860x860_day30img

豪華客船・タリンクシリアラインでストックホルムから隣国フィンランドへ!(30日目)

今日は旅に出て初めて本格的な雨。雨の日の出発となりました。

今日のできごと
ストックホルムから豪華客船・タリンクシリアラインに乗って隣国フィンランドはヘルシンキに向かいます。

今日はタリンクシリアラインというバルト海で航行しているフェリーに乗ります。翌朝に隣国・フィンランドはヘルシンキに到着する予定。

初めて船で国境を渡ります。

フェリーに乗るのは夕方なので、ストックホルム市内を観光しながら向かいたいと思います。

ストックホルム大聖堂を見学します

day30_stockholm_storkyrkan_img2
ストックホルムの旧市街・ガムラスタンの中でも著名なストックホルム大聖堂を見学することに。

ストックホルム大聖堂はどんなところ?
ガムラ・スタンの王宮横にあるストックホルム最古の教会。13世紀後半に建てられた時はゴシック様式だったが、王宮の様式に合わせてイタリア・バロック様式に改築された経緯も。現在の大きさになったのは1480年代のこと。長い間王族の国儀式が行われた由緒ある場所でもある。

後から気づきましたが増設された継ぎ接ぎ感はありました。
しかしヨーロッパの教会ってこんな感じなんだろうな、ってイメージがストンとハマった雰囲気でした。

day30_stockholm_storkyrkan_img1
雨のせいか、来客も少なめ。他の観光客は席に座ってこの空間を味わっていました。

ストックホルム大聖堂は別記事にします。

ストックホルム大聖堂で少し昼寝を、、

day30_stockholm_storkyrkan_img4
時間を持て余していたこともあり、昨日夜更かししたこともあり、少し端の席で目を瞑っていたら20分程寝てしまいました。笑

教会の安らかな空間って何か安心するのか眠くなってしまいます。これはこれで良い体験ができました。笑

少し元気になったのでストックホルム中心部に向かいます。

ランチはMega Kebabでケバブ!

day30_stockholm_img5
ランチはストックホルム中央駅まで向かう途中にあったケバブを食べることに。

day30_stockholm_img4
オーソドックスなケバブとコーラのセット。65SEK(約796円)でした。

ストックホルムとしてはかなり安いお店でした。味は印象に残ってませんが悪くなかったです。

タリンクシリアラインのターミナルまで向かいます

day30_stockholm_img6
ストックホルム中央駅から、タリンクシリアラインのターミナルまで電車で向かいます。

day30_stockholm_img7
地下鉄で駅員さんに聞きながら移動します。

タリンクシリアラインのターミナルの最寄駅となる、Gärdet駅まで電車に乗ります。

day30_stockholm_img8
オスロもそうでしたが、ストックホルムも電車は綺麗でした。スウェーデン語はカオスで全然分かりません。

day30_stockholm_img9
無事Gärdet駅まで到着しました。徒歩で15分ぐらいでタリンクシリアラインのターミナルまで着きます。

住宅街の中にある静かな駅でした。

タリンクシリアラインでヘルシンキまで16時間の船旅へ

day30_tallink_silja_line_img20
ターミナルまで来ました!これが今回乗る船・タリンクシリアライン。めっちゃデカいぞ!!!

タリンクシリアラインとは?
タリンクシリアラインはバルト海の2大フェリー運航会社のひとつ。フィンランドの船会社シリヤラインをエストニアの船会社タリンクが2006年に買収し、タリンクシリヤラインとなった。2つの航路で年間で300万人と車両20万台を運んでいる。

day30_tallink_silja_line_img9
中は12階建て。エレベーターもついてる豪華客船です。こんなに豪華なのは生まれて初めて。

一応シェンゲン協定内とはいえ、国を超える国際線なので乗船時にパスポートの提示は求められました。

乗船前に写真撮影があり、雑誌風の写真にして船内で販売していました。2000円ぐらいしたような。買わなかったのですが記念に買えば良かったです。

16時間の航海で2名1部屋で1名18,360円でした。
部屋は一番安い2名部屋にしましたが、結局1人で使えたので十分でした!ただ部屋はwifiが届かなくて圏外だったのが少し不安でしたね。

予約はダイレクトフェリーズというフェリー予約最大手のサービスから予約しました。(サイト少し古いですが日本語対応してます)

予約方法も別記事にします。

day30_tallink_silja_line_img19
船内はレストランやバーが複数あり、お土産や服、おもちゃなどのショップも複数入ってました。面白い。

day30_tallink_silja_line_img1
出航まで船内を探検します。屋上。天気悪く風も強い。寒い。とてもくつろげる感じではありませんでした。

day30_tallink_silja_line_img3
最上階からは真ん中の吹き抜けが確認できます。すごい。

day30_tallink_silja_line_img2
部屋のグレードによっては内側の賑やかな景色を見ることができそうですね。

day30_tallink_silja_line_img4
屋上は一周できます。寒い。

day30_tallink_silja_line_img5
隣の船はエストニアのタリンまで行く船のようです。写真からでもわかると思いますが、少し見下ろしてます。ターミナルにある船の中で一番大きかったです。ストックホルムとヘルシンキ間は利用客も多いのでしょう。

day30_tallink_silja_line_img6
港の駅も想像以上に大きかったです。

day30_tallink_silja_line_img7
出航!初めて船で国境を跨ぎます。しかも北欧のバルト海で体験するとは自分でも考えられなかった体験です。

day30_tallink_silja_line_img8
ストックホルムの夜景を見ながら周囲は徐々に暗闇になっていきました。

タリンクシリアラインのナイトクラブは豪華!

day30_tallink_silja_line_img10
船内アナウンスでナイトクラブでダンスショーやるよ〜!とのことで見に来ました。クラブ自体は入場無料。

ナイトクラブ・アトランティスは2フロアで、1階はカジノ、2階はダンスフロアと席の構成。

day30_tallink_silja_line_img11
ナイトクラブがある船ってすごい。まだまだ知らない世界は多いですね。

day30_tallink_silja_line_img12
煌びやかな空間。1人でテンション上がってましたが、誰かと来たらそれも楽しそう!

day30_tallink_silja_line_img15
とても船の中とは思えない豪華さ!18,000円出して船で渡る選択して正解でした!

day30_tallink_silja_line_img16
バーカウンターも。ビールも50SEK(約600円)ほどで、煌びやかな雰囲気とは裏腹に船内の価格設定はそこまで高くなかったです。チケットが安くないので船内は良心的な値段にしているのかも。

ちなみに必ずしも1ドリンク注文する必要はなさそうでした。

day30_tallink_silja_line_img13
ショーはクオリティ高くて面白かったですね。なにより揺れてる船の上でショーケースは結構ハードな状況です。。

day30_tallink_silja_line_img14
1人でお酒とジャーキーをお供に楽しみました。笑

day30_tallink_silja_line_img17
これは良い旅の思い出になりますね〜。

day30_tallink_silja_line_img18
ダンスショーの後もライブがあったり、DJタイムがあったり、クラブです。笑

ナイトクラブも21時には終了し、22時にもなればお店は閉まって人は少なくなります。

部屋に戻って就寝しようとしましたが、海がしけっていて大きく揺れていて怖かったです。。

乗り物は全然大丈夫なのですが、乗り物の中では船が一番怖い。笑

バルト海は海がしけているらしく、悪天候が多いのだとか。後で乗った人にも話を聞きましたがやはり大きく揺れていたそうです。

タイタニック号ってこんな感じだったのかな〜なんて想いにふけながら、無事着くことを願いながら床に着きました。

バックパッカー30日目(スウェーデン・ストックホルム最終日)