロールとして機内で聴いていたのはMr.Childrenの「1999年、夏、沖縄」でした。

成田空港に到着し、無事プチ世界一周達成!

day38_tokyo_narita_img1
定刻通りの到着でした。知ることもなかったAir India Limitedでの帰国。

東京は曇り。EU圏最後に乗り継ぎしたウィーンより寒くないです。

成田空港にもこんなスパイシーな飛行機が就航してると考えてると改めて国際空港の多様性を見れた気がします。

day38_tokyo_narita_img2
乗った飛行機を後にして行きます。この辺はもう見たことある景色。

day38_tokyo_narita_img3
おかえりなさい

帰って来たぞぉ〜!!!!

なんでもないサインなのに思わず撮ってしまいましたよね。こんなデカデカと日本語が表記してあるなんて!

day38_tokyo_narita_img4
預けていたメインザックも無事受け取れ、持っていたユーロを円に両替し、あとはバスで家まで帰ります。

会社を辞めた2日後にバッグひとつで家を飛び出し、7ヶ国を旅した38日間が無事終わりました。

まだ地球の一部分しか見れてないけど日本を東に出発して西から帰ってくることができました。

世界は広い。そして東京は都市として大きいんだなと感じましたね。

帰路でエスカレーターを使う時、左右どちらに止まれば良いのか分からなくなりました。

日本の東京で28年行きて形成された価値観を大きく揺さぶられる経験をして来たことを実感した瞬間でした。

「20代のうちに大きな旅に出る」という密かに抱いていたひとつの大きな目標もこの旅で達成しました。

自分の人生のターニングポイントになるような、大きな経験。

今回の旅で感じたこと・発見は別の記事か、noteに別につらつら書こうと思います。

長旅にお付き合い頂きありがとうございました!

バックパッカー38日目(帰国3日目)のまとめ。

Translate